LINEの特徴でもあり悩みの原因にもなる既読機能

日常コミュニケーションのツールとして利用されているLINEですが、その特徴の一つが「既読」機能です。

これはトークでメッセージを送った相手がメッセージを開いた時に、トーク画面に「既読」と表示されて、自分のメッセージが読まれたことがわかる機能です。既読がついたままで返信が来ず、「なんで読んだのに返事くれないの!?」とやきもきしてしまう体験をしたことがありませんか? これがいわゆる「既読スルー」というやつです。相手に既読スルーと思われないように、既読を付けにず送られてきたメッセージを読みたい!と考える人も結構いるようです。

そこで今回は、LINEで既読を付けずに相手のメッセージを読む方法を紹介しましょう。

iPhoneで既読を付けずにメッセージを読む方法

まず1つ目はiPhoneの「通知」機能を使ってメッセージを読む方法です。LINEに限らずiPhoneの通知は本体の「設定」をタップして「通知」からアプリ名(ここではLINE)を開いて設定します。

「通知」をタップ

「通知」をタップ

 

「LINE」をタップ

「LINE」をタップ


「通知を許可」を「オン」にして、下の各項目でオンオフを設定します。通知センターでメッセージの内容をチェックしたいときは「通知センターに表示」をタップして、表示件数を設定しておきます。

通知を許可する

通知を許可する


これでLINEにメッセージが来た際に、画面上部を下にフリックして表示される通知センターの「通知」に未読のメッセージが表示されます。

同じように通知設定で「ロック画面に表示」を「オン」にしておけばメッセージを受信した際に、ロック画面にメッセージが表示されます。

通知センターで確認

通知センターで確認



ただしロック画面に表示されるので他の人にメッセージが見られてしまうかもしれないので注意が必要です。

もし本体の設定で通知を設定しても通知センターやロック画面にメッセージが表示されない時は、LINEアプリ自体の設定を確認します。

LINEアプリを起動して画面右下の「その他」をタップし、上部の「設定」をタップ。設定画面の下の方に「通知」という項目がありますから、これをタップして「通知」を「オン」に。

設定をタップ

設定をタップ



「通知」をタップ

「通知」をタップ



「新規メッセージ」「メッセージ内容を表示」も「オン」になっているのを確認しましょう。

通知を設定

通知を設定



これで設定完了です。

通知センターやロック画面で新規メッセージの内容を確認できるようになりました。ただし通知からでは読める文字数に限りがあったり、絵文字やスタンプまでは確認できません。

Androidで既読を付けない方法は?

AndroidもiPhoneと同様の手順で既読を付けずメッセージを読むことができますが、ロック画面の表示をオンにした場合、設定によっては既読がついてしまう場合があります。

Androidであれば「ちらみ」という、既読を付けない専用アプリがあるので、これを使った方が間違いないです。ちらみをインストールすれば、通知バーからアプリを起動して既読を付けずにメッセージが読めます。

LINEだけでなくカカオトークやViberなどでも同様の使い方ができるので、メッセンジャーアプリを多用する方にはオススメです。

iPhone・Androidの両方で使える「機内モード」

iPhoneとAndroidに共通する方法として「機内モード」を利用する手もあります。

機内モードにすると、Wi-Fiやモバイルネットワークが遮断されるため、その間にトーク画面を開きメッセージを読んでアプリを終了することで、既読を付けないというテクニックです。

まず新規メッセージを受信したのを確認したら、画面下部を上にフリックして「コントロールセンター」を表示し、「機内モード」をオンに。次にLINEアプリを起動してトーク画面でメッセージを確認します。いつもと同じようにメッセージの内容はすべてトーク画面で確認できます。

この状態ではネットワークは切断されますので、あなたがメッセージを読んだ、つまり既読になったという情報はネットには送信されません。メッセージを読み終わったら、ホームボタンをダブルクリックし、マルチタスク画面でLINEアプリを上にフリックして終了させます。この作業を忘れるとネットに再接続した際に既読になった情報が送信されてしまう可能性があるので注意。

アプリを終了させたら、再びコントロールセンターを表示させ、機内モードをオフにします。これであなたがメッセージを読んだという情報は送られず、相手のトーク画面には既読が表示されずにメッセージを読むことができます。

iPhone6s/6s plus限定の方法も

iPhone6s/6s plusをお使いでしたら、「3D Touch」機能を使ってメッセージをプレビューすることも可能です。LINEはの「Peel」「Pop」機能に対応しているので、トーク一覧画面上でプレビューしたい相手のトークルームを「長押し」してメッセージを読むことができ、この状態で読んだメッセージには既読がつきません。

メッセージのスクロールはできませんが、一画面に収まる程度の長さであれば、既読をつけずに相手のメッセージを読むことが可能となります。

また、iPhoneであれば最後に開いたトーク画面の相手のメッセージは、ホーム画面や他のアプリを開いている状態でホームボタンをダブルクリックして画面切り替えを表示すれば、トーク画面をプレビューすることができる場合もあります。このプレビューでも既読はつきませんが、LINEを一旦終了してから他のアプリを開くとプレビューできなくなりますし、最後に開いていたトークの相手のメッセージしか読めません。

パソコン版なら「非アクティブ」で既読が付かない

パソコン版のLINEを使っているのなら、トークウィンドウを開いていれば送られてきたメッセージを読むことができます。この際、ウィンドウをクリックすると既読になりますが、ウィンドウをクリックせず、非アクティブの状態のままでしたら既読はつきません。

パソコン版を使っている時に既読をつけたくないのであれば、事前に相手のメッセージウィンドウを開いておき、メッセージが送られてきてもウィンドウをクリックせず、アクティブにしない状態でメッセージだけを読めば良いのです。
ウィンドウをクリックせず非アクティブの状態なら既読がつかない

ウィンドウをクリックせず非アクティブの状態なら既読が付かない。メッセージボックスにカーソルが表示されるとアクティブになっているサイン



裏ワザを使うよりもコミュニケーションを楽しもう

LINEが2011年に登場してから既に5年がたち、既読スルーにもそろそろみんな慣れてきた頃ではないでしょうか?

既読を付けないテクニックがあることを知っていると、自分のメッセージが未読のままになっている方が逆に落ち着かなかったりします。返事がなくても既読になればとりあえず読んでくれてるのがわかるのが、本来の既読機能の役割ですしね。

もちろん「ここぞ」というときにはこのテクニックを利用してこっそり友だちのメッセージを読んでしまえばいいのですから、既読を気にせず気軽にLINEするのも楽しみ方の一つですよね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。