恋人がいなくても幸せな人に

フリーでも幸せな人に!

フリーでも幸せな人に!

「自分には恋人がいないから不幸だ」と思っている人がいます。恋人がいないと、寂しい?つまらない?でも、恋人がいなくても幸せな人はいます。
前者と後者では、一体、何が違うのでしょうか?今回は、恋人がいなくても幸せになるための3つの方法をご紹介します。


方法1:1人でいても“足りている人”になる

「自分には恋人がいないから不幸だ」と思いこんでいる人は、恋人がいないと自分には何かが「不足している」と考えていることも多いもの。その「足りないもの」は、人それぞれです。

例えば、主にこの2つのパターンがあります。
(1)依存体質だから、依存できる恋人がいないと足りない。
(2)「恋人がいる=女性として価値がある」という誤った価値観を持っていて、恋人という“自分が魅力あることを証明できる存在”がいないから足りない。

(1)の場合は、精神的に誰かに寄りかかっていないと1人で立っていられません。心の隙間を恋人の存在で埋めようとし、相手に受け止められることで、自分の心を安定させようとします。
そんな人は、“寄りかかれる相手”を探す前に、自分をきちんと受け止め、認め、愛することで、“精神的な自立”をすることを目指した方がいいでしょう。

(2)もよくいるパターンです。人からの評価ばかり気にしてしまう人が当てはまります。実際は、別に自分に恋人がいようがいまいが、本来、あなたの持っている魅力は何ら変わりません。この場合も、人にどんな風に見られようが、「私は、私なのだ」と思えるほど、自分の魅力に自信を持てるようになることが大切です。

ただし、「恋人がいなくても、何も足りなくない」と思っている人の中にも、問題がある人はいます。
「恋人がいなくても足りなくない」=「恋人はいらない」というわけではないはずです。自立をしていても、誰かを好きになったり、好かれたりすることで幸せな気分になるし、週末に恋人とのデートの予定があるだけで、平日の仕事も頑張れるものですしね。

それでも頑なに「恋人はいらない」なんて思ってしまう人は、過去の恋愛にトラウマがあるか、もしくは自信のなさから恋を諦めてしまっていることが多いもの。
トラウマがある場合は、自己と向き合って、自分の心を癒していくことは、今後、恋をする、しないに関わらず、重要なことです。逆に恋を諦めてしまっている人は、人に愛されることを望むどころか、今のあなた自身が、自分のことをどこか愛せていないことに気付きましょう。

自分を愛せていない人の中には、恋人がいないと「お洒落をする意味がない」なんて思っている人も少なからずいます。それでは自分の素材を十分に生かし切れていないし、そんな状態では、自分のことを誇れなくなってきます。
そんな自分でいると、ますます自分を好きでなくなってしまいます。恋人がいてもいなくても、自分のことを「イケてる!」と思えるように、髪型やファッション、メイクを工夫し、好みの体型になることも心がけ(※人それぞれに好みがあるので、スリム体型だけが魅力があるわけではありませんよ?)、“自分が好きになれる自分”になりましょうね。

恋人がいなくても充実した日々を送れるほど精神的に自立ができていて、さらに恋することを諦めずに、「いつでもチャンスがあれば、恋はできるもの」だと思えている人は、“幸せなフリーの人”と言えるでしょう。できれば、恋人がいないときも、そんな心の余裕のある人でいたいものですよね。

次も、「恋人がいないから不幸なのだ」と思い込んでいる人が、できていないことです。次のページをご覧下さい。