【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は萩中ユウさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「萩中ユウさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■萩中ユウさんプロフィール
 今回の回答者:萩中ユウさん

 今回の回答者:萩中ユウさん

1%も尽くさずに愛される「かわいい鬼嫁」のススメが大好評!

デート服専門のパーソナルスタイリストとして活動中、クライアントの恋愛相談に乗る中で「彼氏ができた」「結婚が決まった」という事例が続出。現在は、愛情表現をベースとした「伝え方」を武器に、女性が楽に愛され自由に生きる方法を広めるべく、愛妻コンサルタントとして活動。『「1%も尽くさない」で一生愛される 彼が私のファンになるかわいい鬼嫁のススメ』『欲張り恋愛論』他著書多数。

HP:http://yuhaginaka.com/
ブログ:https://ameblo.jp/youu-code/
Instagram:@yu_haginaka
 

お悩み:告白したら「ありがとう」という返事。振られたということでしょうか?

お悩み:告白したら「ありがとう」という返事。振られたということでしょうか?

お悩み:告白したら「ありがとう」という返事。振られたということでしょうか?

■サキさん(34歳・会社員)のお悩み 
現在、遠距離の片思い中です。大好きな彼は会社の後輩で、1歳歳下。初めて会ったときに「結婚するのはこの人かも!」と不思議な予感がありました。隣にいると落ち着くし、話すと楽しいし、会えるのがご褒美だと思えるくらい、私にとって素敵な人です。
 
だんだんわかってきた、不器用でちょっと誤解されやすいところや、自信なさげで自虐的になりがちなところも含めて大好きで、私が支えてあげたいと思います。
                     
そんな彼が、急に転勤になってしまいました。
 
それまで毎日、本当に楽しくて。彼の影響でゴルフを始めたり、一緒にご飯を食べに行ったりと、頑張って距離を縮めていました。彼から「僕、サキさんのファンです」なんて言われたこともありました。
 
だから諦めたくなくて、向こうに行く前のデートの帰り道で「ずっと好きでした」と告白しました。すると彼からの返事は「そうだったんですね。ありがとうございます。1年後に戻ってくる予定なので、そのときはまた仲良くしてください」でした。そのときは告白しただけでいっぱいいっぱいだったのですが、これって振られたということでしょうか?
 
社内の女友達に相談したら、「真面目な人だから、遠距離になるし、向こうでは新規事業を担当して忙しくなることがわかっているしで、無責任なこと言えなかったんじゃない?」「なんで付き合ってって言わなかったの。返事しにくいよ」と言われました。
 
たしかに、自分のことしか考えていない告白だったなと反省してます。ただはっきりと振られたわけではないので、なかなか諦めがつかず、次の恋に進めません。彼に会いたいという気持ちがまったく消えず、苦しいです。どうしたら気持ちに整理がつくでしょうか。
 

アドバイス1:告白には「フラれる告白」と「フラれない告白」がある

アドバイス1:告白には「フラれる告白」と「フラれない告白」がある

アドバイス1:告白には「フラれる告白」と「フラれない告白」がある

私は主催している恋愛塾で、告白には2種類あることを伝えています。「フラれる告白」と「フラれない告白」。違いは、それぞれのゴールです。前者は「彼に付き合うかどうかを決断してもらうこと」で、後者は「好意を伝えること」。
 
後者の場合、「あなたが好きです、あなたの彼女になれるように頑張ります」と意思表示ができたら大成功なのです。
 
今回、サキさんがした告白は、後者の告白だったわけです。でも、それをしてみたからこそ、「私はちゃんと答えが聞きたかったんだ」と気付けた。それって、大収穫です! 自分をほめてあげてくださいね。
 

アドバイス2:彼の気持ちを知りたいのなら、先生は彼! 

さて、改めて、彼の気持ちを確実に知りたいのであれば、聞くべき相手は「彼」しかいません。
 
彼に会いに行って、聞いてみればいいんです。「私の告白を聞いてどう思った?」「ありがとうっていうのは、私のことが好きじゃないってこと?」って。
 
「重くないかな……」なんて、心配する必要はありません。だって、軽い会話しかできない相手は、特別な人じゃないでしょう?
 
私はいつも「先生は彼!」と言っています。わからないことは、何でも聞く。「先生、こういうことですか?」って。彼に聞いたらいけないことなんて、1つもないんです。
 
誰も、彼の気持ちを察することはできません。憶測をやめて、全部ストレートに聞くことにすれば、こじれることはなくなります。さて、サキさんの聞きたいことは何ですか?
 

アドバイス3:自分の気持ちは何度伝えたっていい

告白する前に、もう1つ考えておきたいのが、「これからも彼を好きでいたいのか、彼じゃなくても自分を好きでいてくれる男性と恋愛がしたいのか」ということ。自分の気持ちをはっきりさせることです。
 
もし「これからも彼を好きでいたい」のであれば、諦める必要はありません。彼が「今は付き合えない」と言ったとしたって、それは「現時点では」というだけのこと。そこからのアプローチ次第で、関係はいくらでも変わります。
 
そもそも、最初の告白で、たまたま相手も自分のことを好きでいてくれるなんて、そんなラッキーなこと、なかなか起こりません。最初のお誘いや告白を断られる確率って、断られない確率よりはるかに高いのです。
 
だからここで悲しんだり、めげたりする必要はまったくない! ここからが「熱量勝負のスタート」なのです。
 
たとえ、最初はその気じゃなかったとしても、何度も、何度も言ってきてくれたら「ここまでしてくれるなら、この人でもいいかな」って思ってもらえる可能性は十分にあります。人って、自分のことを大切にしてくれる相手に好感を持つし、そんな相手を大切にしたくなるものだから。
 
現に私たち夫婦がそう。私は夫から何度もアプローチされたことで心が動いて、付き合うことになり、家族にもなりました。でもね、最初に告白されたときは、まさか結婚するなんて思ってもいなかったんです。
 

アドバイス4:遠距離がハードルなら、懸念点を潰すプレゼンを

もし、彼が「遠距離だから」ということで、お付き合いを躊躇していたとしたら。その懸念点を解消すればいいのです。
 
物理的な距離が気掛かりなら、「物理的な距離があっても、心の距離を縮める方法はたくさんあるよ」とプレゼンしましょう。「毎日5分電話する」とか「メールやLINEで、密に近況報告をしよう」とか、お互いに楽しくできそうな案を見つけられたら、問題はなくなります。
 
遠距離交際で結婚したカップルはたくさんいますから、それほど不安に思わなくても大丈夫。そのことも、彼に伝えてみてください。うまくいくことをお祈りしています。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.連絡不精の彼。もっとやりとりしたいと言ったら断られました
Q.私より男友達を優先しがちな彼氏。イライラします
Q.「男性は結局追いかけたい生き物」という説がありますが、本当ですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。