怖いニュースや暗いニュースで不安に……報道が原因で起こる精神的な症状も

事件・事故のニュースで不安に

震災や事件・事故のニュースで強いショックを受けて、心が不安定に……。情報と距離を置くことも時には大切です


痛ましい事件や事故などのニュースを見ることで、不安な気持ちになってしまうことは、誰でも少なからずあるものです。私は首都圏で生活していますが、東日本大震災後の毎日の余震が続く中、カウンセリングの場で震災による不安を抱える方の悩みにいくつも対応しました。

当時は、首都圏で直接大きな被害を受けたわけではないのに、いつ地震が来るかと心配で眠れず不眠症になってしまった方、ニュースを見て震災の不安で頭がいっぱいになり、いつものような日常生活が送れなくなってしまった方もいらっしゃいました。また、強い不安から、地震ではないのに揺れているような感覚を覚える「地震酔い」の状態になり、耳鼻咽喉科や心療内科に通われた方もいました。
 
現在のカウンセリングの場でも、無差別殺人事件や痛ましい事故の報道などを見て「自分もいつか被害者になるのではないか」という不安に襲われ、精神的につらくなってしまったという方にもしばしばお会いします。「被害者になるのではないか」と感じる方の多くは、人一倍デリケートで、外の出来事や人の気持ちに敏感に反応しやすく、深刻に考えてしまう方です。自分でコントロールできない不安に飲まれるというのは、つらいものです。
 

怖いニュースで精神的に不安定に……不眠や吐き気などの症状も

人には、悲惨な話を聞いたり、事件・事故などのニュースを見たりすることで、それが他人ごとではなく、自分の身にも起こりうることだと受け止めてしまうことがあります。これが過剰になってしまうと、現実に自分の身に生じていることではないのに、それがいつ起こるか分からないという不安が高まり、つらくなってしまうことがあります。

特にテレビのニュースなどの動画では、事件や事故の現場のリアルな映像や画像を見ることになります。映像であれ、悲惨な状況を自分の目で見ることで交感神経系が過剰に反応し、まるで戦闘態勢にあるかのような緊張状態に置かれます。この状態が続くことで、不眠やめまい、動悸、吐き気、胃痛などの症状が生じて苦しくなってしまうこともあります。
 

事件や事故の報道で不安が強いときの対処法

震災でも事件・事故でも、起こりうることを想定して備えることは大切ですが、日常生活がままならないほど、やみくもに不安になってしまうのは、決してよいことではありません。

情報だけで心が不安定になってしまったと感じたら、まずは不安になるようなニュースや映像、画像から一旦離れましょう。「情報断食」をすることです。スマホがあると常に情報を検索してしまい、さらに悲惨な情報を得てしまうことにつながりますので、スマホはしばらく誰かに預かってもらうことがベストです。テレビもニュースを見ないようにします。
 
眠れない、食事が取れない、不安で仕方がないという症状が強い場合には、早めに心療内科へ。こうした症状は、服薬で落ち着くことが多いです。そして、気が向くならどこか落ち着く場所に行き、「転地療法」をするという方法も有効です。海や高原などの自然の多い場所、静かで落ち着いてゆっくり過ごせる場所で過ごすとよいでしょう。

また、何かの動作や作業に没頭するのもおすすめです。特別なことをしなくても、ゆっくり時間をかけてご飯を食べたり、ゆっくり時間をかけて料理を作ったりする。また、ヨガ、呼吸法、散歩、陶芸、絵画、手芸、木工などの趣味や作業を、ゆっくりと時間をかけて丁寧に行う。

このように、何かひとつのことに時間をかけて没頭し、集中すること。そして、そのときの自分の心身に生じている楽しさ、心地よさ、感動を味わうことを大切にしましょう。すると、外の世界で生じていることに惑わされず、心の安定を取り戻すことができるようになります。
 

適切な距離をとるように意識して、安定した心を保つことも大切

ニュースなどの情報に触れることで精神的につらい症状が出てしまう方は、とても感受性が豊かで、優しい心を持っている方だと思います。そうしたご自身を、ぜひ大事にしていただきたいものです。ただ、色々なことを敏感に感じすぎて振り回されてしまうと、現実の社会の中で安心して生活していくことができなくなります。

報道されて見聞きする内容と、「今、ここに生きている自分」とを、適切に切り離していく必要があります。そのためにも、悲惨なニュースやそれにまつわる情報に振り回されていると感じたら、意識してその情報から離れることが大切です。そして、何か没頭できることに時間を使いましょう。こうしたことを意識して行っていくことで、心が安定しやすくなると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項