31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は深爪さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「深爪さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


■深爪さんプロフィール
今回の回答者:深爪さん

今回の回答者:深爪さん

エロから社会ネタまで独自の視点から発信!フォロワー数18万人超の大人気主婦アカウント
コラムニスト/主婦。2012年11月にツイッターにアカウントを開設。独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、その数18万人超(2020年2月現在)。主婦業のかたわら、執筆活動をしている。『深爪式 声に出して読めない53の話』『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』『立て板に泥水』他著書多数。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様。

twitter:@fukazume_taro
オンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/1448/
note:https://note.mu/fukazume_taro
 

お悩み:「結婚」する意味がわからなくなってきました

お悩み:「結婚」する意味がわからなくなってきました

お悩み:「結婚」する意味がわからなくなってきました

■こけしさん(33歳、販売)のお悩み
彼氏と結婚の話を具体的に話すようになってから、どんどん結婚に対して後ろ向きな気持ちがふくらんできています。家が近く、いつでも会いたいときに会えているからこそ、結婚するメリットがわからなくなってきてしまったのかもしれません。
 
それよりも、一人暮らしの今よりは自由がなくなることや、名字が変わることが憂鬱で、モヤモヤしています。これはいわゆる、マリッジブルーなのでしょうか。
 
最近は「結婚をする意味って、何だろう」ということばかり考えてしまいます。深爪さんは、どう思われますか?
 
必死で婚活して、ようやく結婚を申し込んでくれる相手が見つかったというのに、なぜこんなことを考えて落ち込んでいるのか、自分でもわかりません……。
 

アドバイス1:結婚は本来、何かの「目的」を叶える「手段」であるはず

アドバイス1:結婚は本来、何かの「目的」を叶える「手段」であるはず

アドバイス1:結婚は本来、何かの「目的」を叶える「手段」であるはず

必死で婚活してようやく念願の結婚相手をゲットしたのになぜ落ち込んでしまうのか。それはおそらく手段が目的化しているせいでしょう。
 
私は「結婚」は単なる手段だと思っています。たとえば、「この人と一生を共にしたい」「経済的に安定したい」「子供がほしい」といった“目的”を達成するための“手段”が結婚です。
 
こけしさんの場合は、“手段”であるべき「結婚」を“目的”にしてしまったため、いざ達成しそうになると「あれ?なんで結婚したかったんだっけ?別にメリットなくね?」と我に返ってしまったのではないでしょうか。
 
ちなみに、結婚する最大のメリットは「なんで結婚しないの?」と周囲に聞かれなくなることだと思っています。ふざけた回答のように聞こえるかもしれませんが、私は割とまじめにそう考えています。
 
多様な生き方が認められつつある現代では、結婚をしない人も増えています。しかしながら、いまだ世間には「結婚するのは当たり前」が根強く残っており、独身というだけでゲスな勘繰りをされることもあります。他人が気になって仕方がない暇人に余計な口出しさせないためのカードとして「結婚」は最適というわけです。
 

アドバイス2:結婚は「人生を再スタートする儀式」

結婚する意味とは何か。非常に難しい質問であり、「ラブホ代がもったいないから」と結婚を決めたような人間が偉そうなことを言える立場にはないのですが、私は、結婚は再スタートの儀式だと思っています。
 
両親の作った家庭に生まれ、彼らの価値観に染まりながら子供の立場で生活してきた人間が、1人の大人として両親ではない誰かとともに新たな家庭を作る。この新しい人生のスタートを切る手段が「結婚」だと思っています。
 
こけしさんは『あつまれ どうぶつの森』をご存知でしょうか? 無人島の住民として街づくりをしたり、引っ越してきたどうぶつたちと交流したり、釣りをしたり、虫取りをしたりする、Nintendo Switchのゲームです。
 
息子のゲーム機を借りて1年ほどプレイしていたのですが、どうしても自分だけの島を持ちたくて、先日、新しく自分専用のNintendo Switchを購入しました。
 
息子の島に住まわせてもらっているときには、勝手に島の木を切ったり地面に花を植えたりすると怒られるのでいちいちお伺いを立てていたのですが、自分専用の島を手に入れたので、もう好き放題です。「ここに公園を作ろう」「このどうぶつを仲間にしよう」「丘の上に自宅を移設しよう」。自分の思うままに島を作ることができます。
 
1人でプレイするかパートナーと共にプレイするかの違いはあるにしろ、結婚ってこんな感じだと思います。今まで親の作った家庭に住まわせてもらっていたところを飛び出して、愛するパートナーと共に自分の理想の家庭を新たに作っていくゲーム、それが結婚というわけです。
 

アドバイス3:結婚は、自分の世界を広げてくれるきっかけにもなりうる

アドバイス3:結婚は、自分の世界を広げてくれるきっかけにもなりうる

アドバイス3:結婚は、自分の世界を広げてくれるきっかけにもなりうる

ただ、いくら愛するパートナーとはいえ、生まれも育ちも違う赤の他人との暮らしなので、楽しいことばかりではありません。「トイレのフタがいつも開けっぱなし」「冷房の温度設定が低すぎる」「ポットの中身が残り1cmになってるのに次の麦茶を作ろうとしない」など、付き合っているときには気にならなかったことに不満を感じたり、「家族なんだからいいじゃん」という甘えが発動して衝突したりすることもあります。というか、ありまくります。
 
でも、好きな人と同じ未来を見据えながら、一から新しい家庭を作り上げていくのは非常にやりがいのある作業です。ゲーム機のリセットボタンを押すように新生児から人生をやり直すことはできないけれど、結婚をすることで人生の再スタートを切ることはできます。
 
メンバーを一新した家庭では生活のあり方も今までとは異なるだろうし、子供が加入すればさらに価値観も変わっていくでしょう。さまざまな経験を通して、世の中の見え方も違ってくるかもしれません。
 
新たな人生を生きるため、そして、世界を広げるための1つの手段として「結婚」があるのではないかと、私は思っています。

■「31歳からの恋愛相談室」関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.親に孫の顔を見せられない親不孝者だと、自分を責めてしまいます
Q.セックス中、つい気持ちいいフリをしてしまいます
Q.結婚願望がないと言うと、強がりだと勘違いされて不快です

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。