【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は萩中ユウさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「萩中ユウさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■萩中ユウさんプロフィール
今回の回答者:萩中ユウさん

今回の回答者:萩中ユウさん

1%も尽くさずに愛される「かわいい鬼嫁」のススメが大好評!

デート服専門のパーソナルスタイリストとして活動中、クライアントの恋愛相談に乗る中で「彼氏ができた」「結婚が決まった」という事例が続出。現在は、愛情表現をベースとした「伝え方」を武器に、女性が楽に愛され自由に生きる方法を広めるべく、愛妻コンサルタントとして活動。『「1%も尽くさない」で一生愛される 彼が私のファンになるかわいい鬼嫁のススメ』『欲張り恋愛論』他著書多数。

HP:http://yuhaginaka.com/
ブログ:https://ameblo.jp/youu-code/
Instagram:@yu_haginaka
 

お悩み:まず付き合いたい私と、慎重派な彼。進展がなさそうです

お悩み:まず付き合いたい私と、慎重派な彼。進展がなさそうです

お悩み:まず付き合いたい私と、慎重派な彼。進展がなさそうです

■ひなさん(30歳・一般事務)のお悩み
2人で会うようになって1年の彼。月1、2回はデートしているのですが、まったく進展しません。
 
お互い好きだということは確認済みです(伝え合いました)。でも、向こうは未婚40歳ということもあり、次に付き合う人は結婚する人だと思っているそう。だからこそ、よく知ってからでないと付き合えない、ということのようです。
 
一方私は、ただの友達には自分の深いことは話せない性格なので、いったん付き合って、それからお互いをもっと知っていきたいと思っています。
 
このように、考え方が正反対で、一向に話が進みません。このままときどきデートを続けていても進展はなさそうな気がしています。私も今年30歳なので、もう次の男性に行ったほうがいいのでしょうか。ちなみに、性格的に他の人と同時進行はできません。
 

アドバイス1:交際の始まりの部分に時間をかけるのはもったいない!

アドバイス1:交際の始まりの部分に時間をかけるのはもったいない!

アドバイス1:交際の始まりの部分に時間をかけるのはもったいない!

ひなさんと彼の間で、「付き合う」ことへのハードルの高さが違うのですね。それ自体は悪いことではないし、別々の人間だから当たり前のこと。
 
でも、ここで我慢や遠慮は一切する必要はありません。お互いに無理なく、心地よくいられる方法を、彼と一緒に探していけばいいのです。
 
私ならまず、「交際の始まりの部分に時間をかけるのはもったいなくない?」って、プレゼンすると思います。
 
付き合うっていうのは、恋愛の入り口の部分。大切なのは、その後、どんな付き合い方をするかだと思うのです。入り口の部分はさっさとスタートさせてしまって、そこから2人の関係を強く深くしていく方が確実で賢いやり方だと思っています。
 
もちろん、付き合う前であっても、関係を深めることはできます。でも、付き合う前ってどうしても、お互いにいい部分しか見せないでしょう? だからこそ、そこにいくら時間をかけたって、「彼氏としての顔」「彼女としての顔」を見ることはできないんです。
 
「友人としての私」とは違う、「彼女としての私」を見てほしいし、私も「彼氏としてのあなた」を見てみたい。そう伝えてみてはいかがでしょうか。
 

アドバイス2:彼が「付き合う」に抱いている不安を解消してあげる

彼は次に付き合う人とは結婚したい、つまり別れたくないってことですよね。
 
彼はきっと、「とりあえず付き合う=意見の食い違いがたくさん生じる=別れてしまう」と捉えているのではないでしょうか。ここ、とっても重要です。
 
「付き合って、相手に1つでも嫌なところがあったら別れなきゃいけない、そんなルールはないよね。気になったことがあれば、その都度伝え合って、ちゃんと2人で解決していくのをルールにすれば、多少の意見のくい違いが生まれても乗り越えていけると思う!」
 
こんなふうに、彼の不安を取り除くプレゼンをしてみてください。
 

アドバイス3:「彼を逃したら他にはいない」なんてことはない

次の男性に行ったほうがいいのかどうか。私なら「その恋を楽しめているかどうか」で判断します。
 
私はいつだって、「恋愛は娯楽」というマイルールを決めています。だから、それが片思いであれ、両思いであれ、もし少しでも「楽しくない」と思ったら、その恋はやめることにしているのです。
 
もし心の中に「彼以外にいい人は現れないかも」という思いがあったら要注意! 長く時間をかければかけるほど、執着心が強くなり、絶対に実らせたいという思いから抜け出せなくなってしまうから。
 
そうならないために、私はフリーの女性に対してはいつも、男性との出会いの数は増やしておいたほうがいいと伝えています。この人とご縁がなかったとしても、あの人も、この人もいる。優しくしてくれる男性も、私をいいと思ってくれる男性もたくさんいる。それがわかっていると、欠乏感からの恋愛をしなくなります。本当の意味で「男性はたくさんいるんだ」ということを理解するのは、女性の心の安定に繋がります。
 

 アドバイス4:まずは彼との関係を育てることに時間と労力のすべてをあてること

さて、ひなさんは同時進行ができないとのことですが、彼以外の男性を見たほうがいいのかな、という考え自体が同時進行です。彼との関係は、「他の男性」に目を向けて良好になるものではありません。彼との関係を育てたいのなら、時間と労力のすべてを彼にあてること。ひなさんの気持ちを伝えることも、交際に発展するまでのプレゼンも、まだまだやるべきことはあるはずです。
 
決断とは字の如く、「決」めて「断」つこと。彼と付き合うことを決めたのであれば、他の男性だったらどうだろう、という考えを断ってください。そうでないと、目の前のパートナーから簡単に逃げてしまうから。
 
まずはしっかりと、彼との関係に向き合ってみて。その上で、やっぱり違うと思うのであれば、他の男性に目を向ける前に彼との関係を断つこと。労力の分散は、賢くありません。
 
ベストパートナーはよそ見しながら見つけるものではなく、しっかりとお互いの目を見て作り上げていくものなのです。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.告白したのに、はぐらかされてしまいました
Q.連絡不精の彼。もっとやりとりしたいと言ったら断られました
Q.36歳、マイペースな彼氏。結婚は遠い話だと思っているようです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。