31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:彼女がいるのに「モテたい」と張り切る彼氏の気持ちがわかりません

お悩み:彼女がいるのに「モテたい」と張り切る彼氏の気持ちがわかりません

お悩み:彼女がいるのに「モテたい」と張り切る彼氏の気持ちがわかりません

■芽衣さん(30歳、飲食店勤務)のお悩み
彼氏が最近、眼鏡からコンタクトにしました。付き合って半年間、ずっと眼鏡だったので、なんで突然変えたの?と聞いたら「そのほうがモテそうだなと思って(笑)」と言われました。
 
彼女の前で「モテたい」っておかしいでしょ、と怒ったら「別に浮気する気はないけど、芽衣以外からもモテるくらい、かっこよくなりたいんだよ」となだめられました。
 
そのときはひとまず納得しましたが、その後もときどき「モテ」を意識した発言が増えてきていて、気になります。「職場に新入社員の女子がたくさん配属されたから、体を鍛えようかな」とか、「同窓会にキメて行ったら、告白されちゃったりして」とか、聞いていて気分が良くないです。
 
男性は、彼女がいてもモテたくてしかたないものなのでしょうか。私は、彼から好かれていればそれでよく、逆にどうでもいい人から好かれたら迷惑なくらいです。
 
彼女の前でも「モテたい」と言う男性の心理を解説していただきたいです。
 

アドバイス1:彼の「モテたい」と「浮気する気はない」は、彼の中では共存する本音

アドバイス1:彼の「モテたい」と「浮気する気はない」は、彼の中では共存する本音

アドバイス1:彼の「モテたい」と「浮気する気はない」は、彼の中では共存する本音

彼のモテたい発言は、聞くたびに複雑な気持ちになられたでしょうし、むしろ傷つかれているのではないでしょうか。男性だって、自分の大好きな彼女が同じことを言っていたらいい気はしません。
 
ただ、彼女がいるのに「モテたい」という男性心理について、個人的には正直、わからなくもないです。
 
ただ、あくまでも僕の場合は「かっこいい自分でいたい」というだけで、「女性にチヤホヤされたい」というわけではありません。それに、モテないよりはモテたほうがいいと思うだけで、どちらかというと、モテたいのではなくて、「好きな自分でいたい」という感じですね。
 
ただ、彼の場合はどうも違うようです。明らかに発言が女性モテを意識しているので、「かっこよくなりたい」という気持ちは本当だと思うのですが、モテたいという気持ちのほうが強いのではないでしょうか。
 
「別に浮気する気はない」という気持ちも、今のところは本当だと思います。
 

アドバイス2:彼は今「自分がどこまでモテられるか」を試したい時期なのでは

じゃあなぜ、芽衣さんという彼女がいるのに、彼がモテたい発言をするのか?
 
それはおそらく、今まで女性にチヤホヤされた経験が少なかったところに、自分の可能性に気づいてしまったからではないかと思います。
 
どういうことかというと、今まで異性にチヤホヤされた経験が少ない人は、モテるという経験をあまりしてこなかったので、「自分だってチヤホヤされてみたい」という願望を抱えている人が多いです。だから、キャバクラやホストクラブがなくならないのです。
 
もちろん、昔からそれほど異性に興味がないという人もいるので個人差はあるのですが、人並みに興味がある人だと、チヤホヤされたいという願望を抱えやすいですね。
 
そういう人が、「あれ?もしかしてこんなふうに自分を変えたら、ちょっとはモテるんじゃね?」と気づくときがあるんですよ。
 
これは、自分で気づくケースと、誰かに触発されたケースで二分化されます。
 
実際にそれを実践して、学校や職場などで異性から「絶対そっちのほうがいいよ!」なんて言われたりしたら、今までチヤホヤされた経験が少ない人は、それはもう快感なんです。
 
多くの場合、モテる人、モテない人の差って、「どうせ自分は」と自己卑下せずに、己の可能性を見出して実践し、その姿を異性に肯定されて、そこから「もっとモテてみたい」と火がつくかどうかなんですよね。
 
その対象が、個人になるか集団になるかは人それぞれ違うのですが、芽衣さんのように好きな人にだけモテたいという人もいれば、できる限り大勢の異性にモテたいという人もいます。
 
彼はどうやら後者のようですが、できる限り大勢の異性にモテたい人って、自分の可能性を試したい人が多いような気がします。
 
つまり、「どこまで自分がモテるか?」を試したいんですね。
 
ちなみに、10代20代前半のときはそこそこモテていたけど、仕事で忙しくなって自分を磨くことが疎かになった人は、分かりやすくモテなくなっていくので、こういう人の場合は、「チヤホヤされていた自分をもう一度味わいたい」という願望を抱えていることがよくあります。
 
