Athlon64 X2
AMD社のデュアルコアCPU、Athlon64 X2

CPUはPC選びの第一ポイント

皆さんは、PCを選ぶ際に何をポイントにしているでしょうか。近年は「機体のデザイン」あるいは「モニタの画質」をあげる人も多いでしょう。ですが、必ずと言ってよいほど検討対象になるのが、「CPUの性能」です。CPUはPCの「心臓」あるいは「脳」というべきパーツで、これがなければ動きません。この性能を気にするのも、当然といえます。

CPUにはたくさんのブランド名があります。CPUはPC内でもっとも「値の張る」パーツの一つですので、各ブランドの特徴を理解して、自分の使用目的や予算に合ったCPU(ひいてはPC)を選びたいものです。

だれでも知ってるIntel社のCPU

CPUメーカーとして最大のシェアをもつのが、Intel社です。どのメーカー製PCにも、同社のCPUを採用した製品がラインナップされています。

Intel社のCPUブランドと製品数は非常に多く、「開発元自身もおぼえているのか?」と疑ってしまうほどです。

デスクトップPC用CPUとしては、Celeron D、Pentium 4、Pentium D、Pentium XE(Extreme Edition)があります。また、もともとはノートPC用で、まれにデスクトップ用途でも使われるCPUに、Celeron M、Pentium Mがラインナップされています

Xeon、Itaniumといったワークステーション・サーバ用CPUもありますが、今回は扱いません。発音は、Celeron=セレロン、Pentium=ペンティアム、Extreme Edition=エクストリーム・エディション、Xeon=ジオン、Itanium=アイテニアムです。

それぞれの違いを次ページに示します。

Intel社製CPU、各ブランドの違いは?……>>NEXT


CONTENTS
Page1:CPUはPC選びのポイント
Page2:Intel社のCPUラインナップ
Page3:AMD社のCPUラインナップ
Page4:目的別の最適CPU