春の行楽シーズンに!くるりんぱ×ひとつ結びで作る簡単ヘアアレンジ

気候も暖かくなり、お花見や日帰り旅行などイベント事が増えてくる春の行楽シーズン。思いっきり春を満喫するためにも、ヘアスタイルはバッチリきめたいですね。そこで今回は、簡単にできて崩れにくい、アウトドアにもピッタリのスカーフヘアアレンジを紹介します!ヘアゴム2本でできて、こなれ感たっぷりの大人アレンジなのでぜひトライしてみて下さい。
くるりんぱ×ひとつ結びで作る簡単スカーフアレンジ

hair&make WAKO(anti)

 ベースのスタイル

胸上のローレイヤーロング。32ミリのアイロンで毛先をワンカール巻いておくとアレンジしやすいです。
胸上のロングヘア

胸上のロングヘア


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:すべてOK

 ヘアアレンジのやり方

ハチ上の髪をV字にブロッキングする

ハチ上の髪をV字にブロッキングする

1. ハチ上の髪を分けとります。サイドからバックに向かって、ややV字になるように分けとるのがポイントです。V字にすることで、結んだ際に分けとった線が見えなくなります。

分け目はざっくりでOK

分け目はざっくりでOK

2.横から見た状態がこちら。きっちり分けず、ザックリ分けるとナチュラルに仕上がります。

くるりんぱをしてたるみをとる

くるりんぱをしてたるみをとる

3. 分けとった髪をくるりんぱします。くるりんぱした毛束を左右に引っ張り、たるみをとります。

ハチ周りがタイトになり、メリハリが出る

ハチ周りがタイトになり、メリハリが出る

4. くるりんぱした状態がこちら。結び目の上にねじれができます。ハチ周りがタイトになり、メリハリが出ます。

分け目が見えように結ぶのがコツ

分け目が見えように結ぶのがコツ

5.横から見た状態がこちら。分けとった線が見えなくなります。

ポニーテールの要領でひとつに結ぶ

ポニーテールの要領でひとつに結ぶ

6. くるりんぱした毛束とハチ下の髪を手ぐしでひとつにまとめ、ポニーテールの要領でヘアゴムで結びます。

たるまないようにしっかり結ぶ

たるまないようにしっかり結ぶ

7.横から見た状態がこちら。やや低めにポニーテールした感じです。えり足がたるまないように、きつめに結ぶのがコツ。

頭皮に沿うように巻きつけると良い

頭皮に沿うように巻きつけると良い

8. 結んだ毛束にスカーフを巻きつけます。2周巻きつけて結びます。

たるまないようにキツめに結ぶと良い

たるまないようにキツめに結ぶと良い

9. さらに毛束の下側でもう1度結びます。たるまないようにきつめに結びましょう。

毛束の内側にスカーフが見えてきてナチュラルに仕上がる

毛束の内側にスカーフが見えてきてナチュラルに仕上がる

10. スカーフを結び終えた状態。首と毛束の間にスカーフが主張しすぎない程度に見えてくるので、ナチュラルで大人っぽい仕上がりになります。

うまく仕上げるポイント

スカーフを巻きつける前に、トップの髪を指でつまみ少しずつ引っ張り、自然な丸みを出すとよりこなれた印象になります。
鏡で確認しながら少しずつすると失敗しない

鏡で確認しながら少しずつすると失敗しない

サイド&バック

くるりんぱ×ひとつ結びで作る簡単スカーフアレンジ

hair&make WAKO(anti)

くるりんぱ×ひとつ結びで作る簡単スカーフアレンジ

hair&make WAKO(anti)

 使用したアイテム

ブラウンの花柄のスカーフ。同じヘアアレンジでもスカーフの柄や色、素材で雰囲気が大きく変わるので、いろいろなスカーフでアレンジを楽しんで下さい!
シックで大人な印象のブラウンの花柄のスカーフ

シックで大人な印象のブラウンの花柄のスカーフ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。