すぐに白黒つけないで、恋愛関係の改善させる3つのポイント

白黒つけないで恋愛関係を改善させる方法

恋愛関係に白黒つける前に、やった方がいいこともある!

パートナーとの関係がうまくいかなくなると、さっさと結論を出して別れてしまう人がいます。でも、もう少し粘れば、関係が改善する可能性だってあるのです。
大人になったら、関係に白黒つける前にできることはありますよ?今回は、「すぐに白黒つけないで関係を改善させるための3つのポイント」について紹介します。
 

1.「ずっと理想通りでいる相手なんていない」ことを理解する

すぐに関係に白黒つけたがる人は、相手の本音を知りたがります。そして、「今は彼女(彼)に、そこまで愛情を抱いていない」「1人になりたい」「他に気になる人がいる」など、自分の理想とは違うことを思っていることを知ると、プライドが傷つき、さっさと別れを切り出すことも多いものです。

そもそも、何もかも相手の本音を知ればいいのか?というと、そんなことはありません。なぜなら、やはりその時の2人の関係性によっても、気持ちは変わってくるからです。「今の気持ちが全てではない」のです。
それこそ、長く付き合えば付き合うほど、全て理想通りのことを相手が思っているなんてことは、ほぼないでしょう。そんなときに、いちいち相手の本心を知って、いい関係が築けるか?というと、そんなことはありません。

例えば、付き合い始めの頃というのは、場合によっては相思相愛とは限らず、どっちかはまだ「好き」という気持ちまでいっていないかもしれません。そんなときに好きな方が不安がって、相手を問い詰めてしまったら、別れてしまう可能性もあるでしょう。
でも、そこで問い詰めないで、付き合っていき、一緒に過ごしていくと、逆に、まだ好きではなかった方が相手に夢中になってくるなんてこともあるわけです。

また、カップルでも夫婦でも、長く付き合っていくうちに、他の人に心を奪われてしまうこともあるかもしれません。でも、そんなときに相手を問い詰めたら、別れに至る可能性は高いです。
もし、彼(彼女)がまだ「別れること」を決意しているわけではなく、気になる相手の思いも心の中で消化しようとしているのであれば、気持ちが消えるまで「そっと待つ」というのか、そもそも「そんな状況であることすら気付かない」くらいの方が、うまくいくこともありますしね。

仮面夫婦が、たくさん話せるような時間を設けてしまうことで離婚に発展しまうことも、よくある話です。でも、もしかしたら、その時期を上手にやり過ごすことができたら、老後は意外と仲のいい夫婦になることだってあるかもしれません。歳と共に性格は丸くなってくるものですし、「ここまで長く添い遂げられている相手は、やはり特別な存在なのだ」と分かる時も来るでしょうしね。

もちろんそれがいいかどうかは、人生観にもよるでしょう。だから、「別れる」という選択肢も間違いとは言いません。ただ、お互いに理想通りのパートナーでいつづけることなんて、ほぼ不可能なところもあるので、何でも知ろうとしたり、白黒をつけたりしようとしない方がいいこともあるのです。

もちろんパートナーが他の人に恋していることを知っても、許せる気持ちがあるなら聞き出してもいいでしょう。でも、多くの人が、「そんなことは許せない。でも、別れたくない」という心情になり、自分から追及したくせに、「知らなきゃよかった」と苦しんでしまう結果になってしまうことは多々あります。

もちろんパートナーがガチの浮気をしていた時は、許すか、許さないかは、個人差あるでしょうが、パートナーがその相手に本気になってしまっている時は、自分に別れる覚悟を持つまでは、問い詰めない方がいいこともあるのです。
それこそ、浮気相手の女性だって、歳をとるにつれて焦り、ずっと“日陰の女”でい続けられる人というのは稀なので、何だかんだ言って、不倫の関係は終わることも多いものです。妻と愛人の根気比べみたいなところもありますしね。

結局のところ、パートナーがずっと理想通りの言動をするなんてことはないですし、時と共に関係性だって、良くも悪くも変わっていくものです。だったら、あなたはどうするのか?ということなのです。
“トラブルという名の嵐”が過ぎ去るのを待つのか、それとも別れを切り出して、そこから脱出をするのか、正解はありません。ただ、嵐が過ぎ去った後には、気持ちのいい晴天に恵まれることもありますよ?

だから、2人の関係がうまくいっていないときには、白黒つけることが全てではなく、諦めないで努力していくと改善することもあります。そのためには、どんなことをしたらいいのでしょうか。
 

2.上手に相手の気持ちを変えて、関係を改善させる

白黒つけないで恋愛関係を改善させる方法

相手を変えたいなら、まずは自分が変わることが大切!

