普段、トークや通話での利用が多いLINE。実はそれだけで済ませるのはもったいない、意外な便利機能もあるんです!
 

1. アンケートを取ろう! 投票機能

お店はどこにする? 何食べたい? など日程に限らないアンケートは「投票」機能を利用しましょう。
トーク画面から左下にある「+」ボタンから「投票」を選択していく

トーク画面から左下にある「+」ボタンから「投票」を選択していく

使い方はごく簡単。トーク画面から左下にある「+」ボタンをタップして、「投票」を選択します。「投票」機能が起ち上がったら、アンケートの内容と回答の締め切り日、複数回答が可能かどうかなどの回答方法を設定します。最後に「完了」を押すだけ。
 

2. 天気予報をチェック

毎日の天気予報が、自分の住んでいる地域のデータだけLINEに届いたらとっても便利! LINEの公式「お天気」アカウントを友だち登録してチェックしたい地域を設定すれば毎朝LINEで今日の天気を知らせてくれます。
LINEの公式「お天気」アカウントを友だち登録してチェックしたい地域を設定する

LINEの公式「お天気」アカウントを友だち登録してチェックしたい地域を設定する

LINEのお天気アカウントは、ホームの検索窓で探せます。友だち登録後、位置情報を「利用する」、天気通知を受け取る「はい」にすると、毎朝8時に自分が住む地域の天気情報が送られてきます。
 

3. いざというときに! 安否を知らせる「災害連絡サービス」

災害時に自分の状況をいち早く家族や友だちに知らせることができるサービスがLINEにはあります。いざというときのために、使い方を覚えておきましょう。
大規模な災害が発生するとLINEの公式アカウントから自動的にメッセージが届く

大規模な災害が発生するとLINEの公式アカウントから自動的にメッセージが届く

大規模な災害が発生すると、「LINE」の公式アカウントから、すべてのLINEユーザー(ただし、災害が発生した国内にアカウントを保持しているユーザー)に自動的にメッセージが届きます。そのメッセージ内に「被害があります」「無事です」「災害地域にいません」の3つの選択肢が表示されるので、自分にあてはまる状況を選んでタップ。タップした内容に合ったメッセージが表示されるので、そのまま「投稿」を押せば発信完了です。

【おすすめ記事】
LINEの「災害連絡サービス」で安否を知らせる方法
LINEの「投票」機能の使い方
天気予報が毎日届く!LINEの意外な活用法
幹事もらくちん!LINEでできる簡単「日程調整」
LINE上級者っぽく見られる便利なテクニック3選
恋人と別れたらすぐに使いたいLINE機能3つ
LINEの裏技! 上級者しか知らない? 便利な機能3選


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。