一年の計は元旦にあり! 年初の抱負は他国でも

一年の抱負・年初の目標

一年の目標を考えるのは楽しいもの。1月中に年初の抱負を立てて実行してみましょう

日本には「一年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、中国にも「一年の計は春にあり」という言葉があります。今年1年の抱負を年初のうちに考えておくと、年末に「ボーッと生きてんじゃねえよ!」と自分に突っ込みを入れることなく、計画的に1年を過ごすことができそうです。
 

「抱負」とは……夢実現系と目標クリア系に分けられる「新年の抱負」

そもそも抱負とは、心に抱いている計画や意志のことです。人生に対する「この先、こうなるといいなぁ」といった漠然とした期待は、誰もが思い描くものですが、その思いをぐっと煮詰めて、明確にしたものが「抱負」です。

新春の抱負としてよくあげられるものとして、まず「夢実現系」の抱負があります。
  • 今年こそ○○(受験、就職試験、資格試験等)に合格する!
  • 今年こそ恋人を作る! 婚活を成功させて結婚する!
  • 今年こそ家を建てる! マンションを買う!
  • 今年こそ投資で資産を○千万円まで増やす!
また、次のような「小さな目標クリア系」の抱負も人気です。
  • 今年こそ○冊、本を読破する!
  • 今年こそツイッターのフォロワー○千人を達成する!
  • 今年こそ富士山に登頂して、ご来光を拝む!
 

一年の抱負を考えるメリット……心理学の「予言の自己成就」効果も

心理学には「予言の自己成就」という言葉があります。未来像をはっきり言葉にすることで、その言葉の方向に意識が向き、予言を実現する行動が自然に増えていきます。その結果、計画したことが実現しやすくなるのです。
 
「一年の計は元旦にあり」「一年の計は春にあり」も、まさに「予言の自己成就」効果をねらったものと言えるでしょう。年初にはっきりと「今年の目標」を予言することで、目標をかなえるための行動が増え、目標どおりの結果を得やすくなるのです。
 

一年の抱負で失敗しやすい2つのNGパターン

ただし、気をつけたいことが2つあります。
 
一つは、「消極的な言葉を使わない」ということです。たとえば、「汚部屋を解消する!」という消極的な言葉で目標を立てても、実現への意欲は高まりません。その目標が全く魅力的ではないからです。魅力的ではない課題に取り組んでも楽しくないため、何かと理由をつけて後回しにしてしまうもの。「汚部屋解消!」という消極的な言葉ではなく「こういう部屋にする!」という積極的な言葉で目標を立て、理想の未来の青写真を描いていきましょう。すると目標への道は”義務”ではなく”楽しみ”になり、行動のアイディアもたくさん湧いてきます。
 
もう一つは、「無理めな目標でも堂々と立てる」ということです。たとえば、「本当は難関資格に挑戦したいけど、自分の実力ではちょっと無理そう……」「そこそこの努力でとれそうな資格にしておこう」などと、妥協して目標を設定してしまう人は少なくありません。しかし、妥協して取得した資格は本当に「ありたい自分」が求めるものなのでしょうか? 資格を活かして生活している未来像を思い描き、その資格が「ありたい自分」になぜ必要なのかを考えましょう。「無理めな目標」の場合、1年で達成するのは不可能かもしれません。それでも堂々と目標を掲げておけば、目標を実現するアイディアが続々と湧いてきます。それをコツコツ実行すれば、目標に近い年月で達成しやすくなります(「10年で箱根優勝争い」を掲げた青山学院大学陸上部の原晋監督が、11年目でチームを初優勝させたように)。
 

目標が三日坊主にならないための継続のコツ

目標を達成するための行動を「三日坊主」にしないコツは、スモールステップで気長に前進していくことです。「スタートダッシュ」でいくつもの課題を同時進行させたり、睡眠時間をけずって長時間取り組んだりしていると、無意識下に「やりたくないなぁ」という抵抗感が募っていき、意欲を凌駕してしまいます。その結果、せっかく目標を立てても三日坊主になりやすくなるのです。
 
すぐにでもできること、小さな成功を積み重ねること。つまり、スモールステップで前進していくと、日々負担なく前進することができます。

1月は今年1年の計画を立てる絶好のシーズンです。ぜひ、ポジティブな未来を思い描き、無理めな目標を堂々と立てて、「ありたい自分」を実現させましょう!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項