突撃取材!婚活男子のリアルな本音を聞いてみた(34歳・経営コンサルタントの場合)

31歳からの恋愛相談室・特別企画「突撃取材!婚活男子のリアルな本音を聞いてみた」:33歳・経営コンサルタントの場合

31歳からの恋愛相談室・特別企画「突撃取材!婚活男子のリアルな本音を聞いてみた」:33歳・経営コンサルタントの場合

SNSで大人気の婚活アカウント・鷹ノ爪リリカさんが、アラサー・アラフォー男性に恋愛・結婚についてインタビュー!婚活中に感じた「男性って一体何を考えているの!?」という疑問やモヤモヤをぶつけまくりながら、一般男性の「リアルな本音」に迫ります。
 
今回インタビューしたのは、たかふみさん(34歳・独身・経営コンサルタント)です。
 
■たかふみさん(仮名)
34歳、独身。某一流企業の経営コンサルタント。身長170センチ。東京都在住。仕立てのいいスーツを着こなす、穏やかな雰囲気の男性。パリピ系ではない。
 
■鷹ノ爪リリカさん
婚活ブロガー・マッチングアプリ芸人。ガチ婚活勢ならではのリアルで鋭いツイートで、婚活女子から圧倒的な支持を得ている。マッチングアプリ「Pairs」いいね総数1万人以上、「東カレデート」女性ランキング1位獲得、マッチングアプリで100人以上とデート経験あり。
 
Twitter:@ririka_rrk
Blog:鷹ノ爪リリカの婚活酷道
 
■編集Y
31歳、独身女性。主にマッチングアプリで婚活中。
 

特別な理由はなく、彼女いない歴5年目に突入 

特別な理由はなく、彼女いない歴5年目に突入 

特別な理由はなく、彼女いない歴5年目に突入 

編集Y:今回は、いわゆるハイスペックな男性のお話が聞きたい!ということで、高学歴・高収入、一流企業勤務の男性に来ていただきました! 33歳、独身、経営コンサルタントのお仕事をなさっている、たかふみさんです。
 
まずは、これまでの恋愛遍歴を簡単に教えてください。
 
たかふみ:高校生から30歳手前までは、ほぼ途切れることなく彼女がいましたね。だいたいみんな、1、2年付き合ったかな。最後の彼女と別れたのは28、29歳のときですね。
 
鷹ノ爪:さすがハイスペ!! モテますね~! 直近5年ほど彼女がいないということで、けっこう間が空いてるけど、何か理由はあるんですか?
 
たかふみ:たしかに、彼女いない歴5年は長いですよね。ただ、これといった理由はないんですよ。普通に、いいなと思った人に告白してフラれたりもしてるし。……あとは、そこそこ遊んだりもしているので(小声)。
 
編集Y:そこは詳しく聞かせてください!
 
たかふみ:遊び相手を見つけているのは、飲み会だったり、仕事関係だったり。あとはマッチングアプリで見つけることも多いですね。
 
鷹ノ爪:出ました、マッチングアプリ!! 何を使っていますか?
 
たかふみ:「ゼクシィ恋結び」とか、「JOIN US」とか。遊び人の友達からは、「きれいで軽い女性がいっぱいいるよ!」ってことで「東カレ」をすすめられたのですが(笑)、まだ使っていません。
 
鷹ノ爪:「東カレ」を登録しなかったのは、なぜ?
 
たかふみ:登録するとき、顔写真の審査があるじゃないですか。あれで落ちたら、つらくなりそうだなって(笑)。あとは某パパ活アプリも使ったことがあります。これも友人にすすめられて。
 
鷹ノ爪:えっ!? パパ活アプリって、40代以上のおじさんが若い子にお金払って遊んでもらうアプリじゃないの!? 恋活・婚活系のマッチングアプリとは方向性が違いすぎません?
 
