【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

尽くしすぎてしまう?

彼に尽くしすぎていない?

彼に尽くしすぎていない?

好きな人ができると、尽くしすぎてしまう人がいます。その結果、相手がいい気になりすぎてしまったり、場合によっては、迷惑だと感じたりすることもあるでしょう。本人は良かれと思って尽くしていることが多いものですが、そういう行為は、必ずしも恋愛にプラスに働くわけではありません。

今回は、好きな人に尽くしすぎてしまう人が気付くべきことを、4つご紹介します。
 

気付くべきこと1:相手が望まないことは、「ありがた迷惑」になる

彼(彼女)を好きだから役に立ちたくて、相手から「してほしい」と言われなくても率先して行動したり、彼(彼女)の私生活や仕事に対して、あれやこれやと口を出したりしてしまう人がいます。
 
もちろんそれに対して彼(彼女)が喜んでいるのであれば、いいことですが、場合によっては、迷惑だと感じていてもそれを言えずに、あなたに気を遣っている場合もあります。
 
「ありがた迷惑」という言葉があります。あなたが自己判断で、相手が望んでいないことを良かれと思ってやってしまうと、相手はその思い自体はありがたいと思いつつも、やられたことに対しては迷惑だと感じることもあります。

「自分がやってあげたいから、やる」というのは、気を付けないと“自己満足の行為”になりがちです。相手が望んでいることをしなければ、かえって相手の負担になってしまうのです。それでは本末転倒ですよね。
 
誰にでも、人に手伝ってもらわないで、自分でやりたいこともあります。それに手を出してしまうのは、単なるお節介です。尽くしているわけではありません。「相手ができること、やりたいことは奪わない」ことも大切なことなのです。
 
例えば、男性の中には、デートのプランを彼女が決めてくれた方が楽だと思う人もいれば、自分が計画を立てて、彼女を喜ばせたいという人もいます。もし彼が後者の場合は、自分は受け身になって、してくれたことに喜んだ方が、相手も幸せな気持ちになります。
 
してあげることだけが優しさではありません。むしろ、相手にさせてあげることが優しさであることもあります。彼(彼女)の性格をよく見極め、相手の反応や表情をチェックし、やりすぎないように気を付けましょうね。
 

気付くべきこと2:「自分を必要としてほしい」というのは依存

実は、尽くしすぎてしまう人は、相手のためではなく、自分のためにしていることも少なくありません。相手の役に立つこと、相手の喜ぶ顔を見ることで、自己重要感を高めたいのです。
 
もちろんそれによって、本当に相手が喜んでくれているのであれば、素晴らしいことです。でも、もし相手が望んでいないのに、あれやこれやと尽くしてしまう場合は、相手のためではなく、単に「自分を必要としてほしい」と思っているだけなのです。
 
男女限らず、恋人に求められることで、「自分は役に立つ人間なんだ。価値のある人間なんだ」と実感したい人は少なくありません。

それで、恋人が付き合い始めよりも自分を求めてこなくなると、不満に感じる女性もいれば、恋人が自分を頼ってくれないことに苛立ちを覚える男性もいます。そういう人は、恋人が自分に依存してきた方が、快く感じることもあります。
 
実は、そういう人こそ、恋人に依存しているのです。自分1人では、「自分は、価値のある人間だ」と認められないから、“自分を必要とし、求めてくれる相手”の存在が不可欠なのです。
 
そんな人は、本当の意味で、相手を愛することはできません。なぜなら、相手が自分のいないところで幸せになってしまうと、面白くないからです。本来、人を愛するというのは、「相手がHAPPYなら、自分もHAPPY」だと思えることです。
 
相手が自分に依存してくることを喜ばしく思う人は、相手が自分のいないところで楽しく過ごしていると、寂しさを感じます。ひどい場合は、自分が必要な存在であることを証明するために、「自分がいないところでは、相手が不幸になることを願う」こともあるでしょう。それは、健全な愛情とは言えません。
 
相手に必要とされることばかりを求めないためにも、あなた自身が、誰にどんな評価をされようと、自分の価値をきちんと認め、精神的に自立することが大切です。そういう自立ができている人こそ、本当の意味で、相手を支えられると思いますよ?
 
次も「尽くしすぎてしまう人が分かっていないこと」です。次のページをご覧ください。