31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は島田佳奈さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「島田佳奈さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■島田佳奈さんプロフィール
今回の回答者:島田佳奈さん

今回の回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー!奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

All Aboutガイドページ
twitter:@shimadakana
 

お悩み:パートナーの「寝取られ願望」にどう付き合っていけばいいでしょうか?

お悩み:パートナーの「寝取られ願望」にどう付き合っていけばいいでしょうか?

お悩み:パートナーの「寝取られ願望」にどう付き合っていけばいいでしょうか?

■せきのやまさん(35歳、サービス業)のお悩み
交際期間を合わせると10年になる夫との関係について、ご相談させてください。

彼は私のことをとても愛してくれています。自慰行為をするときも、私に似たAV女優を探して見ているそうです。

そんな彼ですが、少し変わった趣味があります。いわゆる「寝取られ願望」があるのです。たとえば、セックスの最中に「僕が嫉妬するようなことを言ってほしい」と頼まれます。私は仕方なく、元彼とのセックスの話をしたり、職場の誰々がかっこいいなど言ってみたりしますが、だんだん冷めてきてしまいます。かといって、何も言わずにいると、今度は彼のほうが萎えてしまうのです(彼はややED気味です。食生活など、治す努力はしています)。

最近では、「他の人としてきてほしい」とまで言われています。ある意味ラッキーなのかな?と思う自分と、そんな暇あるなら友達とランチしたいわ、と思う自分がいます。

浮気すると言いつつなかなか浮気をしない私に、夫は「今度、プロ(女性向け性感マッサージ)を頼もう!」と張り切っています。

もう、どうしたらいいのでしょうか。夫のことは愛しているし、願望は叶えてあげたいけれど、どうも乗り気になれません。折衷案はないものかと考えてはいますが、なかなか案も浮かばず……。最近は夫に誘われることが嫌になってきてしまいました。

このままじゃ夫婦関係が破綻してしまいそうです。どうしたらいいか、アドバイスいただけますでしょうか。
 

アドバイス1:相手に合わせよう、応えようと頑張りすぎないで

アドバイス1:相手に合わせよう、応えようと頑張りすぎないで

アドバイス1:相手に合わせよう、応えようと頑張りすぎないで

いわゆる「寝取られ願望」のある旦那さんについて、悩んでらっしゃるのですね。

「31歳からの恋愛相談室」は、基本的には独身女性のお悩みに回答しているのですが、こういったお悩みは未婚既婚にかかわらず起こりうる問題ということで、回答させていただきますね。

まずお伝えしたいのは、あまり頑張りすぎないで、ということです。頑張りすぎるとほど、2人の関係性が、せきのやまさんの望まないものになってしまいます。旦那さんの特殊な性癖のために、浮気までする必要はありません。

とはいえ、旦那さんの要求がどんどんエスカレートしていることが、ご負担なのですよね。

「あくまで自分が苦しくない範囲で」ということを大切に、譲歩案を考えてみてください。付き合いきれない自分に、罪悪感を抱く必要はありません。

たとえばですが、男友達と遊んでいるところを撮影して、SNSなどにアップしてみるのはいかがでしょうか。同窓会を開いてみる、なんていうのもいいかもしれませんね。せきのやまさん自身も楽しめそうですし、かつリアルに男の影をちらつかせることもできます。

写真なら、いい妄想の材料になって、旦那さんも喜んでくれるのではないでしょうか。

ポイントは、「過去」ではなく「現在進行形」の情報を渡すこと。「今は浮気でも、いずれ本気の恋に変わるかも」と疑う余地を持たせれば、妄想を長持ちさせられると思いますよ。
 

アドバイス2:彼の妄想力を鍛えつつ、じっくり話し合ってみて

それでも、どんどん過激さを求めてくるようであれば、やはりじっくり話し合ってみる必要がありそうです。

旦那さんには、妻に求めるばかりではなく、自分自身で欲望に対処してもらいたいところ。

「私は、妄想してもらうための『種』を提供する程度なら頑張れるけど、それ以上は難しい。あなたも妄想力を鍛えて対応してね」と伝えてみてはいかがでしょうか。

プロを頼むというお話も、断っていいと思いますよ。だってせきのやまさんは、旦那さんを愛しているんですもの。その気持ちはずっと大切にしてくださいね!

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.童貞だった彼。セックスがまったく上達しません
Q.今はラブラブだからこそ、いつか冷めるのが怖いです
Q.突撃取材!婚活男子のリアルな本音を聞いてみた(34歳・経営コンサルタントの場合)

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。