気がつけばアラフォー。結婚願望は昔からあったはずなのに……

気がつけば40代。今からでも私と結婚したいと思ってくれる男性は現れるのかしら……?

気がつけば40代。今からでも私と結婚したいと思ってくれる男性は現れるのかしら……?

アラフォーで未婚の女性に「これまで結婚してこなかった理由」を聞くと、最も多いのは「気がついたらこの歳になっていた」という回答です。

時間は誰にも平等に流れています。「いつかは結婚したい」と思っていたにもかかわらず、アラフォーを迎えてしまったのであれば、必ず何らかの原因はあります。

1つは、恋愛の優先順位が他(仕事・プライベート・趣味)より低いこと。同じ時間を生きてきて、恋愛に対するアンテナが低ければ、おのずと出会いも少なくなります。

もう1つは「結婚できない恋愛」に、多くの時間を割いてしまったこと。長年不倫をしてしまったり、結婚する気のない恋人とずるずる同棲してしまった……などの経験が、過去にあるのではないでしょうか。

両者に共通しているのは「生き方が不器用」だということ。

たとえば「30歳までに結婚したい」と目標がはっきりしている女性は、将来が見えない相手との同棲や、結婚できない相手との恋愛(不倫)は拒絶します。たとえ一時的に陥ってしまったとしても、冷静に我が身を振り返り、できるだけ早い段階で別れを選びます。

結婚願望の強い女性は、男性のいない職場に勤めていても、早くから婚活をしていたり、積極的に出会いの場へ足を踏み入れます。シングルのうちから「将来結婚するライフプラン」を意識し、行動しているのです。
 

これまで逃した「結婚する機会」を整理してみよう

あのとき、彼からのプロポーズを受けていれば、今頃結婚していたのに……

あのとき、彼からのプロポーズを受けていれば、今頃結婚していたのに……

アラフォーで未婚の女性にもう1つ共通した特徴は、すべてにおいてのんびりしていること。

その性格自体は悪いものではありません。しかし今後結婚したいと考えているならば、コレまで通りの生活を続けていたら、まず結婚はできないでしょう。自然の流れに任せて現在まで結婚しなかったのだから、今後は計画的に、策を練る必要があります。

まずは、これまでの人生を振り返ってみてください。「もしかしてあれは、結婚する機会だったのかもしれない」というできごとが、過去にいくつかあったのではないでしょうか?
  • 結婚の口約束をしたにもかかわらず、具体的に進まなかった
  • 遠距離にならなければ、結婚したかもしれなかった
  • 相手はその気だったのに、タイミングが合わなかった
  • 自分は結婚したかったのに、相手がその気じゃなかった
これらの「たられば」について、思い出すだけでは何も変わりません。大事なのは、過去に逃した機会をきちんと受け止め、同じ轍を踏まないこと。

今から出会う相手に対し、同じシチュエーションになったとしても「次は結婚へと踏み出せる」と思えるならば、過去の問題は解決済みです。逆に「やっぱり同じ状況となったら、結婚はできない」ならば、同じシチュエーションになりそうな相手を、今後は選ばなければいいのです。
 

過去は教訓。無理なく婚活するためには「両立」がキー

何もかも抱え込まないで。親の介護も外部の人にお願いすれば、自分の時間が持てるのです

何もかも抱え込まないで。親の介護も外部の人にお願いすれば、自分の時間が持てるのです

若い頃と今のあなたでは、状況も考え方も異なるはず。現在婚活をしているのであれば、きっと心と時間に余裕ができたのでしょう。

今は独りだから、24時間365日を自分だけのために使えます。なのに「婚活に費やす時間があまりない」というのであれば、それは時間の使い方が下手なのか、婚活に向けるエネルギーがそもそも不足しているのかも。

「働きすぎ」または「家族や他人に費やす時間(親の介護など)によって、自分の時間を犠牲にしている」、あるいは「趣味に時間を注ぎすぎ」のいずれか(または複数)に該当するのであれば、まずは生活の見直しから。

「仕事」や「他人のための時間」に関しては、自分でなければならないこと以外は、できるだけアウトソーシングする方法を考えてみること。結婚後の生活を想定して、今から「自分の時間を増やす」対策をしておきましょう。

何もかも自分1人で抱えず、第三者を頼ることも検討を。限られた時間に余裕を持たせるためには「お金で買う」という方法もあるのです。

なお「趣味」に関しては、あなた次第でいくらでも融通つけられる時間です。趣味の時間を削るのが惜しければ、同じ趣味を持つ相手から結婚相手を探せば一石二鳥(笑)

趣味のサークルに積極的に参加したり、マッチングアプリで同じ趣味の男性を探してみましょう。ひそかに婚活しつつ、さまざまな人との出会いから造詣が深くなるという副産物も期待できます。

大人だからこそ、充実した1人の時間を急に切り替えるのは難しいもの。今から将来増える家族のスペースを、心にも時間にも空けておけば、きっとそこにピッタリ当てはまる人が出てきます。そんな未来をイメージしながら、婚活を楽しみましょう。

【関連記事】
【ガイドからお知らせ】
活動情報や告知は、公式サイトFacebookファンページTwitterをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。