31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:婚活疲れでヘトヘトです。とはいえ、休むわけにもいきません

お悩み:婚活疲れでヘトヘトです。とはいえ、休むわけにもいきません

お悩み:婚活疲れでヘトヘトです。とはいえ、休むわけにもいきません

■典子さん(32歳、一般事務)のお悩み
2年前に彼氏と別れて以来、ぼちぼち続けてきた婚活。たいしたことはしていないけれど、それでももう、へとへとです。
 
マッチングアプリで知らない人とやりとりするのも、初対面の人とデートするのも、もういい加減疲れました。
 
婚活パーティーも、合コンも、いいなと思える人に出会えることなんてほとんどなかったのに、けっこうなお金を使ってしまいました。
 
極めつけが、ちょっといいかもと思っていた人が突然、音信不通になるということが2人も続いたこと。たった2人と思われるかもしれませんが、ダメージは思いのほか大きかったです。
 
もう婚活なんてやめたい、休みたいです。でも休んでいたら、どんどん年をとって、子供も産みにくくなってしまいます。
 
私は小さいころから、結婚して子供を産むのが夢でした。自分の実家のように、あたたかい家庭を築きたいんです。
 
こんな私に、ぜひ叱咤激励をお願いいたします。
 

アドバイス1:今必要なのは「婚活を頑張ること」ではない

アドバイス1:今必要なのは「婚活を頑張ること」ではない

アドバイス1:今必要なのは「婚活を頑張ること」ではない

最初に謝っておきます。
 
典子さんのご相談内容を拝見していると、とてもじゃないですが、叱咤激励はできないと感じました。本当に申し訳ありません。
 
今、典子さんにとって必要なのは、婚活を頑張ることじゃなくて「休むこと」なんですよ。
 
ご自分でも、「もう婚活なんてやめたい、休みたい」と書かれているので、これがれっきとした本心なんだと思います。
 

アドバイス2:万全の状態でないと、最高の結果は出せない

でも、休むわけにはいかない。その気持ちもよくわかります。
 
ただ、大前提として理解していただきたいのが、「最高のパフォーマンスを維持できていない状態で、最高の結果になることがないのは、仕事も恋愛も同じ」ということなんです。
 
よく考えてください。疲れ切ってへとへとで、無理やりテンションを上げている自分と、万全の状態で余裕もある自分。いったいどちらの自分が、人に受け入れてもらいやすいでしょうか?
 
しかも、基本的に人は、自分に余裕がなく疲れている分だけ、人に優しくすることができません。自分の状態もままならないのに、他人にかまっていられる余裕がないのは当然だからです。
 
なので、まずしないといけないことは、しっかりと休んで英気を養い、元気な典子さんを取り戻すことなんですよ。
 

アドバイス3:「婚活しなければいけない」思考を手放すこと

アドバイス3:「婚活しなければいけない」思考を手放すこと

アドバイス3:「婚活しなければいけない」思考を手放すこと

それからもう1つ。ご相談文を読んでいて、休息が足りていない以外にも、よろしくない状態に陥っているなと感じた部分があります。
 
典子さんは今、「婚活しなければいけない」という思考になっているのではないでしょうか。
 
「○○しなければいけない」「○○すべき」という思考だと、良い結果につながりません。なぜかというと、義務になってしまっていて、楽しめていないからなんですよ。
 
典子さんの文章から伝わってくるのは、「あたたかい家庭を築きたい」という思いよりも、「もうつらい」という気持ちのほうが大きいんですね。
 
婚活だけではなく何でもそうですが、人間は楽しくないことに対して没頭はできないし、求める結果を残すこともできないんです。
 
たとえばここに、東大に一発で合格した人と、何年も浪人している人がいるとします。
 
前者は、楽しんで勉強をしていたのに対し、後者は、不安や焦りに飲み込まれてしまい、「勉強しなければいけない」になって、学ぶことの楽しさを忘れてしまったから、それが結果として現れたんですね。
 
この例はもちろん、すべての東大受験生に当てはまるわけではありませんが、「しなければいけない思考」になったとき、人は目的と目標がすり替わっています。
 
目的は「最終的な到達地点」のことで、目標は「目的を達成するための手段」です。
 
つまり今の典子さんは、「あたたかい家庭を築くこと」が目的なようで、「婚活すること」が目的になってしまっているんですよ。
 
でも本来、婚活は、あくまでも目標じゃないといけないんです。かつ、目的は「結婚して子供を産み、自分の実家のように、あたたかい家庭を築きたい」ですよね。
 
ここで厳しいことを言わせていただきますが、「あたたかい家庭を築くこと」という目的は、「頑張ったらなんとか達成できる」ようなものではありません。
 
むしろこの目的を達成した人は、「自然に出会って惹かれ合い、その結果結ばれた」というケースが圧倒的に多いです。
 
もちろん、とにかく結婚することだけが目的なのであれば、出会いの数を増やせばすぐにでも叶うと思います。しかし、そうではないのであれば、不安や焦りに駆られて頑張れば頑張るほど、ドツボにハマると思ったほうがいいでしょう。
 
はっきり言ってしまい申し訳ありませんが、典子さんは今、すでにその状態に陥っておられると思います。
 
なので、まず休むこと。そして、目的と目標を混合しないこと。
 
元プロ野球選手のイチローさんが「遠回りが一番の近道だ」とおっしゃっていましたが、この言葉は本当です。
 

アドバイス4:両親に気持ちを打ち明けてみるのも手

とはいえ、「それでもどうしても休めない」と思われるかもしれませんね。
 
でしたら、ご両親に今の典子さんの状態を一度、打ち明けてみてはいかがでしょうか?
 
ご両親のような夫婦になりたいということですので、お聞きしたわけではありませんが、きっとご家族との関係は円満なのではないかと思います。
 
「私ね、お父さんとお母さんみたいな夫婦になりたくって、婚活をずっと頑張ってたんだ。でもね、もう疲れたの。知らない人とやりとりするのも、初対面の人と話すのも、すごくしんどい。
 
でも、休んだら婚期も遅れるし、子供も産みにくくなってしまうから休むわけにはいかないんだ。どうしたらいいかな?」。このように伝えてみてください。
 
きっと即答で「もうやめとけ」と言われるのではないでしょうか。
 
あたたかいご両親であれば、まず娘のことを心配するでしょうし、「孫の顔が見たいからもうちょっと頑張ってみて」など、口が裂けても言わないはずです。
 
なので、どうしても休むことに抵抗がある場合は、まずご両親に気持ちを打ち明けてみるのは、1つの手だと思いますよ。
 
大切な人から頑張ることを止められたとき、どう感じるか。そのときの気持ちを考えてみてください。そして、大切な人を心配させてまで頑張ることなのかも、同時に考えてみましょう。
  
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏がよくバレバレの嘘をつきます。どうしてですか?
Q.体の相性が良かった元彼が忘れられません
Q.自分なんかが子供を産んでもいいのか、考えてしまいます

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。