メインおかず、おつまみ、おもてなしにも! 絶品じゃがいも料理

家にあるじゃがいもを使って、いつもの定番とは少し違うじゃがいものおかずを作りましょう!トッピングでアレンジするじゃがいものガレット、スコップコロッケなど、メインおかずにおつまみに、おもてなし、どんなシーンにも使えるじゃがいも料理。見た目も華やかで簡単、でも美味しくて止まらない! 絶品じゃがいも料理のレシピを集めました。

 

新じゃがのひき肉キンピラ

新じゃがのひき肉キンピラ(出典:新じゃがのひき肉キンピラ)

新じゃがのひき肉キンピラ(出典:新じゃがのひき肉キンピラ

皮ごとキンピラにして、新じゃがいもの食感を存分に楽しめるじゃがいもレシピ。豚ひき肉を加えて、メインメニューにもなる充分なボリュームです。煮崩れしにくい新じゃがは、炒めて作るキンピラにぴったりですが、普通のじゃがいもならホクホクの食感を楽しむことができます。他の野菜を加えてボリュームや彩りを加えても。甘辛味でご飯がすすむ、大満足の一品です。

【作り方】4人分
  1. 大きめの新じゃがいも2個を良く洗って拍子木切りにして水にさらし、ザルに上げて水を切る。ししとう10個はヘタを取る
  2. 中華鍋(またはフライパン)にサラダ油を少量ひき、ししとうをサッと炒めて皿に取る。同じ中華なべにサラダ油大さじ1/2とごま油大さじ1/2を熱し、豚ひき肉80gを炒める。ひき肉がパラパラになったら、千切りにした生姜少々と小口切りにした赤唐辛子少々を加えて炒める
  3. 香りがたったら、じゃがいもを加えて2分ほど炒める
  4. 酒大さじ3、水1/2カップ(100ml)、砂糖大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ2を加えて炒め煮にする。煮汁がなくなって、じゃがいもがまだ硬いようだったら、水を少し足し、じゃがいもを好みの硬さまで炒り煮したら、ししとうを加えて炒め合わせる
  5. 皿に盛りつけて白ごま少々を振って、完成
 

簡単じゃがいものガレット

簡単じゃがいものガレット(出典:アレンジ自在! 簡単じゃがいものガレット)

簡単じゃがいものガレット(出典:アレンジ自在! 簡単じゃがいものガレット

ケチャップや粒マスタードを添えて、そのまま食べても美味しいじゃがいものガレットですが、チーズやスモークサーモン、生ハム、ツナ、トマト、葉物野菜といったお好みのトッピングで、見た目も味も華やかなアレンジを楽しむことができます。じゃがいもをバラバラにせず、きれいに焼き上げるには、千切りにしたじゃがいもに塩コショウを振ったら全体に小麦粉をなじませることがポイント! ぜひトッピングを変えて、色々な美味しさを試してみてください。

【作り方】2人分
  1. じゃがいも2個は皮をむき、2~3mm幅の薄切りにし、さらに2~3mm幅の千切りにする。水にさらさず、そのまま使う
  2. ボウルに千切りにしたじゃがいもをいれ、塩小さじ1/2とコショウ少々を振り、サッと混ぜたら小麦粉大さじ1を加えて全体がなじむよう混ぜる
  3. フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を入れ、中~弱火にかける。生地の1/4をフライパンに落とし入れ、生地の厚みが同じになるよう、菜箸などで調整し、形を整える
  4. 焼き色がついたら、裏返して残りのオリーブオイル大さじ1/2を加え、時々フライ返しなどでぎゅっと押しつけながら焼く。好みでパセリのみじん切りや黒こしょうを振り、ケチャップやチリソース、粒マスタードなどを添える
 

ガーリックポテト

ガーリックポテト(出典:ガーリックポテトのレシピ・作り方!じゃがいもとにんにくの相性抜群)

ガーリックポテト(出典:ガーリックポテトのレシピ・作り方!じゃがいもとにんにくの相性抜群

カリカリのニンニクチップとホクホクのじゃがいもが絶妙のコンビネーション! ガーリックポテトは、お酒のおつまみとしても、ついつい手が止まらなくなる美味しさです。炒めたあと取り出すのは少し面倒ですが、ニンニクをスライスではなく細切りにすると、じゃがいもとの絡みがさらに良くなって風味もアップ。あと一品欲しいときに、サッと作れる人気メニューです。

【作り方】1人分
  1. じゃがいも特大1個はタワシ等でこすって汚れを落とし、芽があったらくり抜き、フォークで数カ所つついて皮に穴をあけ、 水分をつけたままラップをかけずに、600Wの電子レンジに約6分間かける
  2. じゃがいもをくし型に切る
  3. ニンニク2片を薄くスライスし、フライパンにオリーブオイル大さじ2と一緒に入れて弱火にかけ、カリカリになったらニンニクを取り出す
  4. フライパンに残った油でジャガイモの表面を焼く
  5. 塩コショウ適量で味付けし、ニンニクチップを戻し入れる。皿に盛って刻みパセリ少々を振りかける
 

里芋とじゃがいものスコップコロッケ

里芋とじゃがいものスコップコロッケ(出典:里芋とじゃがいものスコップコロッケ)

里芋とじゃがいものスコップコロッケ(出典:里芋とじゃがいものスコップコロッケ

コロッケは食べたいけど、衣をつけて揚げる工程が面倒……というときは、このスコップコロッケがおすすめ! 揚げるコロッケよりあっさりとしていて、でもボリュームはたっぷり。香ばしいパン粉がカリカリで、まるで揚げたてのコロッケを食べているかのよう。おもてなし料理にもおすすめです。じゃがいもと里芋を混ぜることで、ほっくり感とねっちり感のダブルの美味しさが味わえます。

【作り方】2~4人分、1L容量のキャセロール型使用
  1. フライパンでパン粉50gを最初は弱めの中火で、色づいてきたら弱火にして、全体がきつね色になるまで絶えず鍋をゆすり、焦げないようにして炒る
  2. 里芋4個はよく洗って小鍋に入れ、里芋がかぶるくらいの量の水を入れ、火にかける。沸騰してきたら弱火にして、柔らかくなるまで15分ほど茹でる。じゃがいも1~2個も同様に茹でる
  3. 柔らかくゆでた里芋とじゃがいもをすり鉢などでつぶし、塩小さじ1/3とコショウ少々と合わせる
  4. 玉ねぎ1/2個とにんじん1/4本はみじん切りに、ニンニク1片はスライスする
  5. フライパンにオリーブオイル適量とニンニクスライスを入れて弱火にかけ、オイルに香りをつける。ニンニクが色づいたら取り出して、玉ねぎとにんじんを入れ、透明感が出るまで炒める。合いびき肉150gを加えてしっかり炒めたら、塩小さじ1/3とコショウ少々を加える
  6. グラタン皿などの耐熱容器につぶした芋を平らに盛り付け、その上に【4】を平らに盛り付ける。2段の層にしたり、交互に重ねずに芋とひき肉を混ぜ合わせてもOK
  7. 食べる直前にカリカリに炒ったパン粉をのせて、完成
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。