2020年は、2019年以上に良い1年にしたいものです。そこで今回、数秘&カラーに基づき、2020年に開運&金運アップが期待できる場所を紹介したいと思います。
 

どんな意味を持つ1年になる?

2020年は数秘&カラーで「4」の年であり、ラッキーカラーは緑色・グリーンです。「4」と緑色・グリーンが持つ意味は、堅実、まじめ、誠意、慎重、コンサバティブ、伝統を受け継ぐ等です。

簡単にいえば、品行方正で石橋を叩いて渡るようなイメージです。その他にも、仲間と繋がることの意味も持っています。キーワードは「堅実」「コツコツと積み上げる」等です。
 

ラッキープレイスは伝統的、由緒正しい場所

2020年のラッキープレイスは、伝統を重んじるような重厚感のある場所や由緒正しい場所。神社仏閣や美術館、博物館、伝統行事に参加するなど。自然豊かな場所もラッキープレイスになります。

出かけるというと、レジャーや旅行をイメージする人も多いのですが、2020年は自分の伝統・ルーツを感じることのできるお墓参りに行くことや、故郷へ帰るのもおすすめです。
2020年のラッキープレイス

美術館や博物館は、2020年のラッキープレイス。作者の思いを受け止め、その時代へ思いを馳せてみて

また、古都もラッキープレイスになりますので、京都や奈良、鎌倉等を散策しながら、その街の自然や氣を感じ取ってみるのもよいでしょう。

とても手堅いイメージの2020年ですが、自然に触れる機会を増やすことで、ツキがアップしていきます。出かけて何かをするというよりも、自然を感じることが大切な1年です。もちろん、アクティブにアウトドアのイベントを楽しんでもOKですが、海よりも山がおすすめです。

2020年は五輪が開催されます。まさに伝統があり、由緒正しいイベントのひとつ。直接、観戦に出かけてもよいですし、テレビで観戦するのもよいですよ。
 

ツキを逃さないために気をつけたいこと

「4」が持つ方位は東西南北の全てです。そのため、2020年はどの方位へ出向いてもよいことになります。とはいえ、どこでもよいというのは、どこへ行っても大して変わりがないことも意味します。大切なのはそこへ出向いて何をするのかということ。どこかへ出かけたら、自分を癒すための時間を取ることも忘れずに!

また「4」は仲間意識が強く表れるとき。仲間を大切にすることは大変よいことなのですが、ときにはガードが固すぎて、新たな仲間を受け入れできないような頑固なスタンスを持ってしまうことも……。コンサバティブなことは重要ですが、ガードはほどほどにして、新たな出会いにも目を向けてみてくださいね。


【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。