カブトムシのエサに! おすすめ昆虫ゼリー4つ

カブトムシ エサ 餌 昆虫 ゼリー たべる 食べる おすすめ バナナ

いろんな種類がある昆虫ゼリー。おすすめをいくつか紹介!

カブトムシにエサをあげるなら、ベストはやっぱり昆虫ゼリー。

カブトムシの栄養バランスを考え、好きな風味で食べられるように開発された昆虫ゼリーは、果物と違って腐りにくいし、エサが容器に入っているので交換がしやすい。また、水分も程よく調整されているので、液だれして飼育ケース内が汚れるのを防いでくれるのだ。

今回は、昆虫ゼリーの成分や容量、交換時期についてと、おすすめの商品を4つ紹介する。

     

昆虫ゼリーの栄養成分・容量

材料や容量は商品によってさまざま。材料にはブドウ糖果糖液糖に加え、エネルギー源となるトレハロースや、生殖能力を高めるガラクトース、各種アミノ酸や高タンパク成分が入ったモノもある。
 
容量は16gや17gが一般的だが、30gや60gなど容量の大きいタイプも。ただし、カブトムシは個体によって味に好みがある。あまり大きいサイズを買ってしまうと、好みでないときに残してしまうので、まずは16g~18gでマッチングを確かめるのがポイントだ。
 

昆虫ゼリーの交換時期

ゼリーを食べきった場合や、時間が経って容器が汚れてきた場合は交換の時期。逆にゼリーがあまり減らなくなって場合は、味が好みでないケースと、寿命が近づいてきているケースなどがある。
 

重視したいのは、品質と価格のバランス

日本のカブトムシ(私たちがよく知るカブトムシ、つまりヤマトカブトムシのこと)を飼う際、エサゼリーはある程度の品質なことも大切だが、何よりもエサを切らさないことだ。とにかく昆虫ゼリーは結構な早さでなくなっていく。
 

そうなると、品質と価格のバランスが重要となってくる(一般的なカブトムシ飼育の場合。ブリーダーならまた話は別)。
 
それらも考えて、以下に、おすすめの昆虫ゼリーを紹介する。

 

1.初心者に最適「フジコン ワイドカップ フルーツの森」

カブトムシ飼育のビギナーにもおすすめの昆虫ゼリー。カブトムシが好む各種フルーツ風味で、材料にはブドウ糖果糖液糖やトレハロースを使用。少し栄養価に多少物足りなさはあるものの、何より一袋400円程度で50個ゼリーが入っているという、コストパフォーマンスの高さが魅力。
 
  • 価格:400円 +送料(編集部調べ)
  • 内容量:50個入り
 

2.手に入りやすいのが嬉しい「マルカン 昆虫ゼリーサムライ BIG48」

こちらもカブトムシが好む黒糖風味の昆虫ゼリー。材料に糖分、クエン酸、トレハロースなどが含まれており、カブトムシの食いもなかなかのもの。ホームセンターなどで扱っていることも多く、入手のしやすい一品だ。
 
  • 価格:823円+送料(編集部調べ)
  • 内容量:50個

 

ちなみに「昆虫ゼリーサムライ」を広口のカップに入れて、エサ台がひとつ付いた「マルカン サムライフラット55 F-22」もおすすめだ。
 

  • 価格:718円+送料(編集部調べ)
  • 内容量:55個
 

3.においが気になりづらい「マルカン 消臭バイオハイパーゼリー」

カブトムシを飼う場合、飼育ケース内のにおいが気になる方もいるかもしれない。そんな方におすすめしたいのが、この消臭バイオハイパーゼリー。

材料には、糖分、動物性タンパク質、トレハロースなどを使用。加えて、ライラックのフレーバーを配合してあるので、飼育ケース内のにおいをうまく緩和してくれるのだ。にもかかわらず、カブトムシの食いも悪くないのがうれしい。16gで30個入り。

 
  • 価格:1,181円+送料(編集部調べ)
  • 内容量:30個
 

4.栄養も使いやすさも高評価「KBファーム プロゼリー」

多くのカブトムシのブリーダー達にも愛用されている昆虫ゼリー。

材料には天然果汁に加えて、アミノ酸、トレハロース、各種タンパク質と、とても栄養価が高い産卵前のメスに与えるといいだろう。風味はバナナ味でカブトムシの食いがよく、水分も適度に調整されていて液だれもしにくい広口タイプなのもポイントが高い。

値段も高いが、決して買って後悔のない一品だ。

  • 価格:1,697円+送料
  • 内容量:84個


エサ台があれば、上記の昆虫ゼリーと同じ成分のこちらのゼリーを検討してもいい。

  • 価格: 1,696円+送料
  • 内容量:100個
 

関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。