災害時にLINEで自分の安否を知らせよう

LINEの「災害連絡サービス」を利用すると、災害が起こった時に自分が無事なのかどうかを、一度に多くの人に知らせることができます。

大規模な災害が発生すると、「LINE」の公式アカウントから、すべてのLINEユーザー(ただし、災害が発生した国内にアカウントを保持しているユーザー)に自動的にメッセージが届きます。そのメッセージ内に「被害があります」「無事です」「災害地域にいません」の3つの選択肢が表示されるので、自分にあてはまる状況を選んでタップ。タップした内容に合ったメッセージが表示されるので、そのまま「投稿」を押せば発信完了です。
メッセージ内3つの選択肢から、自分にあてはまる状況を選んでタップ

メッセージ内3つの選択肢から、自分にあてはまる状況を選んでタップ

タップした内容に合うメッセージが表示されたタイムライン投稿画面が開くので、右上の「投稿」を押す

タップした内容に合うメッセージが表示されたタイムライン投稿画面が開くので、右上の「投稿」を押す

タイムラインにメッセージが表示され、自分の状況を家族や友だちにカンタンにお知らせ

タイムラインにメッセージが表示され、自分の状況を家族や友だちにカンタンにお知らせ


投稿画面が開いた時に、位置情報を付けたり、自由にメッセージを追加したりすることも可能。LINEの「災害連絡サービス」の使い方は、このようにとってもカンタン&便利です。

家族や友だちも「災害連絡サービス」を利用して、同じように安否情報を投稿してくれれば、タイムライン上でまとめて状況が確認できます。もし災害時に使えば、とても役立つはずです。

これまでも災害時のコミュニケーション手段として活用されてきたLINEですが(「普段から知っておきたい、災害時のLINE活用法」を参照ください)、「災害連絡サービス」が提供されたことで、安否確認がよりカンタンにできるのではないでしょうか。

でも、この便利なサービスも、残念ながら「LINE友だち」としてつながっていないと機能しません。万が一の事態に備えて、大切な家族や友人と「LINE友だち」になっておきましょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。