万能食材のツナ缶を使った簡単レシピ4選! ご飯ものからパスタまで

美味しい、調理しやすい、様々な食材と相性がいい、ヘルシー、リーズナブル、常備食にもなる……など、ツナ缶の魅力は挙げればキリがないほど! まさに万能食材のツナ缶は、そのまま食べても美味しいですが、様々な料理に取り入れやすいことも魅力です。今回は、ツナ缶を使ったお手軽レシピ4選をご紹介します!
 

ツナそぼろの三色丼

ツナそぼろの三色丼

ツナそぼろの三色丼(出典:電子レンジで作る、ツナそぼろの三色丼

ひき肉の代わりにツナを使い、電子レンジで調理するツナそぼろの三色丼簡単レシピ! フライパンを使わないので洗い物も減らせます。ツナに醤油やみりん、砂糖で味付けして電子レンジで温めるだけでツナそぼろは完成します。炒り卵も電子レンジに数回かけるだけでOK。オクラ和えも載せるのでボリューム満点です!

【作り方】1人分
  1. ツナ缶80gの水気をよく切って耐熱容器に入れ、醤油大さじ1・みりん小さじ1・砂糖小さじ1を加えてよく混ぜ、ラップをふんわりとかけ、1分30秒加熱する。一度よく箸などで混ぜ合わせ、さらに1分30秒加熱する
  2. 耐熱容器で卵1個を溶き、砂糖小さじ1と塩少々を加え、ラップをせずに30秒加熱する。フォークなどでよくほぐし、さらに20秒加熱、もう一度ほぐして20秒加熱する
  3. オクラ2本に塩を振ってまな板の上でこすり、塩を水で洗い流したら、薄い輪切りにして鰹節2gと醤油小さじ1で和える
  4. ご飯の上にツナそぼろ、いり卵、オクラと紅ショウガを彩りよく盛り付けて完成
 

ツナと大葉の冷製パスタ

ツナと大葉の冷製パスタ

ツナと大葉の冷製パスタ(出典:冷製パスタをツナと大葉で!柚子胡椒風味のパスタレシピ

食欲がないときでも食べやすい、さっぱりとした冷製パスタのレシピです! ツナと大葉、にんにく、柚子胡椒などの具を、茹で上がったカッペリーニと和えてシンプルに味付けします。簡単に作れる上に、あっさりした味わいでささっと食べられる気軽さも魅力です。トマトやオクラなどを加えても美味しく仕上がります!

【作り方】2人分
  1. 鍋にお湯を沸かして塩を加え、カッペリーニ120gを表示時間通りに茹でる。茹であがったら、氷水にとり、しっかりと冷やす
  2. ツナ缶80g、にんにく1/2片、柚子胡椒小さじ1/2、オリーブオイル大さじ1、塩少々をボウルでよく混ぜ、茹であがったカッペリーニを和える
  3. 器に盛って、千切りにした大葉6枚を乗せ、ブラックペッパーを振って完成
 

豆腐とツナの博多蒸し

豆腐とツナの博多蒸し

豆腐とツナの博多蒸し(出典:レンジで5分!豆腐とツナの博多蒸し

豆腐とツナを重ね、電子レンジで加熱して、仕上げに甘じょっぱい醤油あんをかけていただく簡単でヘルシーな博多蒸しのレシピです。温まる豆腐のつるんとした食感とツナの塩気は相性抜群で、夜食やおつまみにもぴったり。体の芯からほっこり温まるような優しい味わいは、食べる人を虜にするはず!

【作り方】4人分
  1. ボウルにツナ80gを汁ごとあけ、みじん切りした長ネギ1/2本としいたけ1枚、片栗粉大さじ1、卵1/2個、塩少々、醤油小さじ1、おろし生姜少々を入れて混ぜる
  2. 水切りしたもめん豆腐1丁を三枚に切り、薄く片栗粉をふる
  3. 盛りつけ用の耐熱皿に豆腐を1枚のせ、【1】の具を半分のせて平らにならし、豆腐の片栗粉のついている面を重ね、上になっている豆腐に片栗粉をふり、残った具を平らにのせ、もう一枚の豆腐ではさむ
  4. ラップをかけて600Wの電子レンジで、5~6分加熱する
  5. だし1カップを沸かし、砂糖大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ2を入れ、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉大さじ1でとろみをつける
  6. 【5】のあんをかけて、練り辛子と青味(貝割菜やあさつき)を添える
 

ツナとコーンのオムレツ

ツナとコーンのオムレツ

ツナとコーンのオムレツ(出典:スチームケースで簡単、ツナとコーンのオムレツ

材料をスチームケースに流し入れて電子レンジで加熱するだけ! オムレツの簡単レシピをご紹介します。今回はツナとコーンを具に使いましたが、トマトやほうれん草、ベーコン、ハムなど、他のお好みの食材でも代用できます。お手軽なのに栄養たっぷりでバランスもいいので、忙しい朝の時短レシピにもおすすめです。

【作り方】2人分
  1. 卵3個をよく溶き、薄切りにした玉ねぎ1/2個と解凍したコーン30g、みじん切りのパセリ大さじ1、油分(水分)を切ったツナ缶1個、マヨネーズ大さじ2、砂糖小さじ1、塩こしょうを混ぜ合わせてスチームケースに流しいれる
  2. フタをして、4分ほど電子レンジにかけたあと、3分ほどフタをしたまま蒸らす
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。