今回はこんな質問が届きました
「20代と40代ではスキンケアを変えたほうがいいですか?」

Q. 以前より毛穴が目立つような気がします。20代の頃からスキンケアはあまり変えていなくて、化粧水と乳液かクリームを使っています。やはり毛穴が気になり始めたらスキンケアを変えたほうがいいのでしょうか?(40代・会社員)

 
気になる毛穴、スキンケアを変えるとしたら?

気になる毛穴、スキンケアを変えるとしたら?

A. 年齢とともに肌は変化しているので、スキンケアも変えよう

はい、変えたほうがいいです! 年齢とともに肌は確実に変わりますから。40代前後ともなると、大きな変化が感じられる人と、そうでもない人もいますけどね。ご自身が「毛穴が目立つような気がする」と感じるのであれば、気のせいではありませんよ。肌は変化しているんです。

今、気づけただけでも偉い! 気づくのが早ければお手入れも早く対応できますからね。何となく肌の変化を感じてはいても、今まで通りのお手入れで済ませてしまったり、何を変えればいいのか分からずそのままという方も多いみたいだから。

よく聞かれるのが「40代だから40代向けのアイテムを使わなきゃダメですか?」というご質問。もちろん保湿効果の高いものや小ジワやたるみケアを強化したものが多いのでいいのですが、必ずしも使わなきゃダメってことはありません。私のおすすめは、今のスキンケアに少しずつ追加、変更をしてバージョンアップをすること。特におすすめは美容液!
 

毛穴も年齢で原因やお手入れ方法が違う

頬やほうれい線周辺を上に引っ張って目立たなくなったら「開き毛穴」

頬やほうれい線周辺を上に引っ張って目立たなくなったら「開き毛穴」

ちなみに、今回のお悩みは毛穴。毛穴も年齢によって原因、お手入れ方法が違ってきます。20代前後は皮脂の影響が大きくて鼻の角栓などにできる「詰まり毛穴」。40代前後から増えるのは、加齢によるたるみが原因で目立ってくる「開き毛穴」。特に頬周辺に見られ、まん丸ではなく“涙型”。オレンジスキンとも言われ頬やほうれい線周辺に多く見られます。見分け方としては、頬やほうれい線周辺を上に引っ張って目立たなくなったら「開き毛穴」。これらがあると、がぜん老けて見えるので対策が必要です。

さてさて。毛嫌いされる毛穴ですが、なくてはならない大切なもの。朝も夜も私達が寝ている間も汗腺や皮脂腺とつながって、汗で体温を調整してくれるし、皮脂を出して肌を守るバリア機能も果たしてくれる。でもその存在が肌質、季節、特に年齢によっては目立ってきてしまうのです。
 

「詰まり毛穴」にも「開き毛穴」にもビタミンCがおすすめ

「詰まり毛穴」の場合は洗顔やクレンジングで汚れや詰まった皮脂を落とすというのが基本のお手入れ。これを踏まえても、「詰まり毛穴」にも「開き毛穴」にもおすすめなのが「オバジCシリーズ」の美容液。

オバジCは取り扱いが難しいと言われる高濃度ビタミンCを美容液に配合したビタミンC美容液のパイオニアです。もともと高濃度ビタミンCの効果は、私自身、海外のエステで体感していたのでこの「オバジC」シリーズが日本で発売されたときすぐに試したんですが、やっぱりよかった! 「オバジC」はビタミンCやEなど配合率によってラインナップが5~25までありますが、まず初めてトライするなら「C5セラム」。キメ、肌のざらつき、毛穴、透明感のなさが気になる方、さらに毛穴が気になってるって方なら「C10セラム」を。

数字が高ければいいというわけではなく、ご自身の肌状態にあったものをチョイスするのがベスト。肌質や肌のバリア機能が低下しているときには、つけたときに少しピリピリすることもあります。ちなみに超大人の私は毛穴だけでなく年齢と共に気になるハリやくすみなど、多角的にアプローチして肌を潤わせてくれる新発売の「C25セラム ネオ」を愛用中。

美容液を使って肌の調子がよさそうなら、そのシリーズの化粧水やクリームなどにするのもいいですね。もちろん、「オバジC」以外にも毛穴が気になる人向けのアイテムはほかにもたくさん出ています。毛穴はなくてはならないものだけど、放置しておいていいことなし。自分の肌変化に気づいたときがお手入れの変えどき。ピンときたら早めのケアを始めましょう!
 

山本浩未さんのおすすめ商品

 
オバジC25セラム ネオ/ロート製薬

オバジC25セラム ネオ/ロート製薬

肌のキメを整え毛穴が目立たない目を見張る透明感のある肌へ
オバジ史上、最高濃度のビタミンCを配。毛穴、くすみ、乾燥小じわ、ハリやキメなど大人の5大肌悩みにアプローチ。ニキビ肌やニキビ跡などにも。とろみのあるテクスチャーで、爽やかなエンリッチドグレープフルーツの香り。4~5滴化粧水の後に使用。オバジC25セラム ネオ(12mL)/1万円(税抜)/ロート製薬
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。