【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:彼氏が実家暮らしで、マザコン・シスコン疑惑があります

お悩み:彼氏が実家暮らしで、マザコン・シスコン疑惑があります

お悩み:彼氏が実家暮らしで、マザコン・シスコン疑惑があります

■YOSSYさん(30歳・営業事務)のお悩み
マッチングアプリを利用して、1年ぶりに彼氏ができました。付き合って半年になりますが、私のことをとても大切にしてくれています。
 
ただ、彼について気になることが1つだけあります。それは、実家暮らしで、家族と仲が良すぎることです。
 
彼氏は大学院卒のため、社会人歴も2年と短く、かつ実家と勤務先が電車で1駅という状況です。そのため、実家暮らしなのも仕方ないのかな、とも思います。
 
でも、会話において家族の話題がとても多く、だんだん気になるようになってきました。そのたびに、「もしかしてマザコン、シスコンなのでは……」と疑わしく思ってしまいます。休日もよく家族全員で出かけているようです。
 
ご家族にはまだ会ったことがないので、実際のところはわかりません。かといって、まだ会いたいと言うのは早いかな……とも思います。とはいえ、結婚も視野に入れつつお付き合いをしているので、不安は解消しておきたいです。
 
彼氏が本当に自立した人間なのかどうか、見極める方法があれば、教えていただけると幸いです。
 

アドバイス1:人間が大事にできる人数には限界がある

アドバイス1:人間が大事にできる人数には限界がある

アドバイス1:人間が大事にできる人数には限界がある

「男はマザコンぐらいのほうが、パートナーを大事にする」なんて言われることもありますが、実はこの理論って破綻しているんです。
 
なぜなら、僕たち人間は人それぞれ大事にできる人数に限界がある上に、大事にしたい人の数が増えるにつれて、気持ちが分散してしまうからなんですよ。
 
たとえば、一人っ子と三人兄弟がいるとします。一人っ子の場合、親が子供にかけられる金銭や時間はすべて、その子だけに向けられます。でも三人兄弟の場合は、そうはいきません。どうしても分散してしまうのが現実です。
 
金銭や時間を費やすだけが愛情ではないとはいえ、愛情の表れとしてわかりやすい指標であることは事実。綺麗事は一切抜きにお話ししています。
 
もちろん、三人いる中の一人の子供に対し、瞬間的にたくさんの愛情を向けることは可能です。しかし、ずっとその子に愛情を注ぎすぎると、ほかの二人の子供に愛情を注げなくなります。
 
これが、大事にしたい人の数が増えるにつれて、愛情が分散するという理論です。
 
そして、ここでもう1つ問題になるのが、誰を大切にしたいか?という優先順位です。
 
「親が一番大事だ」と言う人は、すごく好きな恋人と付き合っている状態であっても、親の優先順位が常に上なんですよ。恋人との間に、何か問題が起こっていようがいまいが関係なく、です。
 
もちろん、親が重病にかかったなどのっぴきならない事情があるときに、優先順位が高くなるのは仕方ありませんが、そうでないときも常に「家族>恋人」な人と付き合うと、苦労する可能性は高いでしょう。
  

アドバイス2:「母親を大事にする人」と「マザコン」はまったくの別物

さらに踏み込んだお話をさせていただきますと、実は、母親を大事にしている男性と、マザコンの男性って、まったく違うんですよ。その違いを下記に記載させていただきます。

■母親を大事にしている男性の特徴
  • 母親をリスペクトしていて、親の生き方を尊重している
  • その上で自分自身の人生を歩いている
  • 必要以上に自分の生活を干渉させないし、母親の生活にも干渉しない
  • 母親に何を与えることができるか?を考える
  • 自分で決めて、自分の責任は自分で取ることができる

