ちりちりとした葉も、しっりとした硬さのある芯もおいしいですよね

ちりちりとした葉も、しっりとした硬さのある芯もおいしいですよね


ちょっと寒くなってきたかな、と感じるようになると、白菜のおいしい時期もやってきます。水分を多く含んだ白菜は、煮ても、漬けても、炒めても、それぞれ違ったおいしさを楽しむことができます。今回は、白菜のおいしい選び方・保存方法・下ごしらえを紹介します。

白菜の栄養

90%以上が水分の白菜は、冬には貴重なカリウムとビタミンCの供給源です。その他に、カロテン、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維も含んでいます。

ビタミンCとカリウムは水に溶けやすいので、鍋にスープなどにして食べれば、栄養素を余すことなく食べることができるので、おすすめです。また、ビタミンCは外葉に一番多く含まれているので、捨てずに!

よい白菜の選び方

よい白菜の選び方
葉の内側がこのように黄色になっています
  • まるまる一個選ぶときは、葉先まで固く巻いているものを選びます。また、ずっしりと重く、弾力があるものが良品です
  • カット白菜を選ぶときは、切り口が白く、みずみずしいものを選びます。黒ずんでいるものは避けましょう
  • カット白菜は断面が水平で、葉がつまっているものが新鮮です
  • カット白菜は、外葉は緑、内葉は黄色いものを選びます
  • カット白菜は、中心の芯の高さが1/3以下のものを選びます


白菜の保存方法

白菜の保存
新聞紙できちんと包んで保存しましょう
  • まるまる一個の白菜は、新聞紙で包んで、冷暗所で立てて保存します。半月くらいもちます
  • カット白菜や使った白菜は、ラップに包んで、冷蔵庫で保存します
  • 株の根元にたての切り込みを入れると、白菜の成長を止めることができ、鮮度が落ちるのを抑えることができます

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。