恋愛運を引き寄せるには?2018年後半の運勢

開運メイク

運気の流れに合わせてメイクも変えてみて

2018年後半の運気の流れに乗るための「開運メイク」。メイクガイドの片桐愛未と占いガイド章月綾乃がご案内いたします。

運気の流れを決めるのは、幸運の星・木星。2017年秋からさそり座を運行していますが、今年の11月、いて座へ向かいます。停滞から解放へ。深さから高さへ。濃さから広さへ。世の中全体の流れ、好みが変わっていくのです。

運を乗りこなすには、幸運が来るのを待っていては遅いのです。先取りして、次の流れに備えなければ! 幸運に乗るために、まず、「顔」から変えていきましょう。
 

2018年後半の開運フェイスのキーワード

1.アクティブ&ゴージャス
意志が強く、目的意識を持っていること。スペシャル感があること。
2.ナチュラル&ワイルド
自然体で、飾らない魅力があること。センシュアルな女性。
3.オープン&フレンドリー
明るく、親しみやすさがあること。

特にベースメイクは、全体の運気の引き上げにつながっていきます。最高級の幸運を手にするつもりで、美肌に仕上げましょう。
 

開運ベースメイクのポイント

2018年後半、開運を約束するのは、人工の照明よりも、明るい自然光の下で輝く肌の美しさです。夏から秋へ向かっていく強い光が、あなたの内面に隠れた美しさと共に、可能性も引き出してくれます。ナチュラルでヘルシー、透明感のある仕上がりを目指しましょう(章月)

ベースメイクはヘルシーで素肌よりも美しく仕上げるのがポイント。メイクアップのトレンドの流れは、肌のキメが整っていれば、顔全体に塗らないでより素肌感を出して仕上げる傾向にあります。「素肌のような仕上がりだけれども素肌以上の仕上がり」を目指してください(片桐)
 

ベースメイクのやり方

開運メイク、キレイ、素肌、ベースメイク

ベースメイクは、素肌以上の仕上がりで

1.ベースにクリエイティブ オイルを仕込む
化粧下地を手で顔全体に伸ばしたあと、鼻筋や頬の高い位置に指でポンポンとイプサの「クリエイティブ オイル(シアーゴールド)」を仕込みます。こうすることで、ハイライトよりも自然に顔の立体感を演出できます。

2.ファンデーションは“手でたたいてつける”
ファンデーションは顔全体にオイルが伸びないように、手でたたくようにつけていきましょう。このとき、目頭の下から小鼻の脇と目尻の下の方の頬骨の高いところまでを線で結んだ「逆三角形のゾーン」をしっかりと整えると美しい肌の印象になりますよ。クマが目立つ場合はしっかりカバーを。

フェイスラインにファンデーションをつける際、下から上へ引き上げるようにつけます。リフトアップ効果があります。

3.スポンジで整える
スポンジの平らな面を使って、ファンデーションの塗りムラをなくします。肌を平らに整えることで、肌に当たった光が反射して透明感のあるヘルシー肌が再現できます。

◆シミや色ムラが気になる場合は
シミや色ムラが気になる場合は、コンシーラーや、ファンデーションを重ねづけします。そのあとに、上から少量のパウダーをパフにつけて馴染ませていきましょう。パウダーは肌なじみのよいピンクやラベンダーカラーを選びましょう。

◆メイク崩れ防止のテク
崩れやすい人は、ファンデーション、パウダーと最後までの工程の後、手のひらに化粧水を軽く馴染ませ顔全体を優しくプレスします。水分が入ることで密着感ができメイク崩れを軽減します。ファンデーションも素肌に馴染んで今っぽい肌に仕上がりますので、ぜひチャレンジしてみてください。
 

ガイドイチオシ! 運気を上げるコスメ

コスメもトレンドの先乗りをして最新のものを選ぶと吉

コスメもトレンドの先乗りをして最新のものを選ぶと吉

恋愛運を引き寄せるためのおすすめアイテムです!
■フェイスパウダー
ナチュラグラッセ ルースパウダー シアーモイスト ラベンダーピンク 11g 4200円(税抜)/ネイチャーズウェイ(ナチュラグラッセ)※ 2018年9月1日(土)限定発売 ■フェイスオイル
クリエイティブ オイル(シアーゴールド) 15ml 2500円(税抜)/イプサ ※2018年9月14日(金)発売
■ファンデーション
リテクスチャリング ファウンデイション 101 25ml SPF25 PA++ 4500円(税抜)/イプサ ※2018年9月14日(金)発売

 

関連記事

≫≫アイメイクやリップは?そのほかのメイクはコチラ
≫≫占いガイド・章月綾乃の記事をもっと読む
≫≫メイクガイド・片桐愛未の記事をもっと読む
≫≫モデル:ほっとインスタグラム
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。