31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理"をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:見た目が良くないのにモテる女性には、何か特別な理由でもあるのでしょうか

見た目が良くないのにモテる女性には、何か特別な理由でもあるのでしょうか

見た目が良くないのにモテる女性には、何か特別な理由でもあるのでしょうか

■せいこさん(35歳・一般事務)のお悩み 
性格の悪い質問で申し訳ありません。ただ、どうしても気になって、モヤモヤしてしまうことがあります。それは、「ブスなのに、なぜかモテる女性」の存在です。
 
どうみても美人ではなく、男受けしそうな女性らしさも感じられない(化粧っ気がなかったり、野暮ったかったりする)のに、なぜか彼氏が途切れなかったり、複数人から同時にアプローチされる人って、いませんか?
 
ちょっとブスなくらいのほうが親しみやすい、ということなのでしょうか。でも、同じブスでも、そうなる人とならない人がいると思います。「モテるブス」について、男性目線で解説していただきたいです。
 

アドバイス1:モテる人は「落とせそうな異性」を見抜くのがうまい

アドバイス1:モテる人は「落とせそうな異性」を見抜くのがうまい

アドバイス1:モテる人は「落とせそうな異性」を見抜くのがうまい

一般的に見てあまりルックスがよろしくないのにモテる女性に関しては、僕の見解で3タイプに分かれます。
 
1つめが、魔性の女タイプ。いわゆる「小悪魔」タイプの女性ですが、魔性の女と呼ばれる女性にルックスの良し悪しは関係ありません。美人ではない小悪魔もちゃんと存在するんですよ。そんな彼女たちは美人と同様にモテています。
 
厳密に言うと、誰にでもモテるのではなくて、「落とせそうな男性がなんとなくわかる」からモテるんですよ。
 
海外のシリアルキラーで「そいつの足音を聞けば、コントロールできるかどうかわかる」という言葉を残した人物がいますが、さすがにそこまでは無理だとしても、ちょっと話してみれば落とせそうかどうかを判断できるのです。
 
ちなみに、モテる男女がなぜモテるかと言うと、「自分がどういうタイプの人間に好かれて、どういうタイプの人間に受け入れられないか」がわかっていて、いけそうなところにいくからです。つまり、負け戦をしないんですよ。
 

アドバイス2:魔性の女は努力でなれるものではない

ちなみに、魔性の女を目指そうとしている女性がいますが、それは努力でなれるものではありません。生まれついての素質のようなものになります。
 
彼女たちがなぜ小悪魔的な振る舞いができるかというと、それが彼女たちの自然体だからなんですよ。
 
生まれつき魔性の女タイプの女性ではない人が、世の恋愛指南書に書いてあるような駆け引きを下手にやろうとすると、しくじります。どんなに鈍感な男性でも、ぎこちなさや違和感を感じとるものだから。
 
駆け引きなんかを学ぶ暇があるのなら、自分の長所を見つけて、そこを伸ばす努力をしましょう。そのほうが、はるかに有意義ですよ。
  
さて、続いて2つめが、ゴリゴリ系タイプ。いわゆる肉食系に分類される女性ですが、彼女たちはいいなと思った男性がいたら「当たって砕けろ精神」でガンガンにアタックします。
 
ただ、ルックス査定で恋愛対象から外されてしまうことが多いので、これ以上は無理だと思ったときの切り替えがものすごく早いことも特徴の1つ。そのタフさは舌を巻くほどです。
 
そしてこのタイプの女性の中には魔性属性と同様に、「落とせそうな男性がなんとなくわかる」人も多いです。彼女たちは、あえて自分の言うことを聞いてくれそうな、少し気の弱い男性を好んで選ぶ傾向があります。
 
その場合、積極的なアプローチで体の関係を持ち、そのまま交際に発展させ、半ば強引とも言えるやり方で結婚にこぎつけたというケースも、けっして珍しくありません。
 
この場合、周囲の女性から、「なんであの子が結婚できて私にできないの!」と思われることも多いです。
 
3つめが、天使タイプ。ルックスはいまいちかもしれないけど、いつも笑顔で愛嬌があり性格が良く、その女性がいるだけで場の空気が和らぐような人のことです。
 
まるでマスコットキャラのような存在として認識されていることも多く、可愛いというよりか「可愛らしい」という表現が当てはまります。
 
せいこさんがおっしゃるように、「ちょっとブスなくらいのほうが親しみやすい」という事例は、このタイプの女性に多いですね。
 
さらに、天使タイプは心がキレイだけではなく、家事スキルが完璧だったりするので、家庭に入ると「いい奥さん」と呼ばれることがよくあります。
 
以上が、一般的に見るとあまりルックスがよろしくないのにモテる女性の3パターンです。
 

アドバイス3:女性目線では微妙でも、男性目線ではアリなことはよくある

また化粧っ気がなく野暮ったかったりしても、実は男好きのする顔だったり、そういう女性の方が好きという男性も存在します。女性からすると、なぜモテているのか意味がわからないというケースもよくあります。
 
その場合、「なんであの子がモテるのよ!」と妬みが止まらない女性がいらっしゃいますが、ここで言えることとしては、嫉妬してる暇があるんだったら、その時間をモテるための努力に費やせよ、という話です。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
Q.彼は草食系?それとも脈なし?見極める方法を教えてください
Q.貯金がないどころか、借金が200万円。隠して婚活すべき?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。