31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は島田佳奈さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「島田佳奈さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■島田佳奈さんプロフィール
今回の回答者:島田佳奈さん

今回の回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー!奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

All Aboutガイドページ
twitter:@shimadakana
 

お悩み:恋愛テクニックが通用しない、独身貴族な男性に片思いしています

お悩み:恋愛テクニックが通用しない、独身貴族な男性に片思いしています

お悩み:恋愛テクニックが通用しない、独身貴族な男性に片思いしています

■はるかさん(38歳・一般事務)のお悩み
同僚の独身男性(一回り年上、結婚歴なし)を好きになりました。立場もあり、忙しい人です。顔を合わすのは月1回くらいですが、1年くらい前に気になり始めました。

職場での彼の評判は「優しい、真面目、正直、女っ気ないけど押せばいけそう、風俗好き、草食、こじらせ、私生活は謎」という感じです。私も、恋愛テクニックがまったく通用しない、ザ・独身貴族だなと感じています。

2人で飲みに誘ったことは、3回あります。1回目は日にちが決まらないまま半年が経過。2回目は日程が決まったものの、向こうの仕事の都合でドタキャン。その後なんのフォローもなかったのですが、さらに3カ月後に「今日どうですか?」と誘ってみて、ようやくデートできました。

デート中は、いっぱい笑って、いっぱい話しました。喫煙者なのに、3時間半で一度もタバコを吸いに出て行かなかったので、話に夢中になってくれたのかなと嬉しくなったことを覚えています。彼は正直だから、私に気を使ったのではないと思います(笑)。

時間をかけて、少しずつ距離を縮めたほうがいいのかと思う一方、意識してもらうためにいったん告白してもいいのかなとも思います。

こういう、ちょっと変わった男性へのアプローチ方法について、アドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:告白はまだ先。今したら引かれてしまうかも

 
アドバイス1:告白はまだ先。今したら引かれてしまうかも

アドバイス1:告白はまだ先。今したら引かれてしまうかも

ある程度年を重ねている未婚男性には、大きく分けると2タイプいます。「そもそも結婚に向いていないタイプ」と、「いつまでも落ち着きたくないタイプ」です。

はるかさんが気になっている男性は、後者のパターン、つまり「いつまでも落ち着きたくないタイプ」のように思えます。

というのも、彼の年齢でまだ風俗に行くということは、性欲も強く、リアルの女性と接したい気持ちはあるということ。彼は今、女っ気がないそうですが、風俗やキャバクラなど、お金を出してその場を楽しむという状態に満足している可能性があります。

そう考えると、今のところはまだ、告白しないほうがいいのではないでしょうか。下手をすると、一気に引いてしまいかねません。

はるかさんは「デート中、一度もタバコを吸いに出ていかなかった」ことをポジティブに受け止めてらっしゃいますね。もちろん、楽しかったことは間違いないと思いますが、それと好意があるかどうかは別の話です。
 

アドバイス2:彼への好きは、本当の「好き」?興味本位の「好き」?

ご相談文を拝読して不思議に思ったのが、最後に会ってたくさん話したときに、深い話はできなかったのか、ということです。

「好き」という気持ちがあると、「相手を知りたい!」と強く思うもの。やっとつかんだデートの機会とあれば、自然ともっと、プライベートについてあれこれ質問してしまうものではないでしょうか。

もしそういう話はせずに、軽めの話しかしなかったということであれば、もしかすると、彼のことを「落としたい」だけの可能性もあるように思います。

というのも、ポジティブな女性ほど、落とすのが難しそうな男性に対し、「私が落としてみせる!」という思いで進んでしまうことがあるんです。

はるかさんの「好き」は、どういう質の「好き」でしょうか。いったん、自問自答してみてください。
 

アドバイス3:彼と会話して、今後の「ヒント」を探ぐってみて

自問自答したうえで、「やっぱり好き!」となったなら、次は彼との「深い」会話を心がけましょう。

女性の好みや、過去の嫌だったエピソードをヒアリングすれば、やってはいけないこと、やったほうがいいことなどを分析できるでしょう。インタビューをすれば、そういうヒントは絶対に出てくるはずです。

それと、3回飲みに誘ってやっと来てくれたとのこと。もしかしたら、飲むのがそんなに好きではない可能性もあります。今度はお酒以外のことで誘ってみると、案外サクッとOKしてくれるかもしれませんよ。

たとえば、彼が野球好きなら、自分は興味がなくても、野球観戦に誘ってみるのです。彼の「好き」に付き合って、彼に「好き」を語ってもらう。自分の好きな相手が、熱く語るのを聞くのは楽しいものです。

次はぜひ、ヒアリング結果をもとに、彼が誘いに乗りやすい内容でデートに誘ってみてくださいね。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.人を好きになるってどういうこと?わからなくなってしまいました
Q.彼女と同棲している男性を略奪したいです
Q.彼氏に対して、自分の意見を素直に伝えることができません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。