「今からしっかり勉強しないと」という制約から自由になる

たった1分でいいから勉強するように声がけしてみてください

たった1分でいいから勉強するように声がけしてみてください

のんびりしていて、なかなか勉強に取り組まない……。

そんな子にひと言だけ声をかけるとしたら、どのように声をかけるでしょうか。

状況にもよりますが、私なら次のように言います。

「とりあえず、1分間だけ集中してやってみようか」

今からしっかり勉強しなければならない。

そう考えるから面倒になるのです。

たった1分間なら、軽い気持ちで始められます。
 

勉強に取り掛かるハードルを極限まで下げる

多くの子供は親から「勉強しなさい」と言われなくても、勉強の必要性を理解しています。

それなのに勉強しない理由はただひとつ。

面倒くさいから。

面倒くささを解消するために、勉強に取りかかるハードルを極限まで下げるのです。

それには、「とりあえず1分間だけ」という前提で、勉強を始めてしまうことです。

この「とりあえず1分間」の効能はほかにもあります。

それは、始めてしまえば、やる気が出てくるということです。

やる気はやる前から出るものではありません。

私は「やる気スイッチ」というものは、幻想だと考えています。

やる気は行動しないうちから出るものではありません。
やる気はやり始めると出てくるのです。

車は走り出すときにもっともエネルギーを必要とします。
走り出しさえすれば、あとはわずかな力で走り続けます。
慣性が働くからです。

勉強もそれと同じです。

私は「うちの子は、のんびりしていてなかなか勉強しない」という相談をよく受けます。

そこで、「一日の勉強時間を『ゼロ』にしない。たった1分でいいから勉強するように声がけしてみてください」とアドバイスしています。

「1分間なら」と勉強を始めた子供は、ほぼ間違いなく1分間を過ぎても勉強し続けます。

勉強し始めるとやる気が出てくるからです。

とにかく1分、まず1分。

これを誘い文句に、子供が勉強し始めるように促してみてください。

【関連記事】
子供のやる気がアップするママの声かけの秘訣
 

 
様子がおかしい…もしやイジメ!? 子どもの本音を引き出す声かけ法
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。