今は2人の関係がうまくいっていなくても、月日と共に良好になる可能性はあります。それは、「人の心は変わりやすい」からなんですよね。相手の気持ちを変えることができれば、いい関係になることは多々あります。

とはいえ、よく「人の気持ちは変えられない」と言われています。それはどういうことか?と言うと、「相手の気持ちを、自分が直接変えることはできない」「人の心をコントロールすることはできない」ということです。

大概、人の気持ちを変えようとする人は、自分は変わる気がないのに、相手ばかり変えようとします。それでは変わるわけがありません。
でも、自分が変わることで、相手の心に変化が出てくることはあります。つまり、相手の気持ちを変えたければ、まずは自分が変わらないといけないのです。

例えば、あなたが“好みタイプではない男性”に口説かれていたとします。その人は清潔感がなくて、パジャマみたいなだらしがない格好をしていて、人にも気遣いができないので、あなたは「付き合うなんて、ありえない!」と思っていたとします。
でも、久しぶりに彼に会ったら、仕事が成功して大金持ちになり、見た目もあなた好みに変身していて、周りの人にも思いやりを見せられるような人気者になっていたら、「付き合ってみるのも、いいかも!」と思い始めませんか?

逆に、彼が見た目も性格も何も変わらないまま、単にあなたの気持ちを惹こうと、「好きだから、付き合おう」「いつご飯に行く?」「明日、会社の前で待っているよ」など、しつこく誘ってきて、あなたの気持ちを無理やり変えようとしてきたら、「ウザイ!」と思ってしまうでしょう。つまり、彼が変わるから、あなたの気持ちも変わることもあるのです。

それで言えば、依存気質の女性に嫌気がさしていたパートナーの男性が、彼女が自立し、彼なしでも生きていけるようになって、キラキラ輝き出したら、彼女と離れたくなくなってくることもあります。
また、基本、“都合のいい女”は恋人に昇格しにくいものですが、それでも、今まで邪険に扱われていた女性が急に綺麗になって、モテ始め、彼のことなんて目もくれなくなると、逆に彼の方が「付き合いたい」と望むようになることもあります。

つまり、それが「相手の気持ちを直接変えることはできないが、自分が変わると、彼(彼女)の気持ちも変わってくる」ということです。
ただし、相手の気持ちを劇的に変えたければ変えたいほど、あなた自身もその分、変わらないといけません。それこそ、全く脈のない男性(女性)を落としたいのに、あなたはちょっと髪型を変えて綺麗になった(カッコよくなった)くらいでは、彼(彼女)の気持ちは変わらないでしょう。
そのためにも冷静に彼(彼女)を観察して、相手が「何を望んでいるのか?」「何をしたら喜ぶのか?」「どうしたら幸せになれるのか?」をきちんと考え、それを叶えられる自分になることも大切なのです。

もちろん2人の関係がうまくいかない原因は、あなたにあるパターンだけではありません。「彼(彼女)が未熟であるが故に、関係が悪くなっていく」こともあります。その場合は、どうしたらいいのでしょうか?
 

3.時に「相手の成長を待つ」ことも大切!

白黒つけないで恋愛関係を改善させる白黒

相手の成長を待つことも大切!

あなたに魅力がないから、2人の関係がうまくいない、なんてケースばかりではありません。中には、彼(彼女)が未熟だから、そんな状況になってしまうこともあります。その場合は、「彼(彼女)が成長するのを待つ」ことも、時として必要です。

例えば、若くして結婚した男性は、ある程度の年齢になった時に、「浮気をしたい」と願うようになることもあるかもしれません。それは、他の独身者の男性と比べ、自分に恋愛経験が少ないこと、周りは恋愛をしているのに、自分は恋に無縁になってしまっていることで、男としての劣等感を抱いてしまっているが故のことかもしれません。
もちろん浮気をしたら、許す、許さないは、パートナーの価値観次第です。でも、浮気がバレて、大事な家族を失い、自分の浅はかさに後悔し、「本当に大切なことは何か?」に気付いたときに、彼が変わってくることもあるでしょう。

それで言えば、男性は「権力を持つことが、男の強さだ」と思いやすいので、家庭も顧みずに仕事ばかりすることもあるでしょう。そんな人は、実力以上の出世を望み、自己を見失ってしまう時期もあるかもしれません。
ただ、いつかそんな自分に虚しさを感じるようになると、「本当に大切なのは、そんな『人からどう見られるのか?』という見栄なのか?権力なのか?お金なのか?もっと大切なものがあるのではないか?」ということに気付き始め、自然と愛する人や家族を大切にする人に変わっていくこともあります。

その時が来るまで、あなたは相手に自分の思いをしっかり伝えながら、待っていられるのか?それとも、「あなたは、変わってしまった」と幻滅して、別れを切り出してしまうのか。
ズバッと縁を切ってしまえば、気持ちはスッキリするかもしれませんが、もしその時期を根気よく乗り越える努力をしたら、いつか幸せな未来が待っていることもあります。

最終的には、あなた自身が、相手との関係を「短期的に」見るのか、「長期的に」見るのか、にもかかってきます。短期的に見るなら、今、彼(彼女)が自分の理想通りの行動をしなければ、関係を切ってしまうでしょう。逆に長期的に見るなら、3年後、5年後、10年後の2人の関係も見据えて、今はグッと我慢した方がいいこともあります。

もちろん人生に正解はないので、白黒つけてもいいのですが、そんなに理想ばかりを追求していると、その都度、別れが訪れ、最終的には1人で生きていくしかないこともあるかもしれません。
難しい問題ではありますが、大人だからこそ、時として「白黒をつけない」ことも大切です。

関係性は、時と共に変わっていくもの。できることなら、改善することを試みながら、ずっと続く関係を目指したいものですね。

[関連記事]
[お知らせ]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。