【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

 「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

 「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「澤口珠子さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■澤口珠子さんプロフィール
今回の回答者:澤口珠子さん

今回の回答者:澤口珠子さん

自身もネット婚活で結婚! 女子力アップ/婚活コンサルタント

理想のパートナーを引き寄せる、外見・マインド作りのプロフェッショナル。自身が3カ月で104人の男性とデートした経験を元に「ネット婚活のノウハウ」を提供中。レッスンやコンサルには全国各地・国外から申込が集まる。『はじめてのネット婚活』他著書多数。

HP:オフィシャルホームページ
twitter:@tamakosawaguchi
 

お悩み:彼氏の年収をさりげなく把握する方法はありますか?

お悩み:彼氏の年収をさりげなく把握する方法はありますか?

お悩み:彼氏の年収をさりげなく把握する方法はありますか?

■たたさん(28歳・看護師)のお悩み
街コンで出会い、付き合って4カ月になる彼氏がいます。彼がいったいいくら稼いでいるのかわからず、気になっています。
 
彼の勤め先は知っているので、ネットで調べてみたのですが、雇用形態・役職・成績によって年収がだいぶ変わるようで、ざっくりとした目安しかわかりませんでした。
 
彼はどうかわかりませんが、私は結婚も考えたうえで付き合っているので、正直なところ年収や貯金は気になります。とはいえ、単刀直入に聞くこともはばかられます。さりげなく、お金まわりの事情を知ることができる方法があれば、教えていただきたいです。
 

アドバイス1:お金の話題は「付き合って半年以降」が目安

アドバイス1:お金の話題は「付き合って半年以降」が目安

アドバイス1:お金の話題は「付き合って半年以降」が目安

年収はもちろん、貯金額や借金の有無……。付き合う男性の「お金」まわりの事情、気になりますよね。
 
付き合って半年を過ぎたら、お金のことを話題にしてもいいですよ。年収を思いきって聞いてみるのもアリだと思います。ひょっとしたら、彼も聞かれないから言わないだけかもしれません。ただし、彼の年収を聞いたら、あなたの年収も聞かれる可能性があることは理解しておくこと。
 
お金のことを聞くと、男性の本気度がよくわかります。モゴモゴ濁したり、極端に不機嫌になったりするような彼には要注意。結婚を含めた今後の付き合いに本気ではない可能性もあります。
 

アドバイス2:年収の最低ラインは予想できる

とはいえ、お金のことを聞かれるのは嫌だという気持ちも、どうしても単刀直入に聞けない気持ちもわかります。その場合は、ひとまず、今知っている彼情報から予想してみましょう。
 
たたさんの場合、彼の勤め先がわかっているので、少なくとも最低賃金の予測はつきますよね。その金額が許容範囲なら、今の段階ではOKでいいような気もします。
 
あとは彼の住宅環境からも、ある程度のことはわかります。場所はもちろん、賃貸か持ち家かによっても変わりますね。
 

アドバイス3:「収入・貯金額」以外に「金銭感覚」も重要

アドバイス3:「収入・貯金額」以外に「金銭感覚」も重要

アドバイス3:「収入・貯金額」以外に「金銭感覚」も重要

収入額はもちろん、彼の金銭感覚についても知っておきたいところ。彼は何にお金をかけるタイプか、把握していますか? 趣味にかける人、彼女との時間にかける人、ひたすら貯金をする人……。いろいろなタイプがいますよね。
 
お金に余裕があるのかどうか、どういうお金の使い方をするのか、日頃の態度や行動をチェックすれば、わかることも多いはず。たとえば、趣味や好きなことにはお金の糸目をつけないとか、毎日コンビニに寄って、ちょこっとしたものを買って帰ってくるとか、そういう些細なところに金銭感覚があらわれます。彼に怪しまれない程度に、目を光らせてみてください。
 

アドバイス4:どんなに稼いでいても「ケチな男性」はいる

注意すべきなのは、どんなに稼いでいても、残念ながらケチな男性もいるということ。最近、夫が妻に生活費を渡さない「経済的DV(ドメスティックバイオレンス)」の話も聞きますよね。
 
たたさんは、看護師さんという立派なお仕事をされています。彼の収入や貯金額以上に、自分と同じ金銭感覚かどうかが決め手になるのではないでしょうか。
 
まだ先のことかもしれないですが、結婚しても、子供ができても共稼ぎでいくのかどうかなどのライフスタイルについても、お互いの考えを確認できればいいですよね。
 

アドバイス5:「お仕事は何をされていますか?」より「お仕事どうですか?」

もし、合コンや街コンなどで、付き合う前に男性のおおよその収入額を知りたいと思ったら、「最近、お仕事どうですか?」と聞いてみるのがおすすめです。
 
婚活中は特に、女性は男性の職業を知りたいもの。でも、「お仕事は何をされていますか?」という質問の仕方だと、中には、あまりいい気がしない男性もいます。自分が結婚相手として値踏みされているような気になるようです。
 
「最近、お仕事どうですか?」という聞き方なら、その心配はなし。男性が好きなように答えられる聞き方だからこそ、男性側は話したいこと、話しやすいことを語り始めます。そうすると、自然と話をふくらませることができますよ。
 
話の流れで、繁忙期はいつか、業界全体の景気はどうかを聞いてみるのもおすすめ。自然と彼の職業がわかりますし、気になる彼の勤め先の状況や、彼自身の懐具合を、軽くチェックすることができますよ。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「正社員・年収400万円以上」は高望みですか?
Q.結婚直前に振られました。男性のマリッジブルー対処法を教えてください
Q.男性から「料理はする?」と聞かれるとモヤモヤします

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。