旅する前に知っておきたいタイ旅行の基本情報

タイに初めて行く前には知っておきたい、タイの基本情報をご案内。日本からのアクセス、ベストシーズンや服装のアドバイス、タイの旅で気をつけておきたいことなど、旅行前に欠かせない情報が満載です!
寺院巡りにショッピングそしてビーチリゾートやスパ、マッサージまでタイは旅の魅力がいっぱい!(c)タイ政府観光庁

タイの魅力とリピーターの多い理由

日本人のタイへの年間渡航者数はなんと120万人で、タイを訪れる外国人の中で、ここ数年は常に第2位(1位はマレーシア)。しかもその内リピーターは6割にも上ります。1度タイへ行ったらその魅力にとりつかれ、その後何度も足を運ぶ旅行者が多いのです。では、それほどまでに旅行者を虜にするタイの魅力は何なのでしょうか。

まず旅費が「安い」という理由は外せません。航空券は直行便でも2万円代から売られていますし、3泊5日のツアーでも3万円台とかなりお手頃。更に、物価も日本の5分の1程度なので滞在費が抑えられます。

象に乗って森の中を散策する象乗りも大人気
そして旅費の安さ以上に嬉しいのが、タイにはいくつもの旅行の楽しみが備わっているということ。ショッピングやマッサージ、観光を楽しみたいならバンコク、美しい海へ行きたいなら数え切れないくらいの島やビーチがあります。また、中部から北部にかけては象乗りや少数民族を訪れるトレッキングなどマウンテンリゾートを満喫することもできます。これほどたった1つの国に観光の魅力的な要素が詰まっている国は珍しいと言えるでしょう。

 

日本からタイへのアクセス

タイ国際航空やバンコクエアウェイズなどタイの航空会社なら機内からタイらしい雰囲気が満喫できます
日本からタイへ直行便を就航している航空会社が8社、経由便を含めると15社以上の航空会社が週100便以上運行しています。1日に複数便フライトがあるのは、タイ国際航空、日本航空、全日空の3社。現在タイとの直行便が就航している日本の空港が成田、中部、関西、広島、福岡の5ヶ所。タイからはバンコクまたはプーケットの2ヶ所です。

 
東京の目黒にあるタイ大使館にはいつもビザ申請に訪れる人であふれている
タイは、入国後30日(29泊30日)以内の観光目的の滞在で、帰りの航空券を持っていれば、ビザ無し(観光査証免除)で滞在することができます。ただし、入国時にパスポートの残存期間は6ヶ月以上である必要があるので必ず確認を。観光以外の目的(ビジネス、留学、ロングステイなど)で入国する人は、タイ大使館、領事館でビザを取得しておかなくてはいけません。詳細は、大使館のウェブサイトを参考にしてください。