undefined

アラフォー女性の色気は、若い女子には出せない大人ならではの魅力です。

昨今、年上の女性が好きという男性は少なくありません。
逆に年上の女性はちょっと……という男性がいるのも事実。
そこで今回は、アラサー世代の男性にとってアラフォー女性は恋愛対象としてどうなのか、本音を聞き出してみました。

アラフォーのよさは「包容力」「経済力」

「恋愛対象になる」と答えた男性に、アラフォーならではのよさを伺ったところ、以下のような回答がありました。

■男の弱さを理解している
「恋人や家族にしか見せない、男の「弱さ」に対し許容がある」(32歳)
「仕事の愚痴を聞いてくれたり、相談に乗ってくれたりする」(30歳)

アラフォーにもなれば、年齢に比例して恋愛経験が増えてきます。以前なら許せなかった男の弱さや頼りない部分に許容が生まれるのは、女性側が自立しているからではないか、と筆者は考えます。

また、自分より若いアラサー世代にアドバイスができたり、弱音を受け止めてあげられるのは、キャリアを積んだアラフォーだからこそ。彼らより社会経験もあるので、いわゆる日本の男社会における彼らのしんどさに対しても、理解が深まるのではないでしょうか。

■自立している、経済力がある
精神的な自立心のみならず、独身(ひとり)で生活しているアラフォー女性ともなれば、経済的な自立をしている人がほとんど。

「自分から『行きたいお店がある』と提案したときは、ご馳走してくれる」(28歳)
「受け身でなく、デートや旅行のプランを一緒に考えてくれる」(29歳)

若い女性はどうしても男性にリードをまかせがち。受け身でいることのデメリットや男性側の負担を配慮できる大人の女性は、デートやおつき合いそのものに対しても対等に考えます。大人の男性同様、経済力が備わっていれば、年下の男性をリードすることも。

しかし、同じ10歳差でも女性が30代なのと40代なのでは違う、という意見もありました。