たかふみ:僕もそう思っていたんですけどね。やってみたら、けっこう簡単にセックスできたんです。もちろん、金銭的なやりとりはなしですよ。スムーズにいけば、夜1軒飲みに行って、夜9時には家に連れ込めますね。
 
おそらくだけど、向こうには「うまくやれば、この人はいいスポンサー or 恋人になってくれるかも」って期待があったんだと思います。
 
編集Y:オエ~~~~~。
 
鷹ノ爪:パパ活アプリって、完全に割り切ってお金だけを求めている女性が多い印象だったけど、意外と簡単にセックスできるんですね。そういう女性とは、しばらく関係が続くものなんですか?
 
たかふみ:人によるんですけど、1回きりもけっこう多いです。わざとそうしている訳じゃなくて、たまたまタイミングが合わなくて疎遠になってしまう、みたいな。あっちに別の人が見つかったのか、返信が来なくなるパターンも多いですね。
 
編集Y:……いわゆるセフレ(セックスフレンド)と疎遠になった理由として、「彼女が次の相手を見つけて離れていった。俺が捨てられたほう」って言う男性、けっこう見かけるんですけど。
 
実際のところ、サクサク男性を渡り歩ける女性ばっかりじゃないと思うんです。むしろ、セフレ関係であることにめちゃくちゃ悩んで、やっとの思いで抜け出す、そういう女性のほうが多い気がします。
 
鷹ノ爪:私のTwitterのフォロワーさんでも、ヤリモクやセフレ止まりで悩んでる子はよく見かけますね。実際、遊び相手から「好き」とか「付き合ってほしい」とかは言われませんでした?
 
たかふみ:それが、ほとんどないんですよね。「彼女作るの面倒くさいキャラ」が見え隠れしているかもしれないけど。
 
編集Y:「見え隠れ」じゃなくて、がっつり「見せていた」んだと思いますよ!!
 

マッチングアプリで本命彼女を作るのはアリ、だけど……

マッチングアプリで本命彼女を作るのはアリ、だけど……

マッチングアプリで本命彼女を作るのはアリ、だけど……

鷹ノ爪:ちなみに、マッチングアプリで本命の彼女を作ること自体はアリですか?
 
たかふみ:アリだと思います。ただ、結婚を前提となると、どうだろう……。親への挨拶とか結婚式とかのシーンで「出会いのきっかけはアプリです」とは言いたくないなあ。
 
そこは濁すこともできるし、濁す必要すらないっていう人も今は多いと思うんですけどね。でも自分は気になっちゃうタイプ。周りにも一定数、いる気がしますね。
 
あくまで「そんな気がする」という話だけど、いわゆるハイスペック男性は、そういうタイプが多いような……。
 
知人の紹介だとか、仕事関係の繋がりだとか、そういう自然な形で出会った女性って、それだけで信頼感があるから、正式なお付き合いにも繋がりやすいと思います。
 
鷹ノ爪:マジか~~~。マッチングアプリで出会いまくってる私からするとこれは痛い。たかふみさんみたいなハイスペと自然な形で出会うには、どこに行けばいいの?
 
たかふみ:ハイスペック男性と付き合いたい女性は、ハイスペックな知り合いに頼み込んで、ホームパーティーにもぐりこんでみては。
 
編集Y:ハイスペ狙いの女性にとっての耳寄り情報、いただきました!
 
鷹ノ爪:では、遊び相手が本命彼女に昇格することは?
 
たかふみ:基本的にはないかな。あ、でも最後に付き合っていた彼女は、セックスが先でしたね。もともと「彼氏がいる、でもうまくいってない」って聞いていて、その上で体の関係を持ったんですよ。その後、彼女が彼氏と別れたと聞いて、付き合うことになったんです。そう考えると、遊び相手が本命彼女になることもあるのかな(笑)。
 
編集Y:それはまた特殊な事例な気がします。彼氏持ちを寝取ってやるぜ!という興奮があったのでは……?
 
たかふみ:そういう意識はなかったかな~。
 
鷹ノ爪:じゃあ単刀直入に聞きます。もしかしてその彼女、めちゃくちゃ可愛かった?
 
たかふみ:ぶっちゃけ、すごく可愛かったですね(笑)。
 
鷹ノ爪:結局自分のタイプだったってことよな~。