リストから友だちが消えた! ブロック? 考えられる理由とは?

「友だち」リストから消えたのはどうして?

LINEの「友だち」リストから消えたのはどうして?

「友だち」リストから、誰かが表示されなくなった。そんな時は、「相手が自分をブロックしたのかな?」とか、「LINEアプリの調子がおかしい?」などと、自分以外に原因を探しがち。でも、原因はもしかしたら自分に……? 今回は「友だち」が消えたときに考えられる理由を紹介します。
 

自分が「ブロック/非表示」に設定してしまった

まずは自分が「ブロック」または「非表示」設定してしまったことを疑いましょう。なぜなら、「友だち」を「ブロック」または「非表示」にする操作は、非常に簡単だからです。「友だち」リストを表示し、ある「友だち」の名前を画面右端から左方向に向けてスライド、もしくは長押しすると「ブロック」または「非表示」が出てきます。このどちらかをタップすると、その「友だち」は、リストから消えてしまうのです。

ということで、ある「友だち」がリストから見つけられなくなったら、非表示・ブロックに登録していないか確認してみましょう。LINEアプリのホームから「設定」→「友だち」を選択していきます。「友だち」画面の下の方に「非表示リスト」と「ブロックリスト」があるので、その「友だち」がいないか探します。

・「非表示リスト」と「ブロックリスト」を確認
「設定」画面の中から「友だち」をタップ

「設定」画面の中から「友だち」をタップ

・非表示リストに消したくない「友だち」がいたら、「編集」をタップする
「非表示リスト」の場合は、ポップアップされた「再表示」をタップ

「非表示リスト」の場合は、ポップアップされた「再表示」をタップ

・ブロックリストに消したくない「友だち」がいたら、「ブロック解除」をタップする
「ブロックリスト」の場合は、ポップアップされた「ブロック解除」をタップ

「ブロックリスト」の場合は友だちの名前の横にある◯にチェックを入れて「ブロック解除」をタップ

ちなみに、「友だち」を「ブロック」や「非表示」設定してしまっても、相手に知られることはありません。逆に言えば、「友だち」が、あなたを「ブロック」しているとしても、そのことをあなたが知ることはできません。リストから消えたからといって、「相手にブロックされた?」と心配する必要はないでしょう。

また誤って「ブロック」「非表示」設定しても、これまでの「トーク」内容は消えません。ただし、「ブロック」をしていた間に、もし相手が自分にメッセージを送っていたら、「ブロック」を解除しても、そのメッセージは読めません。もし、長期間「ブロック」していたのなら、相手にそのことを伝えましょう。

参考記事:LINEの友だちを完全に削除する方法! ブロックや非表示との違いは?
 

友だちがLINEアカウントを削除した

リストから「友だち」が消える理由として考えられるのは、他にもあります。可能性が高いのは、「友だち」がアカウントを削除してしまったり、スマホの機種変更に失敗した場合です。

この際にも、「友だち」がリストから消えます。「トーク」画面を確認してみましょう。「トーク」内容は消えませんが、名前が入っているはずの場所に「メンバーがいません」と表示されているはずです。

ほかに考えられるのは……ほとんど考えられませんがLINE自体の調子が悪くなっていること。その際も、誰か特定の1人が消えるとは、あまり考えられません。複数人または大半が消えてしまった、という場合にだけ疑うべきです。その際は、「Safari」や「Chrome」などのWebブラウザーを使って、LINEの公式ホームページで不具合のお知らせがでていないか確認してみたり、「LINE 不具合」などで検索してみたりしましょう。

【LINEおすすめ記事】
LINEで退会(アカウント削除)する方法と注意点
LINEのキャッシュを削除して容量を軽くする方法! LINE重いと感じたら試してみて
LINEで「メンバーがいません」はなぜ表示される? 原因や復活方法は?
恋人と別れたらすぐに使いたいLINE機能3つ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。