■マザコンな男性の特徴
  • 母親をリスペクトしているが、依存もしている
  • 「自分がどう思うか?」に親の意見や考えが多く含まれている
  • 自分の生活に干渉されても文句を言わない
  • 母親に与えるものより与えられるもののほうが多い
  • 重大な選択だけではなく、些細な選択でも母親に相談する

両者の大きな違いって何なのかと言うと、「自分があるかどうか」なんです。
 
母親を大事にしている男性は、自分の考えをちゃんと持っているので、もし親が違う意見を言ってきても流されることなく、自分を貫きます。しかし、マザコンな男性は基本的に自分の土台がグラグラなので、すぐ流されてしまいます。
 
これは、シスコンの人も同様ですね。
 

アドバイス3:一人暮らし=自立している、という訳ではない

そして、自立にも種類がありまして、それは4つに分けられます。
  • 身辺自立:家事など、生活の身の回りのことは自分でできること
  • 社会的自立:自立した一人の人間として社会に出ていくこと
  • 経済的自立:金銭面で誰かに依存せず一人で生活できること
  • 精神的自立:精神面で誰かに依存せず、自分で人生を選択して生きられること
これらすべてを経験してこそ、自立した人間であるといえるでしょう。
 
社会に出ているけど、一人暮らしをしたことがなくて実家暮らしをしている人の多くが、社会的自立しかしていないという背景があります。
 
ただ、身辺自立や経済的自立は、ほとんどの人が一人暮らしをすることによってすることが可能ですが、精神的自立だけはそういうわけにはいきません。
 
精神的自立とはもっと噛み砕いて言うと、自分の頭で考え、決めて、行動し、その結果に責任を持つことの繰り返しによってできるものです。
 
なので、実家を離れて生活している人でも、独り立ちしたからといって、完全な自立を成し遂げているわけではないんですよね。
 
一人暮らしをしていても、親の考えが自分の基準になっている人はたくさんいますし、そうでなかったとしても、自分がどう思うかよりも人がどう思うか?を気にしてばかり生きていると、精神的自立を果たしているとはいえません。
 
なので、そう考えたとき、親離れとは精神的自立を果たしてこそ成立するものだといえるでしょう。
 
実は4つの自立の中でも、精神的自立が一番大切なんですよね。
 

アドバイス4:彼氏の自立度合いは質問しながら確かめていく

彼の自立度合いを探るためにはどうしたらいいかというと、会話中に次の質問を投げかけてみてください。
  • 「なんでそう思うの?」
  • 「その考えになったのはどうして?」
  • 「今のどう思った?」
  • 「あなたはどう思う?」
  • 「あなたはどうしたい?」
これらの質問は、モテる女性がかならずといっていいほど使うものであり、彼女たちは相手を深く知るために、この問いかけを行っています。
 
しかも、この質問が優れているのは、「相手が自分の考えを持っている人間かどうか?」も知れるところにあります。ぜひ、上記の質問を彼に投げかけてみて、彼がちゃんと自分を持っている人間かどうか探ってみてください。
 
彼が精神的自立を果たしていなければ、「わかんない」「なんとなく」と回答したり、お母さんやお姉さんが言ったことをそのまま答えたりするでしょう。
 
とはいえ、彼はYOSSYさんのことをとても大切にしてくれているということですし、もし、自立してないなと感じる部分があっても、自立するように促すことは可能ですよ。
 
「大切にしている女性が自分のためを思って言ってくれている」という解釈を彼がすることができれば、耳が痛い言葉もきっと受け入れてくれるはずです。
 
ただ、そのときは言い方も重要になるので、その点はお忘れなく。感情的にならず、押し付けがましい言い方を避けましょう。「何を相手に言いたいのか?」を念頭に置き、その上で「相手の事情を考え、どういう言い方をすれば伝わりやすいか?」を考えて、伝えてみてください。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.私より男友達を優先しがちな彼氏。イライラします
Q.彼氏の母親が結婚に反対。彼氏も諦めかけています
Q.男性から不快なことを言われても、その場でノーが言えません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。