菜の花

咲く寸前のつぼみがおいしい野菜です


ほんのりとした苦みがくせになる菜の花。春の野菜と思われがちですが、実際は冬から春にかけて出回る野菜です。まだ咲いていない、ぷっくりとしたつぼみ、太い茎、柔らかい葉を丸ごと食べることのできる、季節感が満点の花野菜です。

菜の花の栄養

菜の花は、含まれている栄養素の種類が多くて豊富なことで知られています。

特に多いのがビタミンC、B1、B2、カルシウム、カリウム、食物繊維です。これらの栄養素は、野菜の中でもトップクラスの含有量です。その他に、女性に不足がちな葉酸や鉄などのミネラルも含まれています。

春の食卓に菜の花料理を一品プラスするだけで、効率的に幅広い栄養を摂取することができるので、おすすめです。

よい菜の花の選び方

よい菜の花の選び方
茎が紙で束ねられているものが多いです
  • つぼみが小さくそろっているものを選びましょう。つぼみが咲いてしまっていると、味が落ちているので、避けた方がよいです
  • 葉・茎がやわらかく、切り口がみずみずしいものを。
  • 葉の色は、鮮やかなグリーンのものが新鮮です
  • 全体的にシャンとしているものを選びます


菜の花の保存方法

菜の花の保存
乾燥させないように、袋で保存です
  • 乾燥に弱いのでビニール袋か新聞紙に包みます。畑に生えているときと同じ状態になるように、立てて冷蔵庫の野菜室で保存します
  • 余らせてしまうようならば、塩茹でにし、硬く絞ったものをラップにくるんで冷凍保存します

>> 菜の花の旬・種類・下ごしらえへ