夏休みの自由研究工作に割り箸で「ビー玉コースター」を作ろう!

割り箸工作 ビー玉コースター 夏休み自由研究 男の子 高学年

割り箸のレールを通ってビー玉が転がる様子がおもしろい「ビー玉コースター」。男の子だけでなく女の子にもオススメの高学年向け夏休み自由研究工作です。


毎年、夏休みの自由研究工作に何を作るか、子どもも親も悩みどころ。今年は、割り箸を使った工作はいかがでしょうか。自分で考えた設計次第で、おもしろいコースターができる「ビー玉コースター」のご紹介です。小学校高学年向けの工作になります。
 

割り箸工作「ビー玉コースター」の材料

割り箸工作 ビー玉コースターの材料

ビー玉コースターの材料だよ

割り箸、木の板、ペットボトル、カッティングボード、セロハンテープ、定規、鉛筆、木工用ボンド、カッター、ハサミ、グルーガン、コルクステッカー、動眼、ビー玉
 

<動画>割り箸工作「ビー玉コースター」の作り方


割り箸工作「ビー玉コースター」の作り方

■1.はじめに、どんなコースターにしたいか設計してみましょう。設計といっても、自分がわかるものなら簡単な絵でOKです。

設計を考えたら、次はビー玉が通るレールを作ります。ビー玉に合わせてレールの幅を調整してください。割り箸はハサミで刻みを入れると、手で折ってカットできます。切った割り箸の端はギザギザしているので、切り落としておくと危なくないですね。見た目にもきれいです。

レールは、木工用ボンドが完全に乾くまで待ちます。グルーガンは速乾性があるので、調整が必要なレール作りは、木工用ボンドの使用をオススメします。
割り箸工作 ビー玉コースター ビー玉の幅に合わせてレールを作る

ビー玉の幅に合わせて割り箸でレールを作ってね!


■2.コースターの柱は割り箸3本を使います。グルーガンを使って貼り合わせた柱を、木の板に建てていきましょう。この時、柱を貼り付ける場所がずれてしまうと、レールもずれてしまうので、木の板に定規で線を引いてからくっつけるといいですよ。
割り箸工作 ビー玉コースター コースターの柱を建てていく

コースターの柱を建てていくよ


■3.レールからレールへビー玉が移動する時、ビー玉が落ちないように、レールの終点に短い割り箸をつけるといいです。
割り箸工作 ビー玉コースター ビー玉がレールから落ちないようにレールの端に割り箸をつけておく

ビー玉がレールから落ちないように短い工夫してね


■4.ルート途中にペットボトルコーナーを入れると、おもしろくなります。ペットボトルはハサミで切ることができますが、最初はカッターで刻みを入れてから切ると切れやすいですよ。
割り箸工作 ビー玉コースター ペットボトルをハサミで切る

ペットボトルをハサミで切るよ


■5.ペットボトルの上部をひっくり返し、淵2か所を支えている割りばしに固定させます。
割り箸工作 ビー玉コースター 途中のルートにペットボトルを

割り箸のレールにペットボトルを付けるとおもしろくなるね


■6.ビー玉が上手く転がるか、何度も調整しながらコースターを作っていきましょう。

最後にペットボトルに動眼をつけ、コルクステッカーで「GOAL」と貼り付けたら、「ビー玉コースター」ショートバージョンの完成です。
割り箸工作 ビー玉コースター 夏休み自由研究 男の子 高学年

ゴールにペットボトルを利用したビー玉コースターのショートバージョンが完成!


■7.レールをさらにつけていくと、「ビー玉コースター」ロングバージョンになります。
割り箸工作 ビー玉コースター 夏休み自由研究 男の子 高学年

割り箸工作「ビー玉コースター」ロングバージョンの完成!

 

どんな「ビー玉コースター」にするか考えるのも楽しい!

割り箸工作 ビー玉コースター 夏休み自由研究 男の子 高学年

途中のルートにしかけもつけてみるとおもしろいね!

ルートの途中にビー玉を置き、転がってきたビー玉と合流するしかけや、執着地点をペットボトルゴールにするなど、色んなしかけを考えるのもいいですね。自分だけの「ビー玉コースター」を作ってみてください。
 

割り箸工作「ビー玉コースター」を作る時の注意

  1. グルーガンに電源を入れると、グルーガンの先や出てくるボンドが大変熱くなります。やけどに気をつけましょう。
  2. カッターを使う時は、刃を長く出さずに使いましょう。手を切らないように注意してね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。