【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は萩中ユウさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「萩中ユウさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■萩中ユウさんプロフィール
今回の回答者:萩中ユウさん

今回の回答者:萩中ユウさん

1%も尽くさずに愛される「かわいい鬼嫁」のススメが大好評!

デート服専門のパーソナルスタイリストとして活動中、クライアントの恋愛相談に乗る中で「彼氏ができた」「結婚が決まった」という事例が続出。現在は、愛情表現をベースとした「伝え方」を武器に、女性が楽に愛され自由に生きる方法を広めるべく、愛妻コンサルタントとして活動。『「1%も尽くさない」で一生愛される 彼が私のファンになるかわいい鬼嫁のススメ』『欲張り恋愛論』他著書多数。

HP:http://yuhaginaka.com/
ブログ:https://ameblo.jp/youu-code/
Instagram:@yu_haginaka
 

お悩み:連絡不精の彼。もっとやりとりしたいのに、断られてしまいました

お悩み:連絡不精の彼。もっとやりとりしたいのに、断られてしまいました

お悩み:連絡不精の彼。もっとやりとりしたいのに、断られてしまいました

■みどりさん(35歳・サービス業)のお悩み
婚活パーティーで出会った彼と付き合い始めて、もうすぐ2カ月になります。
 
付き合う前に自己申告されていたのですが、彼は「次のデートの約束」などの必要事項以外、あまり連絡を取らないタイプです。
 
それでも付き合う前と、付き合った直後は、少しは雑談のLINEにも応じてくれていたのですが、2週間ほどたった今、必要事項以外の話には返信をくれなくなりました。
 
会えば楽しい時間を過ごせるし、家族や仕事のことも話してくれるので、もっとお互いのことを知りたいなと思います。なにより、「おはよう!今日も頑張ろうね」「おつかれさま」などの連絡も無視されるのは、あまりにさみしいです。
 
一度そのように話してみたけれど、「今までの相手ともずっとこうだったし、この歳になって自分を変える気はないし、指図されたくない」と言われてしまいました。
 
ネットで恋愛コラムを読んでみたところ、「どんなに連絡がマメでない男性でも、それを不安だと言われたらきちんと対処してくれるのが誠実な態度です」と書いてありました。もう一度だけ話し合ってはみるつもりですが、変わる気のない男性とこれ以上付き合うのは、やはり時間の無駄でしょうか。
 
年齢も年齢だし、わたしにはあまり時間がありません。アドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:まずは彼がLINEを嫌がる理由を引き出す

アドバイス1:まずは彼がLINEを嫌がる理由を引き出す

アドバイス1:まずは彼がLINEを嫌がる理由を引き出す

彼氏の連絡不精っぷりに不満を抱える女性って、多いですよね。そういう不満は溜め込まず、一つひとつ解消していくことで、2人にとって心地いい状態を作り上げましょう。
 
やってみてほしいことは2つあります。まずは、彼がLINEでの連絡頻度を増やしたくない理由を聞くこと。何がそんなに苦痛なのかを、彼にきちんと言葉にしてもらってください。苦痛の内容がわかれば、それを取り除く案を考えられますよね。
 
もしかすると、最初は面倒だな、という顔をされるかもしれません。男性は、女性のネガティブな感情を嫌うからです。ポイントは、深刻な顔で「話し合おう」とは言わないこと。私はこういうとき、「もっと仲良くなるために、話そ!」と、持ち込みます。目の前に見せるのはマイナスではなくプラス、です。
 

アドバイス2:自分の意思を言語化して、愛情を持って伝える

もう1つやってほしいのは、彼とLINEで雑談をしたい理由を、丁寧に伝えること。
 
「LINEで雑談したい」のって、単にLINEがしたいのではなくて、「満足のいくコミュニケーションをとりたい」という思いがあるはず。その部分を言語化して、自分の考えをまとめましょう。
 
たとえば「会えないときも、お互いの考えていることがわかると安心できるから」。「1日の中に私のことを考える時間を持ってくれることが、嬉しいから」。この部分をちゃんと、伝えるのです。
 
伝えたからといって、彼がみどりさんと同じ感覚、つまり「もっとLINEがしたい!」という気持ちになることは難しいでしょう。そこまで望む必要はありません。でも、「自分にはない感覚だけど、彼女はそういう理由で、LINEでのやりとりを重視しているんだな」と理解することはできます。それこそが大切なのです。そこで初めて、彼も「そういうことなら……」と、対応を考えてくれる可能性が高まるのです。
 
これは、言わないと伝わらないこと。「言わなくても察してよ」は、恋愛に限らず、人間関係において絶対に不可能なことです。不可能な要望は、お互いに疲れてしまうだけ。労力はきちんと報われる形で費やすのが賢明です。
 

アドバイス3:彼からの愛情は「彼が苦手じゃない方法」でもらう

さらにみどりさんに考えてみてほしいのは、「自分が本当は何を望んでいるのか」ということ。LINEの回数で彼とのすり合わせを何度も行なっているとのことですが、どうしてこんなにもLINEの回数にこだわっているのか、その部分を掘り下げて見つめてみてください。

彼との連絡頻度によるご相談は私にも多く寄せられますが、こだわるポイントは「LINEの回数を増やすこと」ではなく「彼からの愛情を受け取ること」なはず。そのことに気付いたら、そこを満たすための別のアプローチを考えてみましょう。
 
方法はたくさんあるはずです。たとえば「LINEは週1回にして、1週間分の近況を詳しく報告しあう」方法。または「毎日5分、電話する」でもいいし、「週末に1時間、長電話する」でもいい。雑談LINEの回数を増やすことじゃなくても、みどりさんが欲しかった愛情、安心感が得られる方法であれば、なんでもいいのです。
 
もしかすると彼は「毎日LINEするのは辛いけど、週末1時間、電話するのは余裕だよ」となるかもしれません。そうやって、彼からの愛情を、彼が苦手じゃない方法からもらうのがおすすめです。
 
彼も無理なく、みどりさんも我慢なく、お互いの「ちょうどよい中間点」を見つけるために、妥協はせずにいきましょう。そうすることで、どんどん「お互いに満足しかない関係」ができあがります。応援しています!

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.母親に「結婚してほしい」と言われるのがつらいです
Q.私より男友達を優先しがちな彼氏。イライラします
Q.週1しか返信のない、連絡不精な彼に片思いしています

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。