ただのひとつ結びをこなれて見せるアレンジ方法

髪が長いと暑いときや、邪魔になったとき、ゴムでひとつ結びにする方も多いと思います。しかし、普通に結ぶだけだとおしゃれに見えないですよね? 今回はただのひとつ結びを簡単におしゃれに見せる、こなれテクニックをお伝えします! 後れ毛の出し方や後頭部のボリュームを出すほぐし方など、ぜひマスターしてください。
ひとつ結びのこなれヘアアレンジ

Hair&Make RIKUSHI

<目次>  

ひとつ結びのベースのスタイル

胸上のセミロングの長さです。ストレートヘアなので、32ミリのアイロンを使ってランダムに巻いています。
ひとつ結びをする前に巻いておくと、こなれ感が出せる

ひとつ結びをする前に巻いておくことでこなれ感アップ

 

ひとつ結びをオシャレに仕上げるこなれアレンジ方法

後頭部で髪の毛をひとつ結びにする

後れ毛はあとで引き出す

1. 髪の毛を後頭部でひとつにまとめ、シリコンゴムで結びます。ひとつ結びの位置は後頭部の真ん中やや下あたりがおすすめです。
 
指先でつまむようにもみあげの毛束を落とし、後れ毛にする

ひとつ結びを固定する手がズレないように

2. もみあげの毛の1センチ幅くらいを指先でつまんで分け取ります。
 
耳後ろの毛束を落として、後れ毛にする

耳後ろの毛束を落とすとこなれ感が出る

3. 耳後ろの毛束も同様に1センチ幅くらいで落とします。
 
襟足の毛束を落として、後れ毛にする

三つ襟とは襟足の一番下の部分

4. 三つ襟の毛束をつまんで落とします。
 
後れ毛をコテで巻いて華やかなひとつ結びに

コテは32mmを使用

5. 落とした後れ毛を、コテを使って毛先を巻いていきます。
 
指先で後頭部の表面の毛をつまんで少しずつ引き出し、ボリュームを出す

指先でつまむ量は少量

6. 指先でつまんで少しずつ引き出して崩していきます。
 
後頭部の赤い点の部分を目安にほぐす

赤い点の部分を目安に崩す

7. 後頭部をほぐす場所は、赤い点の部分が目安です。指先で細く引き出して、全体に崩しを入れていきます。
 
結び目も指先で引き出して崩す

結び目が緩まないように、おさえながらほぐす

8. ゴムの結び目のところを、指先でつまんで引き出して崩します。
 
耳上の毛がかぶさるように引き出すことで、ひとつ結びがこなれて見える

耳の上側にかかるように引き出す

9. 耳上の毛は指先でつまんで引き出します。
 

こなれひとつ結びの正面&サイド

後れ毛は巻いて動きを出すことで、ひとつ結びを華やかな印象に

後れ毛は巻いて動きを出す

こなれ感を出すために、後れ毛は3ヶ所から引き出す

後れ毛をもみあげ・耳後ろ・三つ襟の3ヶ所から出して、こなれ感を出す

こなれひとつ結びの関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。