31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:婚活中、1、2回目のデートで終わってしまうことが続いています

お悩み:婚活中、1、2回目のデートで終わってしまうことが続いています

お悩み:婚活中、1、2回目のデートで終わってしまうことが続いています

■さとかさん(32歳、営業)のお悩み 
30歳をとっくに過ぎているのですが、まともに恋愛したことがありません。
 
20代後半は恋活・婚活を頑張っていて、1人だけお付き合いしたこともあるのですが、3カ月くらい付き合って2回デートしただけでお別れしたので、もはや「付き合ったって言えるの?」というレベルです。
 
恋活・婚活でとくに難しいなと思うのが、なかなか3回目以降のデートや、お付き合いしましょうという話にならないことです。知人からの紹介でも婚活でも、2回目のデートまでは行くこともあるのですが……(1度会っただけでその先がなかった方ももちろんいます)。
 
ちなみに私からアプローチした男性からはほとんど断られてしまう、というような状態です。
 
容姿にはあまり自信がないので、そのせいかなとは思うのですが、2回デートをしてもらえることもあるということは、それだけが問題ではないのかなとも思います。
 
子育てにはあまり興味がなく、結婚自体を焦っているわけではないのですが(結婚しない人生もおおいにアリだと思っている)、死ぬまでに一度くらいちゃんと恋愛してみたい、って思っています。この年齢になって恋愛してみたい場合、どんな努力が必要でしょうか?
 

アドバイス1:1、2回目のデートで足切りされるのは、よくあること

アドバイス1:1、2回目のデートで足切りされるのは、よくあること

アドバイス1:1、2回目のデートで足切りされるのは、よくあること

同じことが何度も続くと、思わず意気消沈してしまいますよね。
 
ただ、2回目のデートにつながらないという方や、さとかさんのように3回目以降のデートにつながらないという方は、実はけっこういらっしゃいます。
 
2回目につながらないパターンと、3回目以降につながらないパターン、どちらの理由もお話ししたほうがわかりやすいと思うので、まずは2回目のデートにつながらないパターンの理由を先にお話しいたしますね。
 
この理由は主に、3つあります。1つ目は「文章と実際の印象が違った」というケース。とくにアプリでの出会いに多いのですが、メッセージでは大盛り上がりしたのに、実際会ってみると「思っていた感じと違った」となった場合ですね。
 
2つ目が「自分の素を出せなかった」というケース。相手に対して自然体で振る舞うことができず、自分を作りすぎたり出せなかったりしたという場合です。
 
「嫌われたくない」「好かれたい」という気持ちが強くなりすぎると、自己開示ができなくなり、相手に媚びるようなコミュニケーションを取ってしまう女性が多いんですよ。

その結果、相手から「なんかよくわからない子だな」と思われて、次につながらないというわけです。
 
3つ目は「相手のエンタメ性が高すぎた」というケース。相手の男性が人を楽しませる術に長けているため、一緒にいる女性はデートがかなり盛り上がっていると錯覚し、自分のことを気に入ってもらえたのではないか?と勘違いしてしまうのです。
 
しかし、女性側も相手の男性を楽しませようとはせず、ただ受け身で楽しんでいた場合、2回目のデートにはつながらないことが多いです。男性側は、頑張って盛り上げている自分ばかりが損しているように感じるため、次はもうないなとなるわけですね。
 
以上3つのケースが、2回目のデートにつながらない理由になります。
 

アドバイス2:次のデートにつながらない=縁がなかっただけ。自責しすぎないこと!

そして3回目のデートにつながらない理由ですが、実はその多くが、1回目のデートで、2回目のデートにつながらないパターンの理由いずれか(文章と実際の印象が違った/自分の素を出せなかった/相手のエンタメ性が高すぎた)に当てはまっていたというパターンが多いです。
 
つまり、相手男性は「1回目のデートで何らかの違和感を覚えたけれども、それでも2回目会うことにした」→「会ってみて、あらためて合わないと感じたため、再度会おうとは思わなかった」ということです。
 
では、なぜ「1回目のデートで何らかの違和感を覚えたけれども、それでも2回目会うことにした」のか。よくある理由が「とりあえずもう1回会って確認したかった」なんです。
 
人間の記憶力ってひどく曖昧なものであり、その日あった出来事をすべて記憶している人は、ごくまれなんですね。
 
だからこそ、「なんとなく違和感があったような気がするけれど、いいなと感じる部分もあった気もするし……(=記憶がぼんやりしている部分がある)。とりあえずもう1回会って確認してみよう」となるのです。
 
しかも厄介なことに、このぼんやり抜け落ちた部分の記憶というのは、本人にとってはものすごく大切なことのように錯覚してしまうんですよ。
 
かつ、抜け落ちた部分を美化して、勝手な期待を抱いている場合もよくあります。そうなると、会ってみたら「なんだ、思っていたのと違ったわ」となり、勝手に落胆するんですね。
 
「男性から勝手に期待されて、勝手にがっかりされていた可能性がある」などと聞くと、非常にしんどいなと感じるかもしれませんが、どうか落ち込まないでください。空回りしていたのは男性側であり、こちらに落ち度はありません。
 
それに、1、2回会った相手と次につながらなかったということは、シンプルに「その人はさとかさんの相手ではなかった」という事実を意味するだけです。縁がなかったということですね。
 
