LINEのメッセージ送信にはいろいろなやり方が

友だちごとにメッセージを送信し合うのがLINEの基本的な使い方ですが、実はメッセージの送信には様々な方法があることをご存知ですか?例えば一斉に同じ内容を複数の相手に送信したり、誰かとやり取りしたメッセージを他の人に転送するといった機能が用意されています。

受診したメッセージを他の人に送ったり、一つのメッセージをたくさんの人へ同時に送る方法などを知っておけば、LINEの活用法がさらに広がりますので、今回はその方法を説明します。

LINEのメッセージを他の人に転送する

トーク画面のメッセージを他の人に送信したい時は、以下の手順で行います。

  1. 転送したいメッセージを長タップする
  2. ポップアップが表示されるので「転送」をタップする。
  3. 転送するメッセージを選択し「転送」をタップする(複数の選択が可能)。
  4. 友だち一覧が表示されるので転送する友だちを選択し「送信」をタップする(複数の選択が可能)。
メッセージを長押しで「転送」をタップすれば他の人へ転送できる。

メッセージを長押しで「転送」をタップすれば他の人へ転送できる


ただしLINEの場合、転送したメッセージに「FW」などが追記されませんので、転送メッセージであることは相手にはわかりません。事前にメッセージを転送することを伝えておかないと、相手にはあなたからのメッセージと同じように表示されますので注意してください。

LINEのメッセージを一斉に複数宛に同時送信する

メッセージの転送は、複数の友だちへ同時に送ることができます。この場合、メッセージはそれぞれ個別のトークルームに転送されます。

複数の友だちに送信したい場合は、一斉送信機能を利用する方法もあります。一斉送信機能では個別のトークルームにメッセージを送信するのではなく、選択した友だちをグループのような専用のトークルームに招待し、メッセージを全員に一斉送信できます。


同じメッセージを複数の相手に送信したい時は、以下の手順で行います。

  1. トーク一覧画面右上の「新規メッセージ」ボタンをタップ。
  2. 送信したい相手を選択し「OK」をタップ。
  3. 専用のトークルームができるのでここでメッセージを送信。
トーク一覧画面の「新規メッセージ」で複数の友だちに一斉配信も可能。

トーク一覧画面の「新規メッセージ」で複数の友だちに一斉配信も可能。


専用のトークルームは、簡易的なグループ画面のようなものですから、参加している全員がそこでのトークを見ることができ、招待した相手同士がここでメッセージのやり取りをすることも可能です。グループを作るまではないけれど、複数の友だちに同じメッセージを送りたい時や、やりとりをしたい時には、この機能を利用すると良いでしょう。

トークの履歴を自分に転送も

メッセージごとに転送する方法は先ほど説明しましたが、場合によってはトークを丸ごと転送したい場合もあるでしょう。そんな時は「トーク履歴」の送信機能を利用しても良いでしょう。この方法はLINEからLINEに送るのではなく、メール宛に履歴を転送します。

iPhoneで履歴を全て転送したい場合は、
  1. トーク画面の右上の「∨」をタップ。
  2. 「設定(ギア)」アイコンをタップ。
  3. 「トーク履歴を送信」をタップ。
  4. 「メールで送信」をタップ。
  5. メールの「宛先」に自分のメアドを入力して送信。
Androidの場合は
  1. トーク画面の右上の「∨」をタップ。
  2. 「設定(ギア)」アイコンをタップ。
  3. 「トーク履歴をバックアップ」をタップ。
  4. 「テキストでバックアップ」をタップ。
  5. 「操作の選択」などでメールアプリを選択。
  6. メールの「宛先」に自分のメアドを入力して送信。
これで自分のメール宛にトークの履歴をテキストファイルで転送できます。



最近何かと話題になっている浮気相手とのLINEのやり取りも、もしかしたらこんな形で勝手に転送されてしまったのかもしれませんね。他人のLINEを勝手に覗き見してしまうのは問題ですが、自分のLINEを転送されることがないように、スマホのロックやLINEのロックなどでしっかり対処しておくと良いでしょう。

ということで、LINEのメッセージ転送や一斉送信の方法を知っておけば、複数の人と便利にコミュニケートできるようになります。複数の相手とはグループでというのが一般的ですが、一斉送信や転送なら、入退室が気になるグループよりも、気軽にやりとりできるのがメリットです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。