奥からミニきゅうり、加賀太きゅうり、きゅうりです

奥からミニきゅうり、加賀太きゅうり、きゅうりです


曲がっていたって、きゅうりのおいしさに変わりはありません!そう、冴えわたった緑と鋭いトゲこそが、新鮮なきゅうりの証です。パキッと丸ごと噛もうものなら、口の中にみずみずしさが広がることでしょう。今回はヘルシーな夏の味覚、きゅうりを紹介します。

きゅうりの栄養

成分の9割以上が水分のきゅうり。カリウムが多く含まれているほか、カロテンとビタミンB群が少々含まれているくらいです。栄養補給には物足りないと言いたいところですが、夏に食べるとうれしい働きがあるのはご存知ですか。

きゅうりは体に貯まった熱を追い払ってくれる働きがあります。また、豊富なカリウムと水分が利尿効果を発揮して、むくみやだるさの解消に一役買ってくれます。まさに暑苦しくて、体がシャキッとしない夏にぴったりの野菜です!

また、きゅうりにはビタミンCを壊してしまうアスコルビナーゼと呼ばれる酵素が含まれています。酢がアスコルビナーゼの働きを抑えてくれるので、サラダなどの生野菜メニューできゅうりを食べるときは、ぜひ酢を使ったドレッシングで食べてみてください!

きゅうりの選び方

よいきゅうりの選び方
このイボイボがポイントです
  • 触ると痛いほどイボが張っており、ハリのあるもの。ハリがないと、スが入っている可能性が高いです
  • 濃い緑色で、太さが均一のもの
  • 曲がっていても、味に変わりはありません。多少の曲がりは気にせず、むしろ安くて、おいしいと思えば、お得です


きゅうりの保存方法

きゅうりの保存
ビニール袋は密封しすぎないのがポイントです
  • 冷やしすぎると、ビタミンCが減少し、苦みが増すので、冷やしすぎに気をつける必要があります。5度以下だと、溶けることもあります
  • 夏場は、ビニール袋に入れて、野菜室で保存します。4~5日もちます
  • 冬場は、乾燥しないよう、ビニール袋に入れて風通しのよい場所で保存します



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。