さとかさんは、自分に原因を求めていらっしゃいますが、どちらが悪いという話ではないんですね。ただ、相性やタイミングが合致しなかっただけです。
 

アドバイス3:人間としての魅力を底上げすることで、圧倒的に好かれやすくなる

アドバイス3:人間としての魅力を底上げすることで、圧倒的に好かれやすくなる

アドバイス3:人間としての魅力を底上げすることで、圧倒的に好かれやすくなる

とはいえ、恋愛をちゃんとしてみたいというさとかさんの願いを最短で叶えるために、今からできる努力はちゃんとあります。
 
まず1つ目が、ルックスとコミュニケーション能力の強化です。
 
容姿にはあまり自信がないと書かれていますが、忘れてはいけない大前提があります。それは、人の好みは万人共通ではないということです。
 
どれだけ美人と言われる女性であっても、100人いれば100人とも支持するわけではないですし、中には「ぜんぜん可愛くない」「ブスだと思う」という人も必ず存在するわけです。
 
ファミレスで大人気・定番メニューのカレーやハンバーグですらも嫌いな人がいるのに、万人受けを狙うのは「絶対に無理」ですし、人それぞれの好みは違うという前提は、ぜひ腑に落ちるまで心に叩き込んでいただきたい事実になります。
 
その上で、人に好かれる見た目というものがありますが、これが何かと言うと、清潔感と身だしなみ、第一印象の良さです。社会人一年目に当たり前に言われる3つの言葉ですが、実はこれらを完全にクリアしている人はあまりいません。
 
まず、清潔感。清潔感は、お風呂に入って歯を磨けば出るものではありません。
 
月に一度は美容室でヘアケアをしたり、日頃からスキンケアを欠かさず行ったり、歯のホワイトニングをしたりと、お金も労力も必要になるのです。
 
さらに、姿勢の良さや歩き方のキレイさも清潔感には含まれます。清潔感は出すものではなく、維持するものだといえるでしょう。
 
そして、身だしなみ。具体的には「サイズが合った洋服を着る」「四隅や持ち手が汚れたカバンを持たない」「履きつぶすまで靴を履かない」など、小綺麗でいようという心がけが大切です。
 
最後、3つ目が第一印象の良さになりますが、端的に言うと「愛想の良さ」なんですよ。雑談力やほめる技術などのコミュニケーションスキルや、笑顔の作り方を身につけることにより、どんどん第一印象は良くなります。
 
ただし、これには実践での訓練も必要になります。ただわかった気だけでいる間は、ほとんど印象は変わっていないと思った方がいいでしょう。
 
ここまでの説明で「清潔感と身だしなみ、第一印象の良さ、どれを整えるにもお金や労力がかかるな」と感じられたかもしれませんが、その通りです。だからこそクリアできていると、圧倒的に「人から好かれやすくなる」んですね。
 

アドバイス4:恋愛がうまくいきやすくなる秘訣は、自分を知ること

清潔感、身だしなみ、第一印象の良さをクリアしたら、次は「ちゃんと自分を知る」ことです。
 
自分を知るとは、「自分は何が好きで、何が嫌いか」「自分はどんなときに嬉しくて楽しくて、どんなことをされたら悲しいか、腹立つのか」ということを把握すること。自分の取り扱い説明書を作っていくことなんです。
 
実は、恋愛がうまくいかない女性のほとんどが、自分のことをよくわかっていません。だからこそ、自分に合わない男性を追いかけていることがめちゃくちゃ多いんですよ。
 
一方、自分のことをよく知っている女性は、相性が合わない男性を追いかけることはありません。付き合ってもうまくいかないことがわかっているので、追いかけようという気にならないのです。
 
「私からアプローチした男性からはほとんど断られてしまう」と書かれていましたが、これは相性が合わない人にアプローチしていた可能性がないかを疑った方がいいかもしれませんね。
 
では、自分に合う異性をどうやって見つけるといいのか? さとかさんが普段接している人の中で、「この人と一緒にいるときはストレスないんだよな」と思う人物を思い浮かべてください。
 
お友達でもいいですし、ご家族でもいいですし、仕事上での後輩先輩、誰だっていいです。一緒にいてストレスがかからない人の顔が何人か出てきたとき、次はその人たちの共通点を探してみてください。
 
続いては、「この人、なんか苦手なんだよな」「できれば関わりたくないな」と思う人物を何人か思い浮かべてみましょう。そして、同じように共通点を探してみてください。
 
これら2つの共通点が、さとかさんがパートナーを探す上で指針になる「絶対条件」になるのです。

 
一緒にいてストレスがかからない人の共通点は、「こういう人とは仲良くできる」という基準になり、逆にストレスを感じる人の共通点は、「こういう人とは仲良くできない」という基準になります。
 
実は、恋愛がうまくいきやすい人や、相手選びを間違わない人ほど、このような自己分析をめちゃめちゃよくやっています。なので、彼ら彼女らは、デートが次につながらなかったとしても、振られることがあったとしても、自分のせいにはしないんですね。
 
そもそも、恋愛はただの人間関係の延長でしかありません。清潔感、身だしなみ、第一印象の良さをクリアして、人に好かれやすい土台形成をできるだけした上で、合う異性を探すこと。それが最短で恋愛ができる最良の方法なのです。
 
ちなみに、「結婚しない人生もおおいにアリだと思っている」と書かれていらっしゃるということは、すでに自分1人の人生も楽しんでおられるのかもしれませんね。
 
ということであれば、1人でも楽しい人生をさらに楽しくできるパートナーという観点で探してみるのも、アリではないでしょうか。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.いい感じだった彼が急にそっけなくなりました。もう脈なしですか?
Q.婚活に疲れてしまいました。でも休んでもいられません
Q.婚活中、付き合いたいと思えるような人に出会えません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。