「一目惚れ」の恋は、うまくいきやすい?

「一目惚れの相手」は、運命の人?

「一目惚れの相手」は、運命の人?

“運命の恋”を探している人の中には、会ったその瞬間から、ビビビ!と感じるような「一目惚れ」の相手と恋愛をしたいと思っている人も多くいます。
実際に、「一目惚れ」をした相手は、運命の人なのでしょうか?また、その恋は、うまくいきやすいものなのでしょうか?

「一目惚れ」をするような相手だからこそ、恋愛がうまくいきやすいことはあります。
例えば、
・ルックスが好みなので、多少の欠点は許せる
・第六感で“運命の人”だと分かったから、うまくいく運命である

などがあるでしょう。

やはり付き合う相手は、「好みのタイプである」のに越したことはありません。逆に生理的に受け付けないような人だったら、どんなにいい人でも、付き合い続けることは難しいものですしね。
人は「美しいもの」を見ると幸せを感じます。それと同じように、相手が好みのルックスをしているだけで、どこか“幸せを与えられている”ところもあります。だから、多少、相手に欠点があったとしても、すでにその“ご褒美”をもらっているので、許せてしまうこともあるのです。

余談ですが、一般的にどの赤ちゃんも可愛いのは、大人に「守ってあげたい」と思わせるために、可愛さを持って生まれてくるから、なんてことを言われています。
赤ちゃんが、体に対して頭が大きく、ぷっくりとした外観の「ベビーシェマ」であるのは、ある意味、まだ1人では生きていけない赤ちゃんにとって、「無事に生き延びるための武器」でもあるのです。それによって、大人たちの母性(父性)本能をくすぐりますしね。

つまり、赤ちゃんに限らず、相手にとって心惹かれるルックスである時点で、相手を癒したり、欠点があっても許してあげたいと思わせる魅力があったりするので、恋愛がうまくいきやすいところはあります。

また、人間の“第六感”は侮れないものです。恋人に限らず、友達でも、会った瞬間に「あ、この人と私は仲良くなる!」と感じる相手とは、うまくいきやすいものです。生まれてくる前に会うことを決めてきた相手であることもあるでしょう。その場合は、出会ったのは運命である可能性は高いし、人生を共に歩む間柄になりやすいです。

ただし、“運命の相手”にも色々なパターンがあります。「今後、人生のパートナーとして共に歩んでいく」ようなパターンもあれば、「そのときにお互いに関わり合うことで大事なことを学ぶために出会う」パターンもあるのです。その場合は、お互いに大切なことを学び切った時には、縁が切れることもあるので、必ずしも永遠の関係になるとは限りません。
また出会ったのは運命だとしても、必ずしもパートナーとしてではなく、友人として支え合うためのご縁であることもありますしね。

逆に、相手に「一目惚れ」をして、出会いに運命を感じても、恋愛がうまくいかないこともあります。それについては、次のページで紹介します。