31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は島田佳奈さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「島田佳奈さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■島田佳奈さんプロフィール
今回の回答者:島田佳奈さん

今回の回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー!奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

All Aboutガイドページ
twitter:@shimadakana
 

お悩み:不倫中です。別れたいと思いつつ、やはり好きで別れられません

お悩み:不倫中です。別れたいと思いつつ、やはり好きで別れられません

お悩み:不倫中です。別れたいと思いつつ、やはり好きで別れられません

■白湯さん(34歳・イベント企画)のお悩み
私はここ4、5年、正式な彼氏がいません。好きになる人はたくさんいたのですが、最近では、そのほとんどが既婚者でした。

その理由としては、仕事上、年上の既婚男性と知り合うことが多い、というのもあると思います。みんな余裕があって仕事もバリバリこなしていて、とてもかっこいいと思ってしまうのです。

もう不倫はやめないと……と思っていた矢先、また10歳年上の、とある男性と出会ってしまいました。

最初は、彼のことは「ない」と思っていました。でも一緒に仕事をしていくうちに、本当に頼りになるし、一緒にいて楽しいしで、いつのまにか好きになっていました。彼に対して、今まで感じたことがないような安心感と愛おしさを覚えており、この人と結婚したいと思っています。

今は、本当に家族のように付き合っていて、とても自然です。苦しいといろんな人に相談してしまうタイプですが、今はそんな感情がないくらい、彼といるのが自然だなと感じます。

ちなみに、彼には高校生の娘さんが2人います。見聞きする限り、彼とはとても仲が良いようで、そんなところも好きです。

彼からは「前々から、妻とは別れたいという話もしたことがある」と聞いてもいるので、できれば彼が独身になってから、改めて付き合いたいというのが本音です。

でも、それだと略奪婚になってしまうし、狭い地元の中では、幸せに暮らすこともできないと思います。

何年も経って、結局結婚もできずに、どんどん歳をとっていくのは嫌です。それなら、別れたいんです。でも別れられないんです。連絡を取ってしまうんです。すごく楽しいんです。

私が切り出さない限り、別れることにならないのはわかっています。どうするのが、2人にとっていい選択なんでしょうか。アドバイスいただけると幸いです。
 

アドバイス1:不倫中、主導権を握るのはあなたであるべき

アドバイス1:不倫中、主導権を握るのはあなたであるべき

アドバイス1:不倫中、主導権を握るのはあなたであるべき

現状、結局は相手の気持ち次第ということですよね。それはつまり、相手に主導権を渡しているということ。その状態では、悩みが尽きないでしょう。

不倫をするなら(不倫を推奨するわけではありませんので念のため)、主導権はあなたが握るべきです。「彼がどうしたいか」ではなく「私がどうしたいか」をしっかり考えてください。自分の考えがないまま流されては、幸せが遠のいてしまいますよ。
 

アドバイス2:「すべてが丸く収まるルート」はないと覚悟して

彼との居心地の良さから「これまで出逢った男性とは違う」、「彼は私のことをとても大切にしてくれている」と感じるかもしれません。

しかしながら、お話を伺う限り、彼は「クズ」です。考えてみてください。彼の娘がよその男と不倫をしたら、彼は絶対に許さないのではないでしょうか。

彼はただ、娘にも、あなたにも好かれたいだけ。広い意味での「女好き」だなという印象です。

そういう男性でも一緒にいたいなら、「私は究極の愛人として生きていきます」と腹をくくるか、奥さんから奪うかしかありません。完全に、二択です。「誰のことも傷つけず、すべてが丸く収まるルート」なんて存在しません。

世の中には、すべてを敵に回してでも、既婚彼と略奪愛を成就させるルートを選ぶ女性もいます。でも、それをやって幸せになっている人は、ほんの数%。あとはたいてい、途中でお別れしています。

略奪愛を叶えて幸せになった女性は、奥さんが発狂するなど、たいへんな修羅場を乗り越えています。それでも心折れることなく、罪悪感に飲み込まれることなく、最後まで主導権を握り続ける強さがあるのです。

とある女性は、「慰謝料は私が持つから離婚して」とたたみかけたとか。白湯さんには、そのくらいの覚悟がありますか?
 

アドバイス3:彼にどれだけの価値があるか、再考を

「それでも、自分達だけはうまくいくのでは」と信じたい気持ちもあるかもしれませんね。

でもね。キツいことを言うようですが、そういった甘い考えは捨ててください。

今はまず、彼があなたの人生にとって本当に必要な人かどうかを考えること。彼と一緒になるなら、たとえば「地元で白い目で見られ続ける、あるいはすべてを捨てて引っ越す」「彼の妻と娘を悲しませる」といったことは避けられません。

そこまでして一緒になりたいと思うほど、彼はいい男でしょうか。「はい」と即答できないようなら、適当なところで卒業したほうが、あなたの人生のためだと思いますよ。

覚悟を決めてください。幸せになるために。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼女がいる人を好きになってしまいました。諦めるべきですか?
Q.彼氏に対して、自分の意見を素直に伝えることができません
Q.社内不倫をしていた彼氏と別れたものの、日々気まずいです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。