【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:結婚前提の同棲直前に振られました。男性のマリッジブルーとは……?

お悩み:結婚前提の同棲直前に振られました。男性のマリッジブルーとは……?

お悩み:結婚前提の同棲直前に振られました。男性のマリッジブルーとは……?

■みーこさん(27歳・高校教員)のお悩み
1年ほどお付き合いした男性と、お互い両親に紹介しあい、来月から同棲!となったタイミングで振られました。しかも、同棲する予定の駅の不動産めぐりをした翌週に……。
 
理由は「将来が現実味を帯びてきたら、1人になりたくなった。覚悟が持てるまで待たせられないから別れてほしい」というものでした。付き合うときに「結婚を前提に」と切り出したのは彼ですし、両親に紹介しあう話を含め、結婚に向けた話を進めてきたのも彼だったので、本当にショックでした。
 
これは男性のマリッジブルーなのか、そもそも始めから覚悟がなかったということなのか……。いずれにせよ、復縁はないものと考えたほうがいいのでしょうか。
 
また他の誰かとお付き合いして、同じことがあったらと思うと、踏み出すのが怖くなってしまいました。結婚直前の男性心理について、先生のご意見をお聞かせいただきたいです。
 

アドバイス1:彼はあなたの人生だけでなく、自分の人生に対しても無責任

アドバイス1:彼はあなたの人生だけでなく、自分の人生に対しても無責任

アドバイス1:彼はあなたの人生だけでなく、自分の人生に対しても無責任

いきなり現実的なことをお話して申し訳ありませんが、この人と結婚しなくて良かったと思います。なぜなら、責任感がないからなんですよ。
 
2人の間になにも問題がなかったのであれば、彼は「結婚生活という現実」から逃げたことになるんですよね。自分のほうから結婚を切り出し、両親にも紹介しあったのに、「1人になりたいから」という理由で婚約破棄するのって、無責任にもほどがあるのではないでしょうか。
 
彼は、人の人生だけじゃなく、自分の人生にも無責任なんですよ。「将来が現実味を帯びてきたから」と言っていたそうですが、そんなことは考えればわかることです。わからなかったのだとしたら、想像力も先見性もないということになります。
 
交際時に、彼の場当たり的な行動がよくあったのだとしたら、始めから覚悟がなかったのではなくて、物事を深く考えてなかっただけだと思いますよ。結婚に対しても自分の気持ちに対しても、中途半端に考えていたから、このような結果になったのではないでしょうか。
 

アドバイス2:マリッジブルーは人それぞれだが、結局は覚悟できるかどうかの問題

もし復縁できたとしても、この人はまた身勝手な理由で交際を終わらせる可能性が高いですし、それ以前に、ここまでコケにされたのに、その相手とまたよりを戻していいのか?という話になってきます。どうされるかはみーこさん次第ですが、こういった点はしっかりと考えたほうがいいですね。
 
あと、結婚前の男性心理は本当に人それぞれ、ケースバイケースなんですよ。
 
ただ、マリッジブルーの根本的原因は男女共通しています。「本当にこのまま結婚していいのだろうか?」という漠然とした不安は、「未来への不安」が元になっているということです。具体的には「生活が変化することの不安」「生涯ともに過ごせる相手かどうかの不安」「義実家とのかかわりに関する不安」「金銭や時間の自由が奪われる不安」などですね。
 
マリッジブルーに限らず、人は未経験のものに対し、恐怖と不安を感じるもの。最終的にこの不安を払拭するには、腹をくくって飛び込むか、逃げるかの二択になるんですよね。
 
そういった理由からも、彼はいたって個人的な理由から覚悟が決められなかったということになります。
 
あと、マリッジブルーではなく、一緒にいて「なんか違うんだよな」という違和感が積み重なってくることで、その相手と結婚する意味を考えるようになってしまう人もいます。
 
もちろん、「なんか違う」というこの感覚は人それぞれバラバラなので、正解不正解はありませんが、不動産巡りをしたあとに別れを切り出されたということであれば、違和感の積み重ねというわけではなさそうです。
 
仮に彼がみーこさんに違和感をたくさん覚えていたのだとしても、「あかんならもっとはよ言えや」という話しになってきますし、どのみち無責任であることに変わりはないんですよね。
 

アドバイス3:悲しみを乗り越えた人は、男女共通してモテる

それから、次に付き合った相手と同じことになるかもしれないという不安はわかります。だとしたら、同じことを繰り返さないために、今回の青天の霹靂のような手痛い経験から、ちゃんと学習することです。
  • 発言と行動に責任を持っている
  • 問題ごとの後始末ができる
  • ちゃんと考えてから行動できる
  • 些細なことでもできない約束を簡単にしない
  • 誠実に向き合ってくれて話し合いがちゃんとできる
次にお付き合いをされるときは、こういった男性を選ばないといけないのではないでしょうか。
 
厳しいようですが、同じことが起こったらどうしようという不安は、そうならないために最善を尽くすしか方法がありません。この経験から学び、しっかりと乗り越えてください。
 
これは気休めでもなんでもありませんが、この悲しみをきっちり乗り越えたとき、みーこさんは今よりもずっと魅力的な女性になっているはずなので、もっといい男性と出会えると僕は思っています。
 
数多の悲しみを経験し、乗り越えた人って、男女共通してモテるんですよ。
 
逆に言うと、悲しみを経験したのに乗り越えていない人、悲しみの経験が足りない人は、成長がそこで止まっており、人間的な深みがないのでモテません。そこのところは、お忘れなく。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.喧嘩になると、黙るか逃げる彼。話し合いがしたいです
Q.彼氏の風俗通いを知ってしまい、動揺しています
Q.「荷物、持ってもらおうと思ってる?」彼の冷たい一言に動揺しています

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。