恋人との破局。もう連絡なんて取りたくないし、LINEトークも全部消したい。でも残しておきたいトークや画像もあるかも……。別れたら必要になるLINEの機能をまとめました。

相手と連絡を取りたくないなら

「通知オフ」「ブロック」「削除」で相手をシャットダウン

「通知オフ」「ブロック」「削除」で相手をシャットダウン

相手のLINE通知をあまり見たくないなら「通知オフ」を、今後一切連絡を取りたくないなら「ブロック」をしましょう。ブロックでは、ブロックリストからブロック解除することもできます。一生連絡しない!!と思うのであれば、ブロックリストから「削除」することで、ブロック解除もできなくなります。

参考記事:LINEの友だちを完全に削除する方法

トークは消したくないけれど、目に触れないようにしたいなら

「非表示」機能でトークを隠す

「非表示」機能でトークを隠す

ブロックした後は通知が来ないので、一度非表示にするとトーク履歴に相手とのトークが出てくることはありません。ただ、削除したわけではないので検索するとトークルームを見ることができます。

自分がブロックされてないか確かめるなら

相手が興味なさそうなスタンプを送ってみると……

相手が興味なさそうなスタンプを送ってみると……

「自分はブロックしない」と決めた場合、相手は私をブロックしている? ということが気になるかもしれません。そんなときは相手が興味なさそうなスタンプを送ってみて「このスタンプを持っているためプレゼントできません。」というメッセージが表示された場合はブロックの可能性が高いです。

メッセージ通り、相手がすでに同じスタンプを持っている場合もこのメッセージが表示されますので、明らかに相手の趣味とは違って、持っていないはずのスタンプがプレゼントできない場合、ブロックされている可能性が高いといえます。

【おすすめ記事】
LINEでブロックを確認する方法!
LINEに送られてきた大量の写真を一括で保存する方法
LINEのトーク履歴をメールに送れる!
LINEでいらない通知・受信を止める方法! ブロック、通知オフ、削除の違いは?
LINEの裏技! 上級者しか知らない? 便利な機能3選

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。