【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

忘れられない恋はありますか?

それは愛?それとも執着?

それは愛?それとも執着?

過去の恋を思い出すだけで、ズキン!と胸が締め付けられるような思いをする人も少なくはないでしょう。忘れられなくて、次の恋に進めない人もいます。今回は、その過去の恋を本当に終わらせる方法を紹介します。


執着を捨てる

「元彼以上の人が現れない。またやり直したい!」と悩んでいる人も少なくはありません。
でも、そのときに一番思い出さなくてはいけないことは、
・ どうして別れてしまったのか
ということ。

その別れた原因を解消できるのであれば、復縁の余地もありますが、だいたいは解消されてもいないのに、復縁することだけをグズグズと悩んでいるパターンが多いものです。

人は自分が手に入れたくて 手に入れられなかったものや、失いたくないのに失ってしまったものに対して、 “執着”を持ちやすいものです。
だから、忘れられない恋があるときは、それが愛情なのか、執着なのか、自分のプライドの問題なのかを、一度考えてみる必要があります。

人によっては、振られたことを受け入れられず、自己肯定したくて(その彼に認められたくて)、執着してしまうこともあります。でも本来は、振られた相手に自分の存在価値をゆだねるのではなく、自分で自分を認められるようにならなくてはいけません。
また、振られたこと自体は、かっこ悪いことではありませんが、振られたことを受け入れられずに現実から逃げているのは、かっこ悪いものです。

そんなときに一番大切なのは、「自分が変わる」ことです。

例えば、自分が原因で別れてしまったときは、そのことをきちんと受け止め、後悔ではなく、きちんと反省をして、変わることが大切です。
実は、変わることができたら、むしろその恋ともスッキリお別れができることが多いものなんです。

私の周りで、「元恋人とやり直したいとは思わない」と言う人たちのほとんどは、その失恋で自分の欠点を学んだ人ばかりです。もしやり直してしまったら、その頃の自分に戻ってしまうような気がするから、やり直したくはないのだそうです。

人との縁というのは不思議なもので、自分にとって必要な学びを与えてくれる人と出会いやすいものです。“その学びのために出会った”と言っても過言ではないかも。
だから、その学びがきちんと終えると、その恋からも卒業することが多いんです。

もう一度、「どうして別れてしまったか?」について見つめ直し、思い出を美化することなく、冷静に、俯瞰して見るようにしてみましょう。それができたとき、「自分が変わらなくてはいけないことは何か?」が、見えてきます。

「変わりたくない」と言って、過去の恋に執着するよりも、「変わること」を目指しましょう。