【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。
※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:人を好きになるってどういうこと?恋愛の仕方がわかりません

お悩み:人を好きになるってどういうこと?恋愛の仕方がわかりません

お悩み:人を好きになるってどういうこと?恋愛の仕方がわかりません

■レモンさん(30歳・営業)のお悩み
最後に付き合った彼氏から7年、彼氏がいません。
 
その間、何もなかった訳ではありません。遊びで関わっていた男性はいます。世間的には良くないことですが、不倫を楽しんでいたこともあります。でもいつからか、やはりちゃんとした彼氏を作って結婚したいと思うようになりました。そのため最近は、婚活を頑張っています。
 
でも、すっかり恋愛の仕方を忘れているようで、「人の何を好きになったらいいの?」「人を好きになるってどういうこと?」というところでつまずいています。
 
たとえば飲み会に誘われたら行くものの、なんとなく「楽しいな~」で終わってしまうことばかり。特別、誰かをいいなと思うことがありません。気持ちが動かないのです。
 
人を好きになるとはどういうことか、どうしたら恋愛スイッチが入るのか……。何かアドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:恋愛感情の正体は「性欲 × ないものねだり」

アドバイス1:恋愛感情の正体は「性欲 × ないものねだり」

アドバイス1:恋愛感情の正体は「性欲 × ないものねだり」

恋愛感情って、何をされたら好きになるとか、何をしたら好きになってもらえるというものではないんです。なぜなら、理性ではなく、本能的なものだからなんですね。
 
そして、ひどく夢がない話ですが、恋愛感情は「性欲」と「ないものねだり」の掛け合わせによって生まれるものです。
 
「顔がタイプ」「声が素敵」「雰囲気が好み」と思うのは、実は「性欲」に分類されまして、性的魅力を感じない相手に心がときめかないのは、そのためなんです。
 
「ないものねだり」はとは、つまり「自分がもっと○○だったらなあ」と欲しているもの。
 
たとえば、「もっと自分に自信があったら」「もっと言いたいことを言えたら」と思っている女性が、自信満々な男性や、発言力がある男性に惹かれるのはそのためです。内面的に足りないと思っているものを持っている人間に、人は魅力を感じます。
 
要約すると、恋愛感情は、性的魅力を感じて、自分にないものを持っている異性に対し、「わー、この人に承認された自分は完全体になれるだろうから、さぞ気持ちがいいだろうなあ」という思いから起こるということです。
 
なので、レモンさんの恋愛スイッチが入らないのは、性的魅力を感じるような男性が周囲にいないか、もしくは7年の間に人間力が高まって、ないものねだりをしなくなったからではないでしょうか。
 

アドバイス2:「恋愛感情を持たなければ」ともがく意味はない

僕自身の見解としては、大人になればなるほど、恋愛感情から入る恋愛はある意味危険だと思っています。なぜなら、「好きになった人=自分に合う人」ではないからです。
 
まず「性欲」だけで相手を見ていると、性格やフィーリングが合うかどうかに意識がいかなくなります。
 
次に「ないものねだり」について、そもそも、自分にないものを持っている人が、足りないものを穴埋めしてくれるとは限らないんですよ。

だから、むりやり好きになれる人を探す必要はないわけです。というか、そうしたところで見つからないでしょう。恋は「落ちる」ものですからね。
 
結婚も同じく、しようと思ってするものではありません。結婚は家を買うのと同じ、人生の一大イベントなので、「この人と結婚したい」と思える異性とでないと、続かないからです。
 

アドバイス3:彼氏=友達になれる・性的魅力を感じる・尊敬できる人がベスト

いつか恋愛、結婚をしたいと思うなら、次にお話することをよく覚えておいてください。
 
まず、自分に合う人とはどういう人かというと、「友達」になれる人です。良きパートナーは、ときに親友や親兄弟の役割をしてくれます。
 
逆に、友達になれないような異性をパートナーに選んでも、うまくいくわけがありません。なぜなら、恋愛はただの人間関係の延長線でしかないから。
 
友達になれないタイプというのは、できないだけの理由が存在します。たとえば「人間性に難がありすぎる」「ことごとく会話が噛み合わない」「不義理や不誠実なことばかりされる」というようなマイナス点です。そういう性質を持っている人と交際しても、うまくいかないのは当たり前なんですよね。
 
ただ、いくら友達になれるような男性を見つけたとしても、その相手に性欲を感じなかったら、ただの友達止まりになってしまいます。
 
よく、「私のことを一番に考えてくれて、優しいし、誠実な人なんだけど、なぜか心がときめかない」と言う女性がいますが、これは、その男性に対して性的魅力を感じていないのが原因です。
 
なので、「友達になれる」「性的対象として見ることができる」という2点をクリアしている男性と交際することができれば、その人と良い恋愛関係を築ける可能性が格段に上がります。
 
また「人の何を好きになったらいいの?」という疑問について、答えは「相手の尊敬できるポイント」です。人としてリスペクトできる部分があるかどうかも、恋愛においてはかなり重要になります。
 

アドバイス4:自分の本心がどこにあるのか、よく考えてみて

最後に一番重要なことをお話しますね。レモンさんはどうして彼氏がほしくて、なぜ結婚がしたいのでしょうか? ここを、よく考えてみてください。
 
「周りの友達は彼氏がいるから」「みんな結婚しているから」というような答えが出たのであれば、厳しいようですが、それは周囲に流されていることになります。レモンさんの本当の気持ちは、違うところにあるのではないでしょうか。
 
本当の気持ちが、別に彼氏がほしいわけじゃない、別に結婚したいわけじゃない、ということであれば、それでかまわないと思いますよ。
 
僕は仕事上、恋愛相談をクライアントさんから受けることが多いですが、「恋愛しましょう」「結婚しましょう」と言ったことは、今までに一度もありません。
 
なぜなら、恋愛したから、結婚したからといって、幸せになれるとは限らないですし、したくないことや気が乗らないことを無理にしても、いい結果になることはないからです。
 
逆に、本当の気持ちが恋愛や結婚に向けて前向きなのであれば、これまでと出会い方自体を変えてみてはいかがでしょうか。
 
実は、アプリや婚活パーティ、結婚相談所以外の場所で良い人に出会ったという女性はすごく多いんですよ。出会い方としては、一人飲み、趣味のサークルやオフ会、異業種交流会などがおすすめです。
 
とはいえ、恋愛スイッチが入らないということであれば、恋愛に対してのモチベーションが低い可能性があります。前述したように、それが本当にしたいことなのかどうかを、一度よく考えてみてくださいね。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「付き合う前に体の関係を持つと付き合えない」という説は本当ですか?
Q.ブスでもモテる女性って、いったい何がすごいのでしょうか
Q.好みの男性からは好かれず、苦手な男性にばかり好かれます

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。