RGBやCMYKとは「色の表現方法」を表すカラーモード用語

RGBやCMYKとは「色の表現方法」を表すカラーモード用語

RGBやCMYKとは「色の表現方法」を表すカラーモード用語


RGBやCMYKという言葉をご存知ですか? パソコンでデザインしたものを紙に印刷したら「色のイメージが違っていた」というご経験がある方も多いのでは。それの主な原因が、RGBとCMYKのカラーモードの違いです。RGB、CMYKとは何か、色再現の仕組みと解決策をお教えします。

【INDEX】  

RGBとは

RGBとは:赤(R)、緑(G)、青(B)の3種類の色の発光の度合いを調整して、さまざまな色を作り出します

赤(R)、緑(G)、青(B)の3種類の色の発光の度合いを調整して、さまざまな色を作り出します

DTP(Desktop Publishing)とは、印刷物のデザインをパソコンで行うこと。パソコンの画面を見ていると、白い紙の上で作業しているように感じられますが、パソコンの白い画面は照明の光です。

ただ、一般的な照明と違って、液晶ディスプレイの中に、赤(R)、緑(G)、青(B)の光を透過させるカラーフィルタがあり、3種類の色の発光の度合いを調整して、さまざまな色を作り出しています。

太陽の白い光は、虹の7色のように、連続的に変化する無数の異なった色からなっています。無数にある光の色のうち、赤(R)、緑(G)、青(B)の3色は「光の3原色」と呼ばれます。この3色の光の組み合わせで、人が見ることができるほとんどすべての色を作り出すことができます。

上図の左側の図が示すように、光の三原色は、次のような関係が成り立ちます。
  • 緑(G)+青(B)=シアン(C)
  • 赤(R)+青(B)=マゼンタ(M)
  • 緑(G)+赤(R)=イエロー(Y)
  • 赤(R)+緑(G)+青(B)=白(W)
これらは、混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため「加法混色」と呼ばれます。パソコンのRGBの出力を最大にすると白になり、RGBの出力を0にすると黒になるわけです。
 

RGB値とは

RGB値とは、赤(R)、緑(G)、青(B)の3色を混合する比率のこと。これは、細やかに設定することができます。最もよく使われているのは、16進数カラーコードや各色0~255の256段階で、次のように指定します。
  • 黒:#000000:RGB(0,0,0)
  • 青:#0000FF:RGB(0,0,255)
  • 紫:#800080:RGB(128,0,128)
  • オレンジ:#FF6600:RGB(255,102,0)
  • アイボリー:#FFFFCC:RGB(255,255,204) 
  • ブルーグレー:#666699:RGB(102,102,153) 
 

CMYKとは

パソコンやテレビ、スマホやデジカメのディスプレイなど、光を出しているものは、RGBの3色を混ぜてさまざまな色を作り出しています。しかし、印刷やプリントアウトなど、紙などにインクの色をつけて表現する場合は事情が異なります。

印刷やプリントアウトでは、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の3原色を混ぜ合わせて、さまざまな色を作ります。CMYを「色料の3原色」と呼びます。

冒頭の図の右側の図が示すように、色料の三原色は、次のような関係が成り立ちます。
  • マゼンタ(M)+イエロー(Y)=赤(R)
  • シアン(C)+イエロー=緑(G)
  • シアン(C)+マゼンタ(M)=青(B)
  • シアン(C)+マゼンタ(M)+イエロー(Y)=黒(K)
これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなるので、「減法混色」と呼ばれます。
 
雑誌のカラー印刷はシアン・マゼンタ・イエローとブラックの点の集まりで構成されています

雑誌のカラー印刷はシアン・マゼンタ・イエローとブラックの点の集まりで構成されています

雑誌のカラー印刷、プリントアウトされた紙面上のインクやトナーをルーペで拡大すると、シアン・マゼンタ・イエローとブラックの点の集まりで構成されているのが見えます。これを網点、ハーフマットと呼びます。インクそのものを混合するのではなく、小さな点を配置するので、「並置混色」と呼ばれています。

液晶ディスプレイも、光を混ぜ合わせるのではなく、RGBの小さな光を配置しているので、「並置混色」という点は同じです。

並置混色は、印象派の画家たちが考案した点描画と同じように、本当は2つ以上ある色が、人間の脳では1つの色として知覚される現象を活用しています。

シアン・マゼンタ・イエローを混色すると、理論上は黒になるのですが、実際には濁った灰色になります。インクの厚みも出るため、すっきりとした黒を表現するため、シアン・マゼンタ・イエローにブラックのインクを加えた4色でさまざまな色を作り出しています。これをプロセスカラーと呼びます。
 

RGBとCMYKは、ようは何が違うの?

RGBとCMYKは、混色に用いる3原色が、光とインクという点で違いがあります。そして、どちらも理論上は、人が見ることができるほとんどすべての色を作り出すことができるのですが、現在、市販されている製品では、限られた色の領域しか再現することができません。

また、RGBよりもCMYKの方が表現できる色域が狭いため、RGBでは再現可能であってもCMYKでは再現できない色があります。そのためRGBで作成されたデータを印刷すると、全体的にくすんだ色味に仕上がります。これは、再現できない領域の色を別の色(CMYKでの近似色)に置き換えるために起きます。

そのため、印刷用データは、CMYKで作成するか、RGBで作成したものを、CMYKに変換するのが一般的です。また、CMYKで制作したものをRGBに変換しても、RGBの鮮明な色合いにはなりません。

「紙に印刷したら色のイメージが違っていた」というのは、実はよくあることです。RGBとCMYKとでは再現色域が異なるため、避けられない部分もあります。パソコンで印刷物をデザインするときは、カラーモードを確認し、仕上がりのイメージをしっかりと確認することが大切です。

【参考】
Adobe Illustrator カラーについて
Adobe Photoshop カラーモードの変換

【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2019秋冬あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページ公式サイトをご覧ください。

【関連記事】
ビビッドカラーとはどんな色?取り入れるコツは?
・パステルカラーとはどんな色?似合う人はどんな人?
・補色とは?効果・意味・反対色との違いを解説
・アイボリーとはどんな色?ベージュとの違い・合う色
・【カラー診断】選んだ色でわかる開運のヒント!今、取り組むべき課題



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。