ブロックがわかりにくいLINEの仕組み

みなさんはLINEで「ブロック」された経験はありますか?

ブロックとは、一度「友だち」になった相手に対し、トークや無料通話などを使えなくする機能です。ブロック機能を使えば相手を文字通りブロック、つまりLINE上でのお互いの関わりを「断ち切る」ことができるわけです。

LINEに限らずTwitterやFacebookといったほとんどのソーシャルメディアやコミュニケーションサービスでは、このブロック機能を備えているのですが、LINEのブロックは相手が自分のことをブロックしているのかどうかが非常にわかりにくいのですね。ほかのソーシャルメディアでは、ブロックしている相手の投稿を読むことができなかったり、「ブロックされています」と表示されるため、比較的簡単に判別できます。

しかしLINEの場合、相手がブロックしていてもメッセージが送信できてしまうのです。もちろん、ブロックしている相手にメッセージは届かないのですが。それでもやはり、ブロックされているかどうかを知りたくなるのが人情ですよね。
いくらメッセージを送っても返事がないという場合に、もしブロックされていることが知れれば、それ以上メッセージを送っても無駄とわかるわけですから。

では一体どうしたら良いのでしょうか?

LINEのブロック

友だち一覧で相手を左にフリックすれば友だちをブロックできる


ブロックされるとできないこととは

ブロックされてしまうと、メッセージを送信しても相手のトーク画面に送信したメッセージは表示されません。ブロックされた瞬間、あなたとのトーク画面が削除されてしまいます。

ということは、あなたが送信したメッセージには永遠に「既読」が付きません。いわゆる「未読スルー」、つまり送信したメッセージにずっと「既読」がつかない場合、ブロックされている可能性があるわけです。

もちろんメッセージを開かずにずっとほったらかしにする人もいるので、必ずしもそれでブロック確定というわけではありません。

もしメッセージに何日も既読がつかず「ブロックされてしまったかな?」と思ったら、まず相手のタイムラインを確認してみましょう。それまでは見ることができた相手のタイムラインに「まだ投稿がありません」と表示されていて、投稿が見られなくなってしまっていたら、それはやや危険信号です。

しかしLINEのタイムラインは公開する相手を指定できるので、これもブロックされていることを証明するわけではありません。

LINEのタイムラインで確認

タイムラインを確認してこのように表示されていたらブロックの可能性が


次にチェックできるのは無料通話が繋がるかどうかです。
相手にLINEから「無料通話」をしてみましょう。でも、普段通話しない相手にいきなり通話すると不審がられる可能性もありますから、通話を試すのは慎重にした方が良いでしょう。

しかしこれも、仮にブロックされていたとしても、通常のLINEの発信音は聞こえるので、相手が通話に出てくれればブロックではなかったことがはっきりしますが、でてくれない場合はわかりません。

スタンプを贈ることでブロックが確認できる

と、ここまでブロックされているかを、ブロックされると何ができなくなるかという機能を試すことで確認してみましたが、もう一つ比較的判別しやすい方法があります。

それは、「スタンプをプレゼントする」という機能を使って確認する方法です。

これはAndroid版のLINEであれば試すことができます。

iPhone版の場合は、状況によっては利用可能です。

やり方は簡単。
スタンプをプレゼントするには、LINEの「その他」画面で、「スタンプショップ」画面から任意のスタンプを選択し、「プレゼントする」をタップし、確認したい相手にチェックを入れて「選択」をタップします。

相手にブロックされていない場合はそのままスタンプ購入手続きに進みますが、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」というメッセージが表示された場合はブロックの可能性が高まります。

メッセージ通り、相手がすでに同じスタンプを持っている場合もこのメッセージが表示されますので、明らかに相手の趣味とは違って、持っていないはずのスタンプがプレゼントできない場合、ブロックされている可能性が高いと言えます。

スタンププレゼント画面

スタンプをプレゼントしてこの画面がでたら要注意


iPhoneの場合は有料のスタンプを友だちにプレゼントできません。
そのため、もし「スタンプショップ」の「EVENT」の中に「無料」と書かれているスタンプがあれば、Androidと同じ方法で確認できますが、最近のほとんどのEVENTスタンプは「友だち追加でスタンプGET!」のため、プレゼントができないんですね。

大切な相手とはLINE以外でも繋がっておきましょう

このようにLINEのブロック確認を確実にできる方法はありません。

ただし、いくら待っても送ったメッセージに「既読」が付かないというのはブロックされているかどうかにかかわらず、今後コミュニケーションがとれないのが事実です。

もしLINE以外に連絡する手段があるのであれば、それを使って大切なメッセージを送ったり、誤解を解いたりする方が手っ取り早いはずです。いずれにしても、大事な相手とはLINEに限らず複数の連絡手段を事前に持っておくことが大事ですよね。

一時的な感情でLINEではブロックしてしまうこともありがちですから、LINEでしか繋がっていない相手にはしばらく日にちがたってからあらためてメッセージを送ってみても良いでしょう。

もちろん、ブロックされたかも、と疑う必要がないようなコミュニケーションを普段から心がけるのが一番ですが、もしブロックを確認したい時はこの方法で試してみてください。

ただしブロックされていなければ、確認のための通話やスタンププレゼントは相手にわかってしまいますから、その時の言い訳は事前に用意しておきましょうね。

【関連記事】
LINEで既読を付けずメッセージを読む方法【最新版】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。