そこで、「もうそんな歳じゃないしなあ」と諦めるか、「もういっちょ気合い入れてみるか」となるかは人それぞれです。
 
ちなみに、無駄に自己評価が高い人だと、モテなくなったという事実を認められず、若いときの自分がいまだに維持できていると錯覚している場合も結構多いですね。
 
もちろん彼は、学生時代はモテていて、男を磨くことが疎かになっていたタイプである可能性もありますが、僕の見解では、昔からチヤホヤされた経験が少ないんじゃないかなと思うんですよ。
 
なぜなら、彼の発言は「今まであまりモテたことがない人」の言葉であり、「これからモテようとする人」の態度だからです。
 
今も昔も変わらずモテている人は、異性からチヤホヤされるのが当たり前の日常になっているので、モテることを特別視してないんですよね。
 
そういう人は、「モテたい」じゃなくて、「まあモテるしなあ」と思っています。
 

アドバイス3:彼は単にデリカシーがないだけの可能性大

アドバイス3:彼は単にデリカシーがないだけの可能性大

アドバイス3:彼は単にデリカシーがないだけの可能性大

彼の発言を聞いていると、芽衣さんにヤキモチを妬かせたいのでは?という見方もありますが、どちらかというと、自分の願望がそのまま口に出てしまっただけではないかとお見受けします。
 
だって、ただヤキモチを妬かせたいだけなら、「モテたい」と口で言うだけにとどまっているでしょうし、実際に眼鏡からコンタクトに変えるという行動には移してないはずだからです。
 
それに、人間って面白いもので、その人の願望は本人が意識していなくても、会話や文章にワードとして多く現れるんですよ。彼の場合は、「モテたい」がそれに当てはまりますね。
 
以上のことを踏まえて、はっきり言ってしまい申し訳ありませんが、彼のモテたい発言は、ヤキモチを妬かせたいのではなく、ただデリカシーがないだけなんだと思います。
 
でも本人は、「芽衣とは付き合ってるんだし、彼氏が他の子にモテるほうがよくない?モテない彼氏よりモテる彼氏のほうがいいっしょ」ぐらいの感覚で、自分を正当化している可能性が高いのですが、彼女を無神経発言で傷つけているという自覚がないんでしょうね。
 
なので、彼の心理というよりか、ただモテたいだけで他のことは何も考えてないのではないでしょうか。
 

アドバイス4:彼に悪気がないからこそ、不快感は根気よく伝えていったほうがいい

ですが、彼からモテたい発言をされるたびに、芽衣さんは嫌な思いをするわけじゃないですか。
 
もし、限界を迎えておられるのであれば、これはもうはっきり言ったほうがいいですね。
 
「あなたが他の女性にモテたいって言うたびに、実はすごく傷ついてるし、悲しい。
 
浮気するつもりはないって言うけど、私からしたら、『なんで彼女がいるのに、そんな無神経なこと言うの?』って思うし、どれだけ違うって言われても浮気したいのかなって思ってしまう。
 
はっきり言うけど、そういうこと付き合ってる女性に言うの、すごくデリカシーがないと思うよ。だから、もう私の前でそういうしをするのはやめて。
 
実はこの話を切り出す前に、『実際に浮気しようとしてるわけじゃないし、私の心が狭いのかな?』とかいろいろ考えたし、すごく悩んだんだけど、どうしても無理だった。
 
わかってあげたいけど、それだけはわかってあげられないから、本当にごめん」というように。
 
ここで、彼が「モテたいって言うぐらいいいだろ!許せよ!」などと言ってきたら、「だから今までモテへんかったんやで?」と思いますし、彼女が切実に訴えていることに対して聞き入れてくれない男性は、歩み寄るつもりもないし、人の気持ちがわからないんだと思います。
 
とはいえ、相手に理解してほしいことがあって、それを受け取ってもらえない場合、どうしてもわかってほしいなら何度も訴えかける根気も必要です。現実問題として、一度話しただけで理解してくれる人は少ないからです。
 
デリカシーがない人って何の悪気もないので、言わないとわからないし直らないという点もお忘れなく。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏と別れるか迷い中。なかなか決断できません
Q.男性は浮気する生き物だと、諦めるしかないのでしょうか?
Q.恋愛経験ゼロ。職場でも「扱いづらいおばさん」になっている気がします

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。