新年のあいさつをLINEで送ろう!

LINEでは「あけおめ!」を一斉送信できる

LINEでは「あけおめ!」を一斉送信できる
 

新年のご挨拶を年賀はがきではなくLINEで交わす、という人も多いのではないでしょうか。今回は「あけましておめでとう!」など同じメッセージを、一斉に複数の個人チャットに送信する方法を紹介します。
 

LINEで同じメッセージを複数の個別チャットへ一斉送信する方法

複数人に同じメッセージを個別に送るには、「転送」機能を利用します。

まず1人の友だちへメッセージを送ります。そしてそのメッセージを長押しし、「転送」を選択。「送信先を選択」で、送りたい友だちの名前にチェックを付けます。チェックし終わったら、「確認」をタップして送信。すると、チェックした友だちのそれぞれの個別チャットへ、同じメッセージが転送されます。
個別チャットに送ったメッセージを長押し

個別チャットに送ったメッセージを長押し

「転送」をタップ

「転送」をタップ

転送するトークを選択(複数選択も可能)

転送するトークを選択(複数選択も可能)

転送先を検索して選択する

転送先を検索して選択する

「確認」をタップし、送信すると、それぞれの個別チャットに同じメッセージが送られた

「確認」をタップし、送信すると、それぞれの個別チャットに同じメッセージが送られた
 

この方法では個別のチャットにメッセージが送られるため、グループチャットとは異なり、別の友だちに見られたり転送したことを知られたりすることはありません。
 

年末年始はメッセージの遅延に注意

大晦日から元日の午前0時前後にかけての約30分間は、電話やメール、LINEやその他のSNSサービスでも「あけましておめでとう」の送受信が集中します。そのため通信キャリア回線が混み合い、繋がりづらくなることが考えられます。

その場合、送ったメッセージが友だちに届くまでに時間がかかるかもしれません。午前0時になった瞬間に送信したメッセージが数時間後の1月1日朝に届く、または送信に失敗してしまうというケースも考えられます。すぐに届かない可能性もあるということを覚えておきましょう。

LINEの公式サイトによると、通信キャリア側の負担を軽減するために、スマートフォンの通信回線の利用をなるべく控えてWi-Fiを利用することを推奨しています。

【参考】2016年末に更新されたLINE公式サイトのお知らせ:【ご協力のお願い】年末年始の「あけおめLINE」はWi-Fiに接続してご利用下さい

自宅で契約している無線LAN(Wi-Fi)や公共の場で提供されている公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスが利用できる方は、Wi-Fi設定をオンにしてインターネットに接続し利用するといいでしょう。

■スマートフォンでのWi-Fi接続方法
iPhone: au(KDDI)NTTドコモソフトバンク
Android: Nexusその他
 


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。