【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
 今回の回答者:藤本シゲユキさん

 今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:男性から「料理はする?」と質問されると、モヤッとします

お悩み:男性から「料理はする?」と質問されると、モヤッとします

お悩み:男性から「料理はする?」と質問されると、モヤッとします

■ゆきのさん(29歳・販売)のお悩み
婚活パーティーで、男性から「普段から料理はする?」「得意料理は?」と聞かれると、すごくモヤモヤします。この質問をしてきた時点で、この人は深層心理に「家事は女性がやるもの」という意識があるのかな、と思ってしまうからです。
 
私は結婚したら共働きで家事は分担したい派なので、そういう人とは合わないだろうと思います。結婚した女友達を見ていると、夫が最初は「家事は分担しよう」と言っていたのに、結局やってくれない……というパターンも多いようなので、見極めは大事だなと思っています。
 
もしこの質問をされたら、どう答えたらいいのでしょうか。またこのやりとりを通じて、男性の家事協力度を見極めることはできますか?
 

アドバイス1:まずは家事に協力的かどうか探ってみる

 アドバイス1:まずは家事に協力的かどうか探ってみる

 アドバイス1:まずは家事に協力的かどうか探ってみる

結論から申しますと、「料理はしますよ。得意料理は○○なんです」と答えてから、「やっぱり女性にはできるだけ家事を担ってほしいという感じですか?」と聞いてみるのがいいと思います。
 
そこで、家事に協力的な答えが返ってきたら、「よかった!実は私、できるだけ家事は分担したいと思っていたんです!」という感じで返してみましょう。その流れで、「結婚後の共働きについてどう思いますか?」と聞けそうなら聞いても大丈夫です。
 
逆に、非協力的な答えの場合、その相手は高確率で「家事は女性がやるもの」という意識があるので、パートナー候補から外したほうがいいですね。
 

 アドバイス2:譲れない価値観を曲げてはいけない! 

結婚したいと願う女性の多くが結婚を急ぐあまり、相手に合わせようとしてしまうのですが、これは間違いなんですよね。そうやってもし結婚できたとしても、待っているのは幸せな夫婦生活じゃなくて、結婚前に相手に合わせた分の我慢なんです。
 
でも、「生涯のパートナーを決める」って、一軒家を買うのと同じようなものなので、かなり慎重にならないといけない行為ですよね。ということは、「譲れないもの」を妥協したらダメなんですよ。
 
ゆきのさんの「結婚後は共働きで家事は分担したい」という価値観が譲れないものなのであれば、これは曲げないでください。
 
どれだけ魅力的な男性であっても、「奥さんは専業主婦として、家事をすべてやってほしい」という価値観の人であれば、お察しのとおり、その人とは合わないと思ったほうがいいでしょう。むしろ、「私は自分の譲れないものを守りたいから、理解してくれない人は願い下げ」ぐらいに思っていいです。
 
というか、どうしても譲れないものがあるのに、それを曲げてでも結婚している人で、うまくいっている人を僕は見たことがありません。そういう人が、どれだけ「幸せだ」と口で言っていても、そう言い聞かせているようにしか見えないんですよね。
 
そして、最初は「家事を分担しよう」と言っていた男性が、結局やってくれないというパターンは、たしかによく聞く話です。この場合、結婚前に釘をさしておいたほうがいいですね。
 
「前にも言ったと思うけど、私は結婚後も共働きしたいし、家事は分担してやっていきたいの。それが無理なんだったら、うまくいかないと思うし、結婚はできない。その点は大丈夫?」と。
 
結婚に焦る女性は、「そんなに強く出て結婚できなかったら嫌だ」と思って、言わないまま結婚に踏み込む場合が多いんですよね。でも、交際時にこういった大事なことをきちんと話し合ってないと、放置した話し合いの数だけ、結婚後に「夫婦間の問題」に変化して、自分の首を絞めることになるんですよ。
 
結婚に限らず、問題があるのに解決しないまま、焦って見切り発車で突っ走り、それで大成功している人なんていないということです。なので、どうか、どうしても譲れないものは貫いてくださいね。
 

アドバイス3:家事ができなくてもモテるには、それを補うだけの魅力が必要

ちなみに、「料理ができない」「料理が嫌い or 苦手」という女性の場合。料理ができないけど、興味はあるしやってみたいということであれば、正直にそう話すか、「今練習中なんです」と答えればいいと思います。
 
そして、料理するのが嫌いだからできない、もしくは、できるけどやりたくないという場合は、「私はほかの家事はちゃんとやるけど、料理だけはやりたくないから、旦那さんにやってほしい」とはっきり言っておいたほうがいいですね。
 
実際、料理が嫌いでできない女性でも、交際時にそのことを伝えて結婚している人はいますし、家事ができなくてもモテる女性は世の中に存在します。ただ、こういった女性は、例外なくといっていいほど「家事スキルがない分の魅力」を別に兼ね備えているので、料理以外のすばらしい武器をちゃんと持ってるんですよ。つまり、欠点を補えるだけの長所があるということです。
 
その武器がなかったり中途半端だったりする場合、足りないことやできないことは、ただのマイナス要因になってしまうので、お忘れなく。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.結婚もしたい、ときめく恋もしたい。何をどこまで妥協すべき?
Q.彼は草食系?それとも脈なし?見極める方法を教えてください
Q.「正社員・年収400万円以上」は高